トロント(カナダ)在住20年の筆者が、カナダ国内旅行やトロント市内を中心としたイベントで撮影した写真で綴るブログです。
自己紹介はこちら

2013年5月31日金曜日

VIA鉄道「カナディアン号」(3)食堂車でのお食事を楽しむ

VIA RAIL / SLEEPER PLUS
DINING EXPERIENCE ON THE ROAD
「カナディアン号」での大陸横断の旅では列車内での食事の回数が多く、車内では窓の外の風景を見るかパークカーでおしゃべりをするくらいで他にすることがないので、食堂車でどんな料理が出てくるのか興味津々でした。

VIA RAIL / SLEEPER PLUS
VIA RAIL / SLEEPER PLUS
お料理の前に、まずは食堂車の使い方について。食堂車は前方の「A」と、後方の「B」の2カ所。

2013年5月30日木曜日

VIA鉄道「カナディアン号」(2)パークカーと展望車を楽しむ

VIA RAIL / VANCOUVER TO JASPER

MEETING BEAUTIFUL PEOPLE FROM THE WORLD - NIGHT AND DAY AT PARK CAR
バンクーバーとトロントを結ぶ大陸横断鉄道「カナディアン号」には、長時間の旅でも退屈しないように施設が工夫されています。その一つがパークカーと呼ばれる列車最後尾の車両。

2013年5月27日月曜日

VIA鉄道「カナディアン号」の乗り方(1)チケットの読み方〜バース寝台

VIA RAIL / SLEEPER PLUS
HOW TO READ YOUR TICKET and ON-BOARD TO VIA TRAIN
バンクーバーでの4日間の日程を終え、VIA鉄道に到着したのが午後7時。いよいよVIA鉄道での列車の旅の始まりです。午後8時半発の「カナディアン号」に乗り、ジャスパーに到着するのが翌日の午後4時半と約18時間を車内で過ごします。

カナダ横断VIA鉄道の旅、カナディアン・ロッキーについて調べてみました

VIA RAIL / VANCOUVER TO JASPER
A LITTLE STUDY OF CANADIAN ROCKEY - GOING TO JASPER
カナダと呼べばロッキーと答える、というぐらい有名な「カナディアン・ロッキー」の山脈風景。見たことありません。。。実はトロントからバンクーバー行きの飛行機から

2013年5月25日土曜日

バンクーバーでの最終日は、夢のシーフード三昧

20130521_134805
A LITTLE ADVENTURE OF SEA & SEAFOOD
いよいよバンクーバーでの滞在は最終日を迎え、この日のスケジュールは夕方に行われるパーティーまでは自由行動。夜のVIA鉄道に乗るのでホテルを午前11時にチェックアウトし、いくつか回りたい所が残っているので、

2013年5月24日金曜日

グランビルアイランドのビストロ「Edible Canada」でアルバータ・ウイスキーを堪能

GRANVILLE ISLAND - Edible CANADA

A DINNER AT EDIBLE CANADA
ビクトリア・デーの祝日、フリータイムも終わり午後5時半に集合がかかったビストロ「Edible Canada」。場所はダウンタウンの中心部からタクシーで10ドルちょっと、10分程度の「グランビル・アイランド」にあります。

祝日のバンクーバー。フリータイムは目的を決めずにダウンタウン散歩

DOWNTOWN VANCOUVER - YALETOWN
[JOURNEY TO TBEX DAY03]
DIM SUM - BLENZ COFFEE - VANCOUVER ART GALLERY CAFE
バンクーