トロント(カナダ)在住20年の筆者が、カナダ国内旅行やトロント市内を中心としたイベントで撮影した写真で綴るブログです。
自己紹介はこちら

2013年6月18日火曜日

ロジャースカップ・テニストーナメント in トロント

Rogers Cup - Day 09
夏のトロント、イベント情報の続きです。今日は8月3日〜11日にトロントのダウンタウンから車で30分、ヨーク大学に隣接する「Rexall Centre」行われるプロテニス・トーナメントの「ロジャースカップ(ウエブサイト)」。昨日は日本人レーサー佐藤琢磨選手が出場する「ホンダインディー・トロント」について書きましたが、今回はプロテニスの話題。そろそろトロントのイベントもエンジンがかかってきました。(写真は前回2011年に行われた決勝戦で、セリーナ・ウイリアムスが優勝を決めた瞬間)

The Canada Masters - Day4
ニューヨークで行われる「US Open」(8月26日〜9月9日)直前に行われるメジャーな大会ということもあり毎年多くのテニスプロのトップ選手が名を連ねる「ロジャースカップ」。ベスト8からの試合は特にプラチナチケットとして、トロントのテニスファン垂涎の的となっています。


ロジャースカップの会場となる「Rexall Centre(写真上)」は、交通の便はあまり良くありません。ダウンタウンからはハイウエイを使うと車で45分ほど、駐車場はメイン会場からは離れた所にあるので、シャトルバスで向かいます

TTC(トロント市交通局)を使う場合は、以下のように地下鉄とバスを乗り継ぎます。
Downsview駅発
1)196番 York University Rocket
2)106番 York University

Sheppard駅発
196番 B from Sheppard Station(Downsview駅経由)

ロジャースカップは毎年トロントとモントリオールの2カ所で男子と女子に分かれて開催されますが、今年のトロントは女子。WTA(女子テニス協会)認定トーナメントは優勝賞金の額によって「プレミア」「プレミア5」「プレミア・マンダトリー」「WTAツアーチャンピオンシップ」の4つに分かれますが、トロントは総額200万ドルの「プレミア5」になります。

女子の場合、例年スペシャルマッチが組まれることが恒例で、今年も現在までのプレスリリースでは2種類のスペシャルマッチが組まれています。

まずは8月5日(月)夜の「オープニングナイト・エキジビションマッチ」。出場選手は、セリーナ・ウイリアムス、ビーナス・ウイリアムス、モニカ・セレス、ユージン・ブシャール。ユージーン・ブシャールはケベック生まれ、カナダ出身の弱冠19歳。WTAランキングは現在67位で、カナダ国内ではトップを走り、昨年のウインブルドン女子ジュニアではカナダ初の優勝を果たしたことで、カナダ期待の新星として大注目を浴びています。エキジビションマッチでは、モニカ・セレスとダブルスを組んでウイリアム姉妹に挑みます。試合は、8月5日(月)予選夜の部の第2試合としてセンターコートで開催され、チケットがすでに販売されています。

Rogers Cup - Day 08
もう一つ、女子の場合前回から行われた「レジェンズ・カップ」。今年は準決勝・決勝が行われる最終週の8月9日〜11日の3日間に、計3試合が組まれています。2年前にはジム・クーリエ、ジョン・マッケンロー(写真上)、マイケル・チャン、アンドレ・アガシといった「往年の名プレーヤー」がセンターコートで「往年を思わせるプレー」で観客を楽しませてくれましたが、今年は前回出場のジョン・マッケンロー、ジム・クーリエに加えて、なんとピート・サンプラス、アンディー・ロディックが登場。特に昨年のUSオープンで感動的な試合を行ったアンディー・ロディックをトロントで見られるまたとないチャンスですね。なおこのエキジビションマッチは、それぞれ当日のチケットに含まれています。

Rogers Cup - Day 06
気になるチケットですが、毎日の昼の部/夜の部の2部制に分かれた基本の「シングルチケット」と、複数日のチケットがパッケージになった「マルチチケット」の2種類となります。

シングルチケットを購入の場合は以下のようになります。実際にオンライン予約をクリックして値段を調べてみました。
予選第一試合(8月5日)の昼の部
ファンゾーン ブロンズ シルバー ゴールド プラチナ プラチナ・プラス
$25 $40 $60 $80 $100 $130
予選第一試合(8月5日)の夜の部
(含:ウイリアム姉妹が出場するエキジビション・マッチ)
ファンゾーン ブロンズ シルバー ゴールド プラチナ プラチナ・プラス
$35 $55 $75 $100 $120 $155
準決勝が行われる8月10日(土)の昼の部
ファンゾーン ブロンズ シルバー ゴールド プラチナ プラチナ・プラス
$80 $100 $145 $185 $250 $325
準決勝が行われる8月10日(土)の夜の部
(含:エキジビションマッチ)
ファンゾーン ブロンズ シルバー ゴールド プラチナ プラチナ・プラス
$90 $120 $160 $210 $275 $360
こんな感じになります。

パッケージ価格となっているマルチチケットは、ミッドウィーク、プラチナ・プラス・ウイークエンダー、ウイークエンダーの3種類。

「ミッドウィーク」
8月5日(月)〜8日(木)までの4日間
どの試合でも4つを選ぶことができる
シートはゴールドとシルバー2種類から
  トータル (月) (火) (水) (木)
昼の部 $372 $64 $76 $108 $124
夜の部 $408 $80 $84 $112 $132

「ウイークエンダー」
8月9日(金)〜11日(日)の3日間

  トータル (金) (土) (日)  
昼の部 $508 $140 $148 $220  
夜の部 $537 $148 $168 $221  

この他、「プラチナ・プラス・ウイークエンダー」という8月9日(金)〜10日(土)の2日間、VIP待遇でプラチナ・プラスのシートが予約できるパッケージもあります。料金は$1,225。電話のみの予約になります。

ちょっと気が早いようですが、実はこのチケットはどんどん売り切れてしまい、開催が近づく頃にはパッケージから予約ができなくなってしまいます。現在はディスカウントチケットにまだまだ余裕がありますので、早めの予約がベストです。


とはいえ、有名選手の出場日が確定するオフィシャルドローが行われるのは開催日が迫ってから。チケット購入時はどの選手の試合かがわからないところが悩みの種です。もし有名選手を確実に見たいのであれば、やはり最後の週末のベストエイトが狙い目。特にお目当ての選手でなくても良い、という方は、ウイークエンダーの日中がいいでしょう。


20120808_201036
20120810_212634
会場は練習用のコートを含めると全部で9面のコートで行われます(写真上)。センターコートが一番大きいスタジアム(写真中央)になっていますが、次に大きいのがグランドスタンドと呼ばれるコートになります(写真下)。この周りには予選用のコートが7面あり、ウイークエンダーの日中をお勧めするのは練習用コートに登場するトップ選手の姿が見られたり、また予選の早い段階で出場する日本人選手を予選用コートで至近距離から応援できること。

Rogers Cup - Day01
Rogers Cup - Day01
前回は伊達公子選手、森田あゆみ選手などが登場したことで、観客席には日本人の方も多く見られました。

さて、シングルチケットで、オープニングでセリーナ姉妹を見るか、それともウイークエンダーでテニス観戦を楽しむか、あるいは思い切って週末のプラチナパッケージにするか、悩みどころですね・・・

チケットの情報は下記ウエブサイトから:
https://tickets.rogerscup.com/Toronto/centrecourt.html

ロジャースカップ過去のブログは下記のリンクから:
http://blog.makotophotography.ca/search?q=ロジャースカップ