トロント(カナダ)在住20年の筆者が、カナダ国内旅行やトロント市内を中心としたイベントで撮影した写真で綴るブログです。
自己紹介はこちら

2013年5月11日土曜日

エアカナダのチケットをビジネスへアップグレードしてみた


これまで何度もエアカナダのトロント〜成田便に乗り込む際にチラ見していた、「ビジネスクラス」。今回のトロント発〜成田行きAC1便で初めて、乗ってみました。

エアカナダの場合、少し前からオンラインでできることが充実してきていて、例えばメールアドレスを事前に登録しておくとボーディングの前日に送られてくる、上のスクリーンショットのような「Eチェックイン」メールをクリックすると、

1)Eチケットの発行
2)座席の変更
3)預け入れ荷物の個数

など従来はチェックインカウンターで行っていた手続きを事前にオンラインで済ませておけば、空港では荷物の預け入れなど簡単な手続きでオッケーです。


アラートのメールが送られてくるのは出発の24時間前が目安ですが、メールだけでなくウエブサイトのメニューにある「Manage My Booking」をクリックすると出てくるログイン画面で、同様のことができます。24時間きっかりに手続きをしたい場合はウエブサイトからのほうが確実です。その際にはブッキング・リファレンスコードあるいは名字を入れて、予約状況にアクセスします。


1)のEチケットは、チェックインをウエブですませるとメールで送られてくる画像のチケットで、iPhoneの「Passbook」に保存しておくことができる便利なものです。チェックイン・カウンター/セキュリティー・ゲート/ボーディングの時にパスポートとともに提示します。


カナダでは、スタバのカードや映画のチケットも「Passbook」仕様で、一度使ってしまうと手放せません。私の場合、iPhoneを首からかけておくことが多いので、空港でわざわざチケットを探さなくて便利です。特に今回の場合、カナダ側だけでなく日本出発の時にもEチケットのアラートメールが来て、パスブックにチケットを入れることができたので、チケットのプリントアウトを持って行かずに済んでラッキーでした。間違えて成田のチェックインカウンターにあるキオスクでもう一度チエックインしてしまったのですが、その時にもメールアドレスを入れるとその場でEチケットが送られてきたので、日本側でも対応されたようです。


2)の座席変更も、便利。指示に従って行くと画面に表示される座席のチャートでは、24時間前の段階で空いている席が確認でき、その場で好みの席に変更が可能です。上の写真はiPhoneでチェックインをしているところ。座席の埋まっている所はX印が書かれています。

今回チャレンジしたのは、「ビジネスクラスへのアップグレード」。トロントから購入するエアカナダのチケットには何種類かあり、アップグレードや日付の変更不可/エアマイルのポイントが半分の格安チケットもありますが、今回は仕事がらみでの一時帰国で、一つ上の日付変更ができるチケットにしていました。案の定予定変更になり日付変更ができてラッキーでしたが、ビジネスへの変更は格安チケットでも行えるようです。この辺の決まりは随時変わる可能性があるので、チケットを購入する際に事前に確認してみてください。

アップグレードの方法ですが、先ほどのEチェックインで、ビジネスの座席が空いているとログインした後のオプションに「ビジネスクラスへのアップグレード」というボタンが出てきますので、それをクリック。アップグレードにかかる追加料金は約1,000ドル(クレジットカードでのオンライン支払い)とお高いのですが、正規料金なら何千ドルもするわけですから、片道で手元に余裕があれば便利なオプションです。座席は限定されていますが画面から選択可能で、好みの席を選んで手続きを終了。
ただし、アップグレードはあくまで「席が空いている」ことが前提。24時間前までに予約で満席になってしまうと購入できませんので、どうしてもビジネスで、という方は正規料金で予約が必要です。あくまでも私のような「空いていたら乗ってみたい」というユーザー向けのオプションです。

いざ乗ってみると、当たり前ですが「すべて快適」。具体的な快適ポイントを挙げると、

1)ラウンジ使用&プライオリティー・ボーディングが早い
2)ウエルカムドリンクで気分はゴージャス
3)座席がフルフラットになって、まるでベッドのよう
4)お食事は陶器のお皿ででてきて、美味しさ倍増
5)到着後、荷物がすぐに出てくるので疲れも半減

一旦ビジネスに乗ってしまうとエコノミーの狭さは本当にビックリしますが、料金が格段に違うので当然。実際に乗った印象は、こちらにまとめてみましたので、合わせてご覧下さい。
http://blog.makotophotography.ca/2013/05/blog-post_16.html