トロント(カナダ)在住20年の筆者が、カナダ国内旅行やトロント市内を中心としたイベントで撮影した写真で綴るブログです。
自己紹介はこちら

2015年8月25日火曜日

2015年8月15日土曜日

トロントでリアル・エール(カスク)を飲む(Queen and Beaver)



ロンドンでカスク(リアル・エール)を飲んでから、その味が懐かしくなることがあります。このビールは瓶や缶で飲めるものではなく消費期限が短いため、本場でもレギュラーとして提供しているレストランの数が多くありません。トロントでも飲めないかな? そんなレストラン、トロントにもあるのかと探してみると、数件あるんですね。その中の一つ「Queen and Beaver」に行ってきました。

2015年8月14日金曜日

トロントからヨーロッパ旅(8) ロンドンで「コーヒーハウス」というパブに入る



ロンドン滞在2日目。午前中は英国銀行の貨幣博物館でイギリスの貨幣の歴史を学んで、お昼前にはマグナカルタを見るために大英図書館に向かいましたので、もろもろ終わったのは3時前。途中コンビニ的な所でサンドイッチを買ってつまんだものの、まともな食事をしていなかったので、食事も兼ねてSOHOの「OLD COFFEE HOUSE」へ向かうこととしました。

2015年8月7日金曜日

トロントからヨーロッパ旅(7) ロンドンで最初のコーヒーハウスを訪れる



蛇口をひねればお腹を壊すことがない生水が飲める。そんな暮らしに慣れていると、つい数百年前の飲用水の常識がどうだったのか、そんなことを考える時があります。

2015年8月3日月曜日

トロントのスノッブなイタリアン「Campagnolo」



トロントのレストランで面白いのは、1〜2軒経験して自分の店を持つことに成功した若手シェフがやっているところ。このレストランのシェフ Craig Harding もその中の一人で、そろそろ5年になるこのお店は、ダウンタウンの中心からはちょっとだけ離れている分、隠れ家的でおもしろいです。

2015年8月2日日曜日

トロントの新イタリアン「cibo」



ここ数年新しい店ができはじめて代替わりが始まっているキング・ストリート。特にユニバーシティー通りから西のエリアは、老舗と新しい店が混在してちょっと面白い状況です。