トロント(カナダ)在住20年の筆者が、カナダ国内旅行やトロント市内を中心としたイベントで撮影した写真で綴るブログです。
自己紹介はこちら

2013年6月30日日曜日

VIA鉄道「カナディアン号」(10)シャワーについて

VIA RAIL / SLEEPER PLUS

VIA鉄道カナディアン号のスリーパープラスの車両には、シャワールームがあります。寝台がセットされるとタオルと石けん/シャンプーのセットが入っているVIA鉄道のプラスチックバッグが置かれますので、着替え等を持ってシャワー室に向かいます。

VIA RAIL / SLEEPER PLUS

シャワーを利用するための予約とかはなく、空いていればいつでも使う事が出来ます。ドアを開けて中に入ると着替えができる小部屋とガラス戸で仕切られたシャワー室に分けられていますので、内側からロックしておきます。使い終わったタオルは、向かって右側にタオル入れがありますので、そこに押し込んでおきます。



上がボタンで、下はシャワーの温度調整ダイアルです。



シャワーは上のボタンを押すと2分くらいお湯が出る仕組みになっていて、時間がたつと自動的にボタンが戻ります。さらにシャワーを使いたい場合は、再びボタンを押す、という動作を繰り替えすことになります。下の温度調節ダイアルで好みの温度にしますがお湯が出るまで多少時間がかかるので、最初にボタンを押したらお湯の温度が上がるまで様子を見てからシャワー室に入ると良いと思います。当然ですが、シャワーを浴びるだけでとてもリラックスができます。

2013年6月28日金曜日

トロント名物「サマリシャス」、どこへ行く?

20120131_210135
年2回、夏と冬にトロントで行われる「SUMMERLICIOUS & WINTERLICIOUS」。
夏バージョンの「SUMMERLICIOUS(サマリシャス)」が7月5日〜21日の日程で間もなく始まります。

熊もにっこり? 野生動物の宝庫ジャスパー

Jasper / Bighorn Sheep
ロッキー山脈の景色が美しいジャスパーですが、もう一つのここの見どころは野生動植物。コロンビア大氷原の観光のあと立ち寄った「サンワプタ・フォールズ(Sunwapta Falls)」

2013年6月27日木曜日

ジャスパーのマイクロブリュワリーは氷河の清流でビールを造る

R9246250
国立公園という環境保護地区内にあるジャスパーは、当然のことながら開発が厳しく制限されています。そのため、VIA駅周辺の商業地区はとても小さい。レストラン、コンビニ、ツアー会社のオフィス、

ジャスパーのリゾート「The Fairmont Jasper Park Lodge」

The Fairmont Jasper Park Lodge
ロッキー山脈のお膝元、アサバスカ川渓谷の中に位置するジャスパーという街の歴史を調べると、古くは19世紀中頃に「Hudson's Bay Company」が毛皮貿易の拠点とした「Jasper House」にさかのぼる

2013年6月26日水曜日

トロントにデビッド・サンボーン&ボブ・ジェームスが登場!

20130625_214452
ミリオンセラーを記録した2人のコラボアルバム「Double Vision」。グラミー賞にも輝いたあのアルバムが発表されてから27年ぶりに、再び制作された「The Quartette Humaine」。

2013年6月24日月曜日

TD Jazz Festival「ジョン・マクラフリン」

20130623_214316
先週末に始まった、トロント・ジャズフェスティバル。昨晩はジョン・マクラフリンのステージに行ってきました。前回のブログで書きましたが、今年はいくつかのコンサートに撮影にでかけます。

2013年6月22日土曜日

トロントでカナダデー、どうする?



7月1日(月)は、146回目を迎えるカナダ建国記念日(2016年は金曜日になります)。トロントでは「カナダ・デー」と呼ぶ祝日で、土曜日から3連休のロング・ウィークエンド。各所でさまざまなイベントが行われますが、主なものをまとめてみました。 【このブログは2013年に書いたものですが、今年(2016年)の情報を多少加えておきます】

2013年6月21日金曜日

見どころ紹介:トロント帆船フェスティバル

20130621_112535
昨日6月20日(木)が公式オープニングのトロントで開催「Redpath Waterfront Festival Toronto(ウエブサイト)」。例年のことながら会場が横に広がっているので、

2013年6月19日水曜日

帆船フェスティバルのメディアイベント

20130619_132910
今日はこのブログでも何回かレポートしている「Redpath Waterfront Festival Toronto」。いよいよ明日20日(木)から始まるフェスティバルを控えて行われた、メディアイベントに参加してきました。

2013年6月18日火曜日

ロジャースカップ・テニストーナメント in トロント

Rogers Cup - Day 09
夏のトロント、イベント情報の続きです。今日は8月3日〜11日にトロントのダウンタウンから車で30分、ヨーク大学に隣接する「Rexall Centre」行われるプロテニス・トーナメントの「ロジャースカップ(ウエブサイト)」。

