トロント(カナダ)在住20年の筆者が、カナダ国内旅行やトロント市内を中心としたイベントで撮影した写真で綴るブログです。
自己紹介はこちら

2013年7月14日日曜日

カメラマン目線で見るホンダインディー・トロント見どころ

20130713_155018_01
いよいよ最終日となった「ホンダインディー・トロント」。例年土曜日はスタンドに空きが見られる、ちょっと寂しい思いがしていたのですが、今年は違いました。スタンドはどこも大勢の観客で埋め尽くされ、「やはり決勝レースを見たいんだな」と実感。今年で5年目ですが、抜けるような快晴という好天にも恵まれたこともあり、スタンドだけでなく会場に多くの観客が集まっている様子に、ほんとうに良かったな〜と嬉しくなってしまいました。
今日も決勝レースが行われるダブルヘッダー。さらに多くの観客が集まる事でしょう。
今回は「ホンダインディー・トロント」のこれまでの経験もふまえ、個人的におすすめする見どころをいくつかご紹介します。

20130713_154439
まず今年の目玉として期待が高かった「スタンディング・スタート」。これは、全車両がコース上にずらりと並び、合図とともに一斉にスタートするもの。ピットレーンに全車集合、国歌斉唱の後3台のペースカー「ホンダシビックSi」に先導されてまずはコース上を周回。チェッカー・フラッグの模様がペイントされたスタート・ゴール地点を先頭に全車が整列、さあいよいよ! と思いきや、エンストした1台のレースカーがあり、うまく行きませんでした。結局この日はペースカーを先導し、最後にペースカーがコースを離れてそのままスタートする「ローリング・スタート」となってしまいました。
レース後に主催者からの発表があり、「明日(日曜日)も決勝レースはスタンディング・スタートを行います」、との発表がありました。今回はぜひ成功させてもらいたいものです。

今年私が撮影に向かったのはスタート地点すぐのコーナー「ターン1」と、そこから一番長いストレートが終わる「ターン3」の2カ所。

20130712_113557
20130712_110829
20130712_110647_01
まず「ターン1」ですが、ここはプリンセス・ゲートを背景にレースカーが走り抜ける美しいシーンが撮れる場所。プリンセス・ゲート側からはスタート・ゴール地点がよく見えるストレートが、コーナー側から見るとゲートを背景にレースカーが駆け抜ける様子を撮影できるポイントです。残念ながらここには観客席がないのですが、スタンド正面のディスプレイに映されますので、ぜひ注目してみてください。特にイエローなどレースにコーションが出た後、レースがリスタートになるとこのターン1にレースカーが殺到。かなり迫力のあるシーンが展開されます。

20130713_110425
20130713_170625
20130713_164958
この「ターン1」に匹敵するエキサイティングなコーナーが「ターン3」。入り口ゲートからはかなり遠いのですがここには観戦スタンドがあります。コーナーはレースカーが減速をする場所で、その隙をついて前を走るクルマを抜き順位を上げることができる場所。特にコース全体で最もスピードが出る直線の終わりにある急角度のコーナーではレースカーが急減速して曲がるため、レースカー同士の激しいつばぜり合いが見られます。

20130713_094038
20130713_111745
観戦スタンドはレイクショア通りに面しているため、オンタリオ湖畔が見えて景色がきれい。コース外では普通にジョギングやサイクリングをしているのが、公道レースならではですね。

20130713_155222
トロントではレースカーは全部で85周し多くのドラマがありました。前日にベストラップ(最も速い周回)を記録したダリオ・フランキッティー。優勝に最も近かったのですが調子が出ず、レース序盤で首位の座を明け渡してしまいました。期待の佐藤琢磨もレース途中でメカニカル・トラブルでリタイア。ターン3では何台ものクルマがタイアバリアに突っ込み、レースは何度も中断しました。

20130713_172355_01
20130713_172428
結局最後にチェッカーを受けたのはこの日の決勝レースの前に行われた予選#2でトップを取ったダリオのチームメートのスコット・ディクソン。彼は前週のレースで優勝した好調をそのまま維持し、優勝を果たしました。写真は最終周のターン3、ウイル・パワーがタイアバリアに突っ込んでアクシデントのままレースが終了し、そこを通り抜けて行きました。

さて、今日のレースは誰が優勝するのでしょうか。まずは、10万ドルのボーナスを手にできるチャンスを得たスコット・ディクソン。昨日の好調をそのままに連続優勝? それとも昨日3位でフィニッシュしたダリオ・フランキッティーが巻き返して優勝?? レースは始まってみないと何が起こるか分からない所が魅力。もしかしたら、まったく別のチームがトップに躍り出る? ぜひ「ターン3」でレースカーの激しいつばぜり合いを観戦してみてください!

関連記事
カメラマン目線で見るホンダインディー・トロント見どころ(7/14/2013)
ホンダインディー・トロント観戦ガイド(4)(7/13/2013)
ホンダインディー・トロント観戦ガイド(3)(7/11/2013)
ホンダインディー・トロント観戦ガイド(2)(7/06/2013)
ホンダインディー・トロント観戦ガイド(1)(7/01/2013)
yajirusi ホンダインディー・トロント、トロフィーお披露目(6/17/2013)
yajirusi 佐藤琢磨選手、凱旋帰国報告会(5/01/2013)
yajirusi カナダ人レーサーが優勝! ホンダインディー開幕戦(3/25/2013)
yajirusi 2013年ホンダ・インディートロント概要(1/10/2013)