トロント(カナダ)在住20年の筆者が、カナダ国内旅行やトロント市内を中心としたイベントで撮影した写真で綴るブログです。
自己紹介はこちら

2015年4月24日金曜日

コンテンポラリー・ダンス公演「locus plot」は本日4月24日より



いよいよ今日(4月24日)が初日の「locus plot」。昨晩は初演最後のリハーサル。一昨晩と昨晩の2日間にかけて行われた緊迫したリハーサルが終わり、いよいよ今年のペギーさんの公演が幕を開けます。


カナダのコンテンポラリーダンス界における第一人者である彼女の公演は、毎年注目を集めるもの。すでに第一線を退き、自身がパフォーマンスを披露することは稀となりましたが、主宰する「Peggy Baker Dance Projects」は年々活動が充実し、彼女の新しい方向性が次々と打ち出されています。

このカンパニーでアーティスティック・アソシエイツとして重要な位置にいる、日本人ダンサーの Sahara Morimoto さんが本公演でも踊っているのは、私たち日本人にとって心強い限りです。



2015年のプログラムを最初に撮らせてもらったのが今年の1月。新作プログラムが「ある程度」まとまった段階で宣材写真を撮影させていただきましたが、上の写真はその中の一枚。撮影後はデザイナーの手により、見事なポスターに変身しました。(ポスターはこちら

毎年ほぼ半年間かけて作り上げる年公演におつきあいをさせてもらうのは、今年で3年目になるでしょうか。リハーサルで行われる「ランスルー」は一度のみ。作品に対する撮影者側の準備の時間はありませんでした。

この状態で私自身がやることといえば、複雑な照明のもとで踊るダンサーを「ファインダーの中で間違いなく止めて瞬間を記録する」こと。ステージ前と誰もいない観客席の特定のスポットから、プログラムの流れに沿って位置取りをするために駆けずり回り、絞りとシャッタースピードの設定に悪戦苦闘し、最終結果をパソコンの画面で見るまで何枚が使えるものなのか、祈るような気持ちでシャッタを切っています。

特に今回、現場でのフォトグラファーは私一人。最終リハーサルでドレスを着た状態のダンスを見ているのはごく少数のスタッフだけで、責任重大です。私が呼ばれている目的は一つ。カナダの一般紙や専門誌へ公演を宣伝する材料として「お客さんに足を運んでもらう」きっかけを作るという用途で使うことができるイメージを提供することです。

リハーサルは午後8時半〜10時。翌日の朝一番にはペギーさんに処理済みの写真を提供し、選定後に高解像度版をすばやく作るのが私の役割です。今回のダンスは数学的なテーマが基底にあるようですが、私の役割は必ずしも正解がない状況の中で、プロセスの最後まで写真が「生き残れるように」とイメージを作っていくという感じでしょうか。



「新作はどのようなものなのか?」という疑問にストレートに答える写真は、アーティストにとっては最重要課題。当然、ペギーさんの私の写真に対する目はたいへん厳しいのですが、彼女の目をくぐりぬけた写真がすでに数枚選定され、パブリシストと呼ばれる広告担当者の手に渡っています。初日に招待されるメディア関係者によってさらに選定され、今週末から週明けにかけて書かれるレビューに添付されるものとして紙面を飾るという流れの中で、どの写真が日の目をみるのか楽しみです。

"locus plot runs 60 minutes with no intermission"

今回の公演は、休憩なしの60分間ぶっつづけというダンサーには技術的なハードルが極めて高いものだと想像しますが、いまだにコンテンポラリー・ダンスの知識としては初心者の域を出ない私にとっては「ただただ美しい」という瞬間の連続です。

追記:公演が始まり、最初の週末が終わった段階で新聞雑誌各誌のレビューが出揃いました。どこも高評価のようです。

Toronto Star:http://www.thestar.com/entertainment/stage/2015/04/26/dance-makes-mathematical-equations-beautiful-and-dynamic-review.html

The Globe and Male:http://www.theglobeandmail.com/arts/theatre-and-performance/theatre-reviews/mathematics-in-motion-a-winning-formula-from-peggy-baker/article24153453/

Now Magazine:https://nowtoronto.com/stage/dance/review-locus-plot/


ぜひ足をお運びください。

公演の日程は以下の通り。

April 24 – 25, 2015 – 8:30pm
April 26, 2015 – 4:00pm
April 29 – May 2, 2015 – 8:30pm
May 3, 2015 – 4:00pm

チケットはオンラインで買うことができます。
General Tickets : $28
Student/Senior/CADA $22

http://www.brownpapertickets.com/event/997173

4月29日(水)公演は「Pay-What-You-Can」といってチケット制ではなくドネーションになり、世界ダンス・デーを記念した特別の演目が行われます。この29日以外の毎回、公演が始まる30分前には「Pre-show chat」でペギーさんの話を聞くことができる時間が設けられています。

会場は「Betty Oliphant Theatre」。ダウンタウンのカレッジ駅から徒歩10分ほどです。

Betty Oliphant Theatre
404 Jarvis Street, Toronto



公演の公式ウエブサイト:
http://peggybakerdance.com/upcoming/locus-plot
ダンス・カンパニーの公式Facebook:https://www.facebook.com/peggybakerdanceprojects