トロント(カナダ)在住20年の筆者が、カナダ国内旅行やトロント市内を中心としたイベントで撮影した写真で綴るブログです。
自己紹介はこちら

2013年6月28日金曜日

トロント名物「サマリシャス」、どこへ行く?

20120131_210135
年2回、夏と冬にトロントで行われる「SUMMERLICIOUS & WINTERLICIOUS」。
夏バージョンの「SUMMERLICIOUS(サマリシャス)」が7月5日〜21日の日程で間もなく始まります。
サマリシャスとは、今から11年前の2003年にスタートした「LICIOUS」プログラムの一つ。一風変わった名前は「SUMMER=夏」と「(DE)LICIOUS=おいしい」をくっつけた造語で、トロント市が個人経営のレストランにお客さんを呼び寄せることを目的に始めたものです。

20130704_104352
開始当時は35軒のレストランが参加するこじんまりとしたフェスティバルでしたが、今年は196軒が加わる夏の一大イベントに成長。市民にもすっかりおなじみのイベントになりました。昨日はそのキックオフとなる記者会見が、トロントのダウンタウンにあるアートギャラリーAGO(アートギャラリー・オブ・オンタリオ)内のレストラン「FRANK」で行われました。

20130704_101549
レストラン内に設けられた記者会見場に最初に現れたのは、このプログラムをリードするトロント市議 Michael Thompson 氏。サマリシャス/ウインタリシャスが、「SARS」に始まったトロントのレストラン・ビジネスの苦境をどうサポートしてきたか、またレストランがこのプログラムをどう盛り上げてきたかについての説明がありました。

サマリシャス/ウインタリシャスの人気の秘密は、「Pris Fixe(プリフィックス)」と呼ばれるお料理の値段。
1)ランチ $15 ディナー $25
2)ランチ $20 ディナー $35
3)ランチ $25 ディナー $40

20130704_101141
シェフの皆さんは上記3つの料金カテゴリーの中から一つを選択し、決められた3コースメニュー(前菜+メイン+デザート)で味と腕を競うというもの。我々はあらかじめ決められた値段で安心して料理が楽しめるのですが、中には「超」がつく高級レストランも含まれているため、チョーお得。たとえランチの$25でも場合によっては普段の半額の値段で有名シェフの料理が味わえるとあって、特に人気レストランは激混みで、なかなか予約が取れません。

もともとサマリシャス/ウインタリシャスが行われる時期は、比較的レストランが「暇な季節」が選ばれているのですが、トロント市がプログラムを開発、宣伝し、178ミリオン・カナダドル(1億7千万円)の経済効果をもたらすまでに成長。このために業界からは絶大な支持を得ています。

20130704_103151
続いて登場したのが会場となった「FRANK」のシェフJeff Dueck氏。特にアートギャラリー内にあるレストランのため旅行者も多いものの、ビジネス的に難しい時期にスタッフを補充するなど大きな助けになっているとのコメントがありました。

20130704_103531
Top Chef Canadaのシーズン2に出演したTrista Sheen氏は、シェフになった最初が「SARS」の年で2年目に「ウインタリシャス」が始まったことをいまだに覚えていて、サマリシャス/ウインタリシャスに参加することはシェフとしても重要な役割であると断言。

20130704_103702
最後に登場したのは、TabuleレストランのシェフRony Goraichy氏。特にレストランの宣伝効果は、トロント市内に限らず広範囲に及び、大きなビジネスの助けになっていて、最近2軒目のレストランをオープンするに至ったとの報告もありました。
参加レストランは全部で196軒。予約は電話の他、下記サイトからオンラインでも可能です。
http://wx.toronto.ca/inter/se/restaurants.nsf/Summerlicious?Openform

レストランのチョイスは沢山ありますので、例えば予算を決めて何軒か行ってみるとか、レストランの雰囲気とかお料理の内容をウエブサイトで調べて行くと、$15のランチでも結構美味しい料理を楽しめたりします。人気店は予約がとりにくいので、あえてそれらを外してみるというのも手かもしれませんね。

レストランでのだいたいの流れは、過去のブログも参照して下さい。
http://blog.makotophotography.ca/2010/02/temple-kitchen.html
http://blog.makotophotography.ca/2012/02/aria.html
http://blog.makotophotography.ca/2011/02/jump.html
http://blog.makotophotography.ca/2013/01/splendid.html

なおこの時期は、サマリシャスに参加していないレストランにもお客さんが行くという不思議な現象が起こりますので、特に人気店は要予約です。

下記は、行ってみたいレストラン(*)と、「もう一度」行ってみたいレストランをざっと列記してみました。さて、今年はどこに行きますか・・・・
行ってみたいレストラン
Rodeo Brazilian Steakhouse* ウエブサイト
Célestin* ウエブサイト
North 44* ウエブサイト
Bar Italia* ウエブサイト
Big Daddy's Bourbon Street Bistro & Oyster Bar* ウエブサイト
「もう一度」行ってみたいレストラン
Aria Ristorante ウエブサイト
Mildred's Temple Kitchen ウエブサイト
Ouzeri ウエブサイト
Splendido ウエブサイト
詳細はトロント市のウエブサイトを参照して下さい。
http://www.toronto.ca/special_events/summerlicious/2013/index.htm