トロント(カナダ)在住20年の筆者が、カナダ国内旅行やトロント市内を中心としたイベントで撮影した写真で綴るブログです。
自己紹介はこちら

2013年7月13日土曜日

ホンダインディー・トロント観戦ガイド(4)

20130712_153625_01
いよいよ初日を迎えた「ホンダインディー・トロント」。昨日は練習走行に続き早速明日の決勝レース#1に向けて予選#1が行われ、例年以上の観客が集まり会場は活気が溢れていました。 昨日の練習走行と予選では、トロントで優勝経験がありストリートコースでの相性抜群のダリオ・フランキッティーがポールポジションを獲得。前週のポコノで3位に入り復調を果たした調子を維持して、再度の優勝を狙っています。

20130712_110009
レースについてはまた別な機会にまとめを書くとして、今回はさらに会場についてご紹介します。

ホンダ・ワールド:
20130713_114001
20130711_133326
2カ所の入り口を入り、それぞれまっすぐ歩くと、真っ赤な「HONDA」の文字が目印の「ホンダブリッジ」に到着。橋を渡ると正面右手に「ホンダ・ワールド」が見えます。外には細かい霧が浴びることができるクーリング・ステーションがあります。その間を抜けると正面入り口で、ドアを入ると、広々とした展示場が。

20130711_133803
20130711_133718
左からレースカーと一緒に記念撮影ができるコーナー、大型ディスプレイのある休憩所、正面奥にはこれまでのホンダとレースの関わりを示すクラシックなレースカーの展示、その前にはエンジン、そして右側にはレーシングカー・シュミレーションゲーム、そして「Make-A-Wish」のカウンターと並んでいます。

20130711_133510
お子さん連れ、ゲーム好きなら迷わず「シュミレーションゲーム」。トロントのコースが再現されたレースカー・ゲームですが、ぜひ座ってみて下さい。まるでコックピットにいるかのように、正面のディスプレイに表示されるレースカーの挙動に合わせて座席が動く! 行列必至ですが、ぜひ試してみてください。
モータースポーツファンなら、正面奥のホンダとレースの関わりをまとめた歴代レースカーの展示は圧巻。レトロなものから最新型まで、レースカーが展示されていて、その前に透明ケースに収められているエンジンも同時に展示。現在使われているエンジンのプロトタイプはとてもコンパクト。技術の進化が目で確認できます。

20130713_113836
スタンド以外は座る所がない会場で、唯一一息入れることができるのが「ホンダ・ワールド」。正面のディスプレイで中継を見ながらエアコンがしっかり効いて「とっても涼しい〜」屋内で、休憩できるのも嬉しい所です。
ホンダ・ワールドを満喫したら、ぜひ「Make-A-Wish」にドネーションを(http://www.makeawish.ca/)。難病で苦しむ子供達をサポートする団体で、募金されたものはすべて捧げられます。

ピット・チャレンジ:
20130713_113647
20130713_113442
「ホンダ・ワールド」の外を出て奥には、本物のレースで行われるタイヤ交換を体験できるピット・チャレンジが行われています。これはタイヤを1本交換するタイムを競うゲーム。あらかじめ着いているタイヤ1本を取り外し、新しいタイヤを1本つける。こういうと簡単に聞こえますが、手早くやろうとするとこれがなかなか・・・レースの結果を左右するピットでの作業を体験できるまたとないチャンスです。

ガソリン通り:
20130712_135522
レースカーの整備場があるパドックから、時間になるとレースカーが続々とコースに向かう時に通るのが、通称「ガソリン通り」。ピットでの入れ替えのため一時大渋滞になります。この渋滞の時間を利用して、大勢の人が一目レースカーを見ようと集まります。なかなか間近に見る機会のないこの時とばかり、記念撮影大会が始まります。レースカーに触ったりしなければ、記念撮影ぐらいはオッケーです。

20130712_140142
また、レーサーも続々とここを通ります。彼らはスクーター等に乗ってコースに向かいますが、奥さんや彼女を後ろに乗せてリラックスモードで走ってくる場合もあるので、もしかしたらサインをもらえるかも! ただ周辺は混雑しているので、突然レーサーの前に出たりしないように気をつけてください。

ピットレーン・スタンド:
20130712_150207
5カ所ある観戦スタンドの中でもイチバン人気の「ピットレーン・スタンド」。理由は、レースカーの出入りがバッチリ見えること。この日も、平日の金曜日にも関わらず多くの人が集まり、熱心にレースを観戦していました。
20130712_143757
各チームはそれぞれ決まった場所を使い、それぞれカーNo.が書かれてある旗が立っていますので、遠くからも応援しているレーサーの場所がわかるようになっています。全体を見るには上の方の席、間近で見たいなら下の方の席を選びます。スタンドは炎天下でかなり暑いので、水分補給や日焼け止め、帽子等はお忘れなく。

ターン3スタンドと屋外フードコート:
20130713_112503
20130713_112700
ピットレーン・スタンドの後ろ側には、さまざまなアトラクションに加えてファストフードのテントがずらりと並んでいる屋外フードコートがあり、座って食べられるちょっとしたテーブルと椅子が置かれています。

20130713_094039
20130713_094302
またそこを抜けると、コース中最も長いストレートの終わりにあるコーナーのターン3をスタンドから見下ろすことができます。ここは唯一美しいオンタリオ湖の眺めが楽しめる場所で、見晴らしが良い場所です。しかもここはかなりな急角度で、レースカーのつばぜり合いが見られる場所としても有名。グランドスタンドからはちょっと離れていますが、ここで観戦するのも良いでしょう。

関連記事
カメラマン目線で見るホンダインディー・トロント見どころ(7/14/2013)
ホンダインディー・トロント観戦ガイド(4)(7/13/2013)
ホンダインディー・トロント観戦ガイド(3)(7/11/2013)
ホンダインディー・トロント観戦ガイド(2)(7/06/2013)
ホンダインディー・トロント観戦ガイド(1)(7/01/2013)
yajirusi ホンダインディー・トロント、トロフィーお披露目(6/17/2013)
yajirusi 佐藤琢磨選手、凱旋帰国報告会(5/01/2013)
yajirusi カナダ人レーサーが優勝! ホンダインディー開幕戦(3/25/2013)
yajirusi 2013年ホンダ・インディートロント概要(1/10/2013)