トロント(カナダ)在住20年の筆者が、カナダ国内旅行やトロント市内を中心としたイベントで撮影した写真で綴るブログです。
自己紹介はこちら

2013年5月21日火曜日

スイカが大好物なカナダ熊がいる「グラウス・マウンテン」

Grouse Mountain
[JOURNEY TO TBEX DAY02]
NATURE TRIP TO GROUSE MOUNTAIN
カピラノ吊り橋を後にして、次に向かったのが「グラウス・マウンテン(http://www.grousemountain.com)」という標高1,250メートルの山。当日はあいにくの曇り空。それでも大勢の人が集まっていて、なんと徒歩で山頂を目指す人たちがトレイル入り口に多数見られました。

Grouse Mountain
Grouse Mountain
Grouse Mountain
私たちは「スカイライド」と呼ばれるゴンドラに乗って、山頂を目指します。乗っている時間は5分程度だったでしょうか? あっという間に到着。出発地点より気温が低く、麓では感じませんでしたが多少涼かったのでウインドブレーカーなど簡単に羽織れるものは必要でしょう。

Grouse Mountain
特にこの日私たちが訪れた時間帯はあいにくの曇り空。山頂付近は厚い雲に覆われていて視界が悪く、ごくわずかな時間だけ雲の切れ目からバンクーバー市内が見えて、快晴だったらどんなに良かっただろうと思わせました。この時期のバンクーバーは、朝晩と昼間の寒暖の差が割に大きく、晴れたり曇ったりを繰り返しているようです。

Grouse Mountain
Grouse Mountain
Grouse Mountain
山頂では「ピークシャレー」と呼ばれる施設からさらに数分歩いて、「ランバージャック・ショー」のステージへ。司会の女性の軽妙なトークと2人の木こりのコミカルなショー。30分のあいだ、斧やチェーンソー、丸太を使った様々なアトラクションで観客を笑わせていました。それにしても、水の中にザブンと入ってしまったあのショー、風邪引かなかったかな??

20130519_150122 このステージの反対側には、コテージ風の建物でカナダ名物「ビーバー・テイル」も発見! 意外にお目にかかる機会が少ないので、見かけたらぜひ食べてみてください。ビーバーのしっぽと呼ばれるように、細長い形をした揚げパン風のスイーツです。

R9245659
20130519_153424
ショーが終わると、カナディアン・グリズリーがいる「熊牧場」へ。雪が左右に残る舗装路を5分ほど歩いて到着。どんな感じなんだろうと興味津々柵の内側をのぞいてみると、なにやらうずくまっている熊が一頭。私たちがいる間はずーっとスイカを食べていました。あれはおやつだったのでしょうか? それともお昼ご飯?? 獰猛なグリズリーというイメージからはほど遠い微笑ましい光景に多くの人が集まり写真を撮っていましたが、この熊はスイカが大好物らしくそんな人だかりにも我関せず、まったく注意を払わなかったのが可笑しかったです。

Grouse Mountain この他、ワシやフクロウが登場する「バード・イン・モーション」というアトラクションや、ケーブルを伝って高速で降りて行くスリル満点の「マウンテン・ジップライン」など、山頂付近を歩き回りながら遊べるようになっています。
http://www.grousemountain.com/mountain-map

R9245672
R9245676 ちょうど昼食どきになったので、シャレーの中にあるビストロ「ALTITUDES」でパスタ・ランチをいただきました。晴れているとバンクーバー市が一望にできる、「絶景展望レストラン」。メニューは肉、魚、パスタ、ベジタリアンと豊富でしたが、初日と同様「Ocean Wise」というシーフードの地産地消プログラムに参加しているレストランでした。

Grouse Mountain
特にこの日はカナダ名物シーザー(Caesar) がスペシャルというので注文してみました。この飲み物は、ウォッカベースで、クラマトという貝とトマトジュースがブレンドしてあるものを加え、さらにウスターソース、タバスコでスパイシーに味付けしたカクテル。グラスの縁に塩(セロリソルトまたは食塩)つけてセロリの茎を入れるのが一般的です。1969年にカナダのバーテンダー、ウォルター・シェルが考案したカナダオリジナルのカクテルです。

R9245675
喉が渇いていたのでボトルのお水も注文したら、「ウイスラーの氷河水」が出てきました。いよいよ今晩ジャスパーに向けて出発しますが、雪解け水の清流からとられたお水は雰囲気満点。美味しかったです。
http://www.grousemountain.com/altitudes-bistro

入場料は3種類に分かれていて、今回私が体験したルートが楽しめる「Alpine」が大人一人$39.95、山頂までリフトで行けるチケットがついている「Peak」(2013年は5月18日からスタート)が$43.95、さらにガラス製の「viewPOD」と呼ばれる展望台に上れる「Ultimate」が$52.95となっています。詳細は下記のウエブサイトも参考にしてください。
http://www.grousemountain.com/general-admission-membership

また、2日目に撮影した写真もあわせてご覧下さい。

http://www.flickr.com/photos/makoto2007/with/8768942158/