トロント(カナダ)在住20年の筆者が、カナダ国内旅行やトロント市内を中心としたイベントで撮影した写真で綴るブログです。
自己紹介はこちら

2013年6月21日金曜日

見どころ紹介:トロント帆船フェスティバル

20130621_112535
昨日6月20日(木)が公式オープニングのトロントで開催「Redpath Waterfront Festival Toronto(ウエブサイト)」。例年のことながら会場が横に広がっているので、今回はロケーションを中心に見どころをご紹介します。


まずは会場までのアクセスですが、TTCの場合はユニオン駅で509のバス(ストリートカーは工事中のため運行していません)に乗り換えます。バス乗り場は地上に出てロイヤルバンクの前になります。下車はクイーンズキー・ターミナルか、その先の「リース・ストリート」がメインステージのある「HTOパーク」の目の前になります。
もし車の場合は、後述する「Sherbourne Common」の駐車場に車を停めて徒歩か「Water Shuttle」という海上シャトル船で湖からアクセスするのがベスト(後述します)。現在ベイ・ストリートからは西行きのみの一方通行になっていて、すでにかなりの渋滞となっています。

A : HTOパーク周辺

20130621_125138
公園入り口には、チケット販売とパンフレットが置いてあるインフォメーション・テントがあります。ここでは、旅行が当たるスタンプラリーもやっています。

20130621_125311
20130621_131206
20130621_131843
フードトラックが出ている道を歩くと、左右にはフードトラックが並んでいます。特に「the Nova Scotia EATERY」のロブスターロールがオススメです。食べたことがない方は「ビーバーテイル」も記念にぜひ。

20130620_190206
20130621_124217
メインステージでは、「18:12」というコメディータッチのカナダの歴史を振り返るミュージカルが上演中。またコンサートも随時行われます。上演時間は正午、午後1時半、3時、5時の4回。オンタリオ湖畔には、今回訪れた最大規模の帆船「SS Sørlandet」が停泊中です。乗船できるデッキツアーは、午前10時〜午後5時までです(不定期で変更あり)。

20130621_134153

B : Harbour Square Park East周辺
クイーンズキー・ターミナルから東へ歩き、フェリードックの手前の公園が「Harbour Square Park East」になります。ここでは、「The Wharf at York」というスペースに1812年当時の暮らしを再現したスペースが作られています。

20130621_133715 また3隻の帆船の一つでは、普通のツアーの他に大砲を撃てる($10)アトラクションなどもあります。

C : Sugar Beach

20130621_120721
20130621_135625
20130620_215107

ピンクのパラソルが目印のシュガービーチには湖側にライブ・ステージが設置され、「Urban Folk Music Collaborative The EMERGE Artists Showcase」が正午〜午後10時まで行われています。

20130620_192946
また「Flyboad」というスケートボードとジェットスキーが合体した水上アトラクションが、(土曜日)12時45分、2時45分、4時45分、6時45分、(日曜日)12時45分、1時45分、2時45分、3時45分のスケジュールで行われます。

D : Sherbourne Common

ハーバーフロントの新規開発でできた新たな公園「シャーボン・コモン」では、「CINEMA H2O」と題されたウォータースクリーンにムービーが投影されるユニークなアトラクションが行われています。

20130620_204648
20130620_220724
20130620_224745
今晩(金曜日)午後10時、明日(土曜日)午後10時の2回上映です。昨年も大好評でしたが、今年はエンディングがさらにパワーアップ。ちょっと時間が遅いのですが、必見です。

その他:Water ShuttleとKAJAMA号
Sherbourne Common〜York Street Slip East〜John Quayの3カ所を巡回するシャトル船。 帆船に乗船できるリストバンドを持っている場合は無料。そうでない場合はドネーション($2〜5程度の任意)になります。

20130621_115521
20130621_121254
何と言ってもオンタリオ湖畔の見晴らしが最高です。迷わず最上階のデッキまで上がりましょう。日焼け止め、帽子など必須です。

注意したのは、意外に停泊時間が長いこと。ベストは、Sherbourne CommonからYork Street Slip Eastで降りて、「Wharf at York」を見て、その後クイーンズキーを徒歩で通り抜けてH2Oパークまで行くと時間の節約になります。あるいはのんびりJohn Quayまで行って、そこから徒歩で戻るという方法もあります。

10:00am Sherbourne Common発
10:15am York Street Slip East着
10:35am York Street Slip East発
10:50am John Quay着
11:10am John Quay発
11:40am Sherbourne Common着

以下、12:00pm Sherbourne Common発、14:00pm Sherbourne Common発、16:00pm Sherbourne Common発、18:00pm Sherbourne Common発で、時間は同じパターンになります。

なお、スケジュールの詳細についてはこちらをご覧ください。
http://towaterfrontfest.com/wp-content/uploads/2013/06/RWF-Water-Shuttle-Schedule.pdf

もう一つ、船ということで言えば、「KAJAMA(カヤーマ)」号もオススメです。(スケジュールとお値段はこちら)これは上のシャトルと違い観光船ですので、ハーバーフロントを出てオンタリオプレースの先まで行きます。こちらも眺めが素晴らしいです。下記の写真は昨年撮ったものです。


その他の写真はこちらをご覧ください。