2013年6月17日月曜日

ホンダインディー・トロント、トロフィーお披露目

20130617_112815
7月12日(金)〜14日(日)まで、トロントのオンタリオ湖畔を一部通行止めにして行われるオープンホイール・レースの「ホンダインディー・トロント」。いよいよ開催まで1カ月を切り、メディア用のイベントが始まりました。

2013年6月14日金曜日

イタリア街「Taste of Little Italy」


トロントのイベントシーズンの始まりを告げる「Taste of Little Italy(http://www.tasteoflittleitaly.ca)」。今日(6月14日)から日曜日までの3日間の日程で、カレッジストリートのバサーストから西のエリアが歩行者天国になって、

2013年6月11日火曜日

アサバスカ氷河の雪解け水は、やはり美味しかった

Jasper / columbia icefield tour
ジャスパー観光のハイライトとして日程に組み込まれた、「コロンビア大氷原」ツアー。滞在ホテルからSundog Tours(http://www.sundogtours.com)のマイクロバスで約1時間ほど、ロッキー山脈の風景を見ながらまずは拠点となる

かつての駅舎が今はステーキハウス?

昨日は、久しぶりのロンドンへ(オンタリオ州)。初めて取材で訪れた昨年の晩秋から数えると、10回は軽く超えたのではないでしょうか。「Forest City」という愛称で親しまれる緑が美しいこの時期、ロンドンの夏の風景を楽しみに、車を走らせました。

2013年6月9日日曜日

憧れのカナディアン・ロッキー!(2)ジャスパーで川下り〜

JASPER Rafting GPS_MAP
ジャスパー観光は、絶景ポイントへバスで移動しながらロッキーの風景観光、動物観察(エルク、ビッグホーン・シープ、熊など)が定番ですが、この日向ったのは「ラフティング」。


日本に一時帰国中、旅程の詳細が決まる前に「もしかしたら」といろいろと買い物を

2013年6月7日金曜日

憧れのカナディアン・ロッキー!(1)プロローグ:五感を研ぎすまして自然を楽しむ旅のこころを学ぶ

Jasper / Bighorn Sheep
PROLOGUE:BEAUTIFUL NATURE AND PEOPLE OF CANADIAN ROCKY!
書きたいことが山ほどある、人生初「憧れのカナディアン・ロッキー」。
VIA鉄道の車窓から眺める雪を抱いた山脈は、シュガーが振りかけられたスポンジケーキに見えてくるから不思議です。

トロント6月のイベント(3)「Redpath Waterfront Festival」

6月のフィーチャーの最後は、6月20日〜23日に行われる帆船フェスティバル。先ほどメディア担当者と話すチャンスがありいくつか目玉企画があるとのこと。今年は3年に一度ということで、特に特別な帆船がトロントに入港するので、

2013年6月6日木曜日

トロント6月のイベント(2)「Toronto Jazz Festival」

Toronto Jazz Festival 2009
毎年恒例、ダウンタウンで行われる「トロントジャズフェスティバル」。今年は6月20日〜29日の10日間の日程で、市庁舎前広場の特設会場を中心に34カ所に広がる市内各所の会場でジャズのライブ演奏が繰り広げられます。参加アーティストは300を超え、

2013年6月4日火曜日

トロント6月のイベント(1)「Pride Toronto」

Pride Toronto 2010
いよいよ夏が近づき気温が上がってきたトロントは、メジャーなイベントが今月末から目白押し。ここのところ鉄道の旅の話題が続いていたのですが、ちょっと休憩して今回から3回に分けて、6月の末に行われるイベントについてフィーチャーしてみたいと思います。

2013年6月2日日曜日

VIA鉄道「カナディアン号」(4)寝台個室について

VIA RAIL / JASPER TO WINNIPEG
VIA RAIL SLEEPER CLASS / CABIN FOR TWO
カナダ横断VIA鉄道の旅のスタートとなるバンクーバー〜ジャスパーまでは「バース(Berth)」という上下寝台でしたが、ジャスパー〜ウイニペグ〜トロントは個室寝台が割り当てられていました。上のチケットはジャスパー〜ウイニペグ間で、VIA002番列車で、車両番号は214でシートはAとなっています。ジャスパーを5月25日午後5時半に出発し、ウイニペグに到着するのが翌日の5月26日の午後8時45分。


そしてこれが最後のチケットの、ウイニペグ〜トロント。5月28日出発で、トロント到着は30日。この区間が車両内では一番長い滞在になります。今回はカナダ観光局のブロガー・ツアーで、バンクーバー・ジャスパー・ウイニペグと盛りだくさんのスケジュールでしたから、結果的に最後の2日間で疲れを癒すことができたのが幸いでした。