トロント(カナダ)在住20年の筆者が、カナダ国内旅行やトロント市内を中心としたイベントで撮影した写真で綴るブログです。
自己紹介はこちら

2013年8月9日金曜日

ロジャースカップ・テニストーナメントはいよいよ決勝!

20130807_200411 トロントで行われているロジャースカップ女子テニストーナメントは、順調に日程が進行。ベストエイト(準決勝)に 駒を進めた顔ぶれは、

まずセリーナのセットが、
セリーナ・ウイリアムス(1位)対マグダレーナ・リバリコーバ(42位)
アグニエシュカ・ラドワンスカ(4位)対サラ・エラーニ(6位)

もう一つのセットが
ドミニカ・チブルコーバ(20位)対李娜(5位)
ペトラ・クビトバ(7位)対ソラナ・チルステア(27位)

となっています。トーナメント・シート

注目はやはりWTAランキング1位で第1シードのセリーナ・ウイリアムス。準決勝までの2試合を63-62、60-63と危なげなく勝ち上がって来ているのは見事という他はありません。フォトピットから見ていても、試合に対する気迫が伝わってきます。今日は夜7時スタートの試合でランキング42位のリバリコーバとの戦いになりますが、よほどのことがない限り決勝へ駒を進めるであろうと期待されています。しかし勝負事は終わってみないとわからないもの、要注目ですね。(上の写真は初戦のもの)
【試合は終了し、61-61でセリーナが順当に勝ち上がりました】

20130809_121803
ランキング4位で第3シードのラドワンスカもこれまでの2試合を62-63、61-76と順調に勝ち上がってきました。相手のエラーニは第5シードでランキング5位の強豪。本日のセンターコート第1試合です。
【試合は終了し、76-75でラドワンスカが準決勝へ駒を進めました】

20130809_142756_01
ラドワンスカに続いて予定されている本日のセンターコート第2試合に登場するのが、ランキング5位で第4シードの李娜(Li NA)、昨年の準優勝者。これまでの試合、初戦は61-64と危なげなかったのですが、第2試合で対戦したアナ・イバノビッチ(15位)に36-61-76と逆転勝ち。イバノビッチの追い上げを振り切る勝負強いところを見せています。
【試合は終了し、76-62で李娜が準決勝へ駒を進めました】

20130809_155609
そして第3試合に登場するのが第6シードのクビトバ。昨年の優勝者で、連覇を狙います。対戦相手はランキング27位のチルステアになります。

20130809_161503
【試合は終了し、46-75-62でチルステアが逆転で準決勝へ駒を進めました】

これで、準決勝の組み合わせは、

Not Before 1:00 PM:[4] N Li (CHN) vs S Cirstea (ROU)
【試合は終了し、61-76でチルステアが決勝へ駒を進めました】
Not Before 6:30 PM:[1] S Williams (USA) vs [3] A Radwanska (POL)
【試合は終了し、76-64でセリーナが決勝へ駒を進めました】
と決定しました。これで、トロントの女子決勝はセリーナ対チルステアとなりました。

20130811_142049
【決勝は終了し、62-60でセリーナが優勝を決めました】

一方、もう一つの会場(モントリオール)で行われている男子は大変なことになっています。

[1] N Djokovic (SRB) d [7] R Gasquet (FRA) 61 62
[4] R Nadal (ESP) d [Q] M Matosevic (AUS) 62 64
[11] M Raonic (CAN) d E Gulbis (LAT) 76(3) 46 64
[WC] V Pospisil (CAN) d N Davydenko (RUS) 30 Retired

20120810_223538 3連覇がかかっているジョコビッチ、ナダルが勝ち上がって来るのは順当として、カナダ勢が大活躍。11位のラオニッチ(写真上)に加えて71位のポスピシル(写真下)が準決勝へ進出。気になる組み合わせは、午後3時からカナダ対決そして午後8時からはジョコビッチ対ナダル! トロントのメディアセンターでも、ラオニッチが勝ち上がった時には大歓声が上がっていました。。。(写真はいずれも昨年のトロントで)



Not before 3:00 p.m.:[WC] V Pospisil (CAN) vs [11] M Raonic (CAN)
【試合は終了し、64-16-76でラオニッチが決勝へ駒を進めました】
Not before 8:00 p.m.:[1] N Djokovic (SRB) vs [4] R Nadal (ESP)
【試合は終了し、64 36 76でナダルが決勝へ駒を進めました】

これで、モントリオールの男子決勝はカナダのラオニッチとナダルの対決となりました!
【決勝は終了し、62-62でナダルが優勝を決めました】