トロント(カナダ)在住20年の筆者が、カナダ国内旅行やトロント市内を中心としたイベントで撮影した写真で綴るブログです。
自己紹介はこちら

2013年10月17日木曜日

トロント水族館がCNタワー隣にオープン!

20131017_141810
トロントに新しいアトラクションができるのは、いつぶりでしょうか。というくらい久しぶりに話題の水族館「Ripley's Aquarium of Canada」が、昨日正式オープン。12,500平方メートルの敷地内に世界各地から集められた1万5千種の海の生き物が水槽を泳ぎまわる様を見ることができるものです。

R9248959 場所はダウンタウンのエンタテイメントの中心、CNタワーそしてメジャーリーグの試合が行われるスタジアム、ロジャース・センターの隣。新たな観光名所の誕生です。

20131017_141545
オープン2日目の正午に入りましたが、混雑もなくチケットを入手。カウンターは4名の係員から買う場合は正面入り口すぐ左手に。キオスクの機械(クレジットカードなど)は右手にあります。

R9248962
まずはチケットを購入。大人一人で税込み$34ほどでした。ちょっと高いかな?

R9248963
正面のチケット売り場うしろの壁にはスクリーンがあって、その日の「ダイブ・ショー(ダイバーが水槽に入って餌付けをする)」の時間が表示されていますので、ここは要チェック。

R9248965
R9248966
特に混んでいなかったのですぐに入ることができましたが、購入したチケットには入場時間が書いてあり、タイムチケットらしいこと(時間指定チケット)がわかります。大行列になった場合には、収容人員の関係で時間による入場制限があるかもしれませんね。

R9248968
チケットを持って展示エリア入り口を入るとすぐの1階エリアはこんな感じ。右奥が階下へ繋がる展示室という2層構造になっていて、全部で9つのテーマ(Canadian Waters、Discovery Centre、Ray Bay、Rainbow Reef、Touch Tanks、Planet Jellies、Dangerous Ragoon、The Gallery、Life Supporting System)を左回りに回って行くというかたちになります。

20131017_132053
上から見ると、階下フロアはこんな感じです。

20131017_131326
20131017_131246
まずは入ってすぐ左手に向い、正面の大きな水槽を上から魚を眺めてみました。同時に、こんなガラス張りの床もあったりして、グラスボートのように足元を泳ぐ魚を見ることができるようになっています。たぶん、正式なルートは右回りで、入り口を入ったらすぐ右側の「Canadian Waters」展示に向うのかも知れませんね。でも矢印などサインはありませんでしたから、自由でしょう。

20131017_131359
水槽を越えて歩いて行くとすぐ左手にギフトショップがありました。

20131017_131526
このショップの正面には、巨大水槽から魚が上がって来れるようになっていて、スティングレイと呼ばれる小型のエイやサメなどが泳いできて、触ることができます。係員がいますので、指示に従って下さい。

20131017_131840
またその奥ではちっちゃなサメにも触れることができる水槽もあります。結構手が濡れますから、ハンカチやタオルが必須ですね。サメはおとなしいですが、さわるとザラザラしています。まさに鮫肌!

20131017_132202
戻って階下に向います。入り口から見て右手の「Canadian Waters」から入ります。

20131017_132240
入り口手前にはAlewives(エールワイフ)という小魚が巨大な縦長のタンクで回遊しています。大迫力!

20131017_132508
展示フロアに入ると、こんなゴージャスな雰囲気で数々のカナダのお魚を見ることができます。

20131017_133443
20131017_133509
ここを抜けると階下フロアに入ります。正面の水槽はなかなかキレイです。

20131017_133649
時間になるとガラスのお掃除や餌付けショーなども行われます。時間は正面入り口のチケットカウンター後ろのビデオスクリーンに表示されていました。ここは1時半でした。

20131017_133730
さらに右側に進むと、この水族館のハイライト、チューブ型のトンネルを抜ける「動く歩道」が見えてきます。ここはとってもキレイで、しかも楽しいです。

20131017_134218
20131017_135248
20131017_135003
左側はゆっくりと進む「動く歩道」で、右側は歩くことができるようになっています。まるで海の中を散歩しているみたいで、魚が左右と上をゆったりと泳いで行きます。最初は「動く歩道」で終点まで行き、徒歩でもどってずっと上を眺めていました。今日はラッキーなことに空いていましたが、たぶん週末は大混雑になるでしょうね。。。

20131017_135430
サメとエイがすごい迫力・・・

20131017_135958
ここを抜けると地下のプレイエリアになり、滑り台とかがあります。奥にはホットドッグなどが食べられるちょっとした喫茶コーナーもあります。

20131017_135528
で、このフロアの右端にはこんな入り口があって、大人だったらかがまないと入れませんが、、

20131017_135534
入ってみると、さっきの「動く歩道」から見た水槽を反対側から眺めることができます。

20131017_135540
こんな感じですね。なんだか潜水艦に乗っているみたいな感覚になります。

20131017_140059
20131017_140351
中央には3角形の水槽があって、カブトガニ(ですかね?)にも触れることができます。さらに進むと、キレイな魚が泳ぐ水槽があり、

20131017_140806
そして、右奥のタイムトンネルのようなデザインの入り口を入ると・・・・

20131017_140822
20131017_140909
くらげ! ゆらゆらと上下左右に泳ぐクラゲは、照明が当てられていてとてもキレイです。

20131017_141144
最後は、水槽全体の水を浄化するシステムを見学し、上に上がるとギフトショップがありますので、そこを入って抜けると出口になります。

20131017_141511
ゆっくり見て歩きましたので、たっぷり2時間かかりましたが、とても楽しかったです。
写真はこちらもご覧下さい。
http://www.flickr.com/photos/makoto2007/sets/72157636664413473/

営業時間は午前9時から午後9時まで。場所はCNタワーの入り口となり。チケットなど詳細はウエブサイトを参照してください。なお今週末は、昨日オンラインチケットのシステムがダウンした程なので、たぶん大混雑になるのではないかと予想しますので、早めの行動がベターかもしれません。
http://www.ripleyaquariums.com/canada/