トロント(カナダ)在住20年の筆者が、カナダ国内旅行やトロント市内を中心としたイベントで撮影した写真で綴るブログです。
自己紹介はこちら

2013年7月8日月曜日

トロント・ビーチジャズ・フェスティバルはあと10日!

R9240626
開催まで10日となった「トロント・ビーチジャズ・フェスティバル(http://www.beachesjazz.com/)」。今年は25周年の記念の年として、例年にも増して充実したパフォーマンス&スケジュールが組まれています。

会場&行き方をざっくり解説
ジャズフェスティバルは、トロントのダウンタウンの東側、「ビーチ」と呼ばれる地区で行われます。期間は2週間。2回の週末に、大きく分けて4つの会場で演奏が繰り広げられます。

1)ウッドバイン・パーク:7月19日(金)〜21日(日)、23日(火)〜24日(水) 
2)ストリート・フェスト:7月25日(木)〜27日(土) 
3)ビーチ・ボードウォーク・ステージ:7月26日(金)〜28日(日) 
4)KEWガーデン:7月27日(土)〜28日(日) 

それぞれ特色はありますが、メインは7月25日(木)夜から始まる「ストリート・フェスト」。ビーチ地区の目抜き通りであるクイーンストリートが歩行者天国になり、数十メートル間隔で文字通りストリートでのジャズ演奏が行われます。


会場への行き方ですが、以下の3つ。詳細は、地図も参照して下さい。
1)ストリートフェスト/ボードウォーク/KEWガーデンへのアクセス:地下鉄ウッドバイン駅から、92番「92 Woodbine South」バス乗車
2)ウッドバイン・パークへのアクセス:地下鉄コックスウエル駅から、22番「22 Coxwell」バス乗車
3)イートンセンター前クイーンストリート501番ストリートカー乗車

イベントをまとめてご紹介
1)ウッドバイン・パーク【オープニング:7月19日(金)〜21日(日)】
7月19日(金)午後7時のオープニングコンサートが、フェスティバルのキックオフ。このウッドバイン・パーク内のメインステージ前が広々とした芝生になっていて、ビニールシートや折りたたみパイプ椅子などを皆さん持ち込んで演奏を楽しむことになります。また芝生の周りにはファストフードのトラックが囲んでいて、フェンスで囲われたビールやワインが飲めるスペースも用意されています。

R9240456
ビーチジャズの特色は、トロントを中心に近郊のローカルジャズ・プレイヤーに焦点が当てられていますので、先頃行われたTDジャズとは大きく趣が異なります。「市民ジャズ」という感じでしょうか。
ラインナップされているバンドの中には、ジャズだけでなくR&Bやノリの良いロックっぽいものもあり、バラエティーに富んでいます。今年はメインステージの他に「Trinidad and Tobago Village」というアフリカン&アフロ・カリビアンステージも設けられていて、リズムの良い音楽に合わせてダンスをすることもできます。
初日の金曜日は午後7時〜午後10時半、土曜日は正午〜夜10時半、日曜日は正午〜午後8時半までのステージになります。
スケジュール等詳細:http://www.beachesjazz.com/woodbine-park/

2)ウッドバイン・パーク【Taste of Jazz:23日(火)〜24日(水)】 
ステージ脇に作られるビール・ガーデンで音楽を聴きながら、フードトラックのファストフードとビール&ワインが楽しめる企画。
火曜日、水曜日ともに午後5時〜午後10時までとなります。
スケジュール等詳細:http://www.beachesjazz.com/woodbine-park/

3)クイーンストリート【ストリート・フェスト:7月25日(木)〜27日(土)】 
最初に書きましたが、ビーチジャズフェスティバルのメインイベントはこれ。毎年この時期は雨が多いのですが、晴れたら「GO」です。

20120726_203012
Toronto Beaches International Jazz Festival 2010
R9240596
クイーンストリートが2キロに渡り歩行者天国となり、商店の前など45カ所に簡易ステージが作られ、演奏が行われます。演奏は午後6時〜午後11時半までの間、休憩も含めて3セットが組まれていますので、ぶらぶらと散歩しながらのんびりとステージをまわると楽しいです。

Toronto Beaches International Jazz Festival 2010
R9240627
特にビッグバンドはゴージャスで、歌も入ってとても良いと思います。
ストリートにはファストフードのスタンドが出ていますので、ホットドックやポテトフライ、焼きトウモロコシをほおばりながら歩くのも楽しいですし、レストランに入って近所で演奏されている音楽を聴きながらの食事もお洒落ですね。パティオのあるレストランはどこも一杯ですが、ちょっと待つと入れることもあります。キッチンは大忙しなので、凝った料理より簡単そうなものを選ぶのが良いかもしれません。
車で行くのはあまりおすすめしませんが、ウッドバインパークの近くにはグリーンPがあり、早めに行くと停められる場合もあります。ウッドバインから東側のクイーンストリートに車を停めると、午後4時頃にレッカー車が来て車を持って行ってしまいますので、注意が必要です。
会場近くは大混雑なので、バスやストリートカーを使ってのアクセスが賢明です。なおクイーンストリートのストリートカーの場合は、ちょっと手前(ウッドバインパーク)で降ろされますので、会場まではそこから10分くらい歩くことになります。
詳細は:http://www.beachesjazz.com/street-fest/

4)ボードウォーク【ビーチ・ボードウォーク・ステージ:7月26日(金)〜28日(日)】
オンタリオ湖畔沿いにあるボードウォーク(板張りの遊歩道)沿いに、「LATIN SQUARE」「BIG BAND STAGE」「Boardwarlk Place」の3つのステージが作られます。






特にラテン音楽ばかりを演奏する「LATIN SQUARE」では無料のサルサ・ダンスのレッスンが行われ、イケメンの男性ダンサーがステージに立つダンス・レッスンが人気です。「BIG BAND STAGE」ともに、ステージの前にはダンスフロアが作られていて、音楽に合わせて自由に踊ることができるようになっています。

詳細は:http://www.beachesjazz.com/boardwalk-stages/

5)KEWガーデン【7月27日(土)〜28日(日)】
公園の奥に作られたセンターステージでは、両日ともに午前11時〜午後6時半まで連続して5つのバンドによる演奏が行われます。ここもウッドバイン・パークと同様芝生席で、シートや折りたたみ椅子などを持ち込んで演奏を楽しむスタイル。ストリート・フェスティバルは土曜日で終わってしまうので、最終日の日曜日はボードウォークとここだけになります。


詳細は:http://www.beachesjazz.com/kew-gardens/ 

昨年の写真は下記スライドショーもご覧ください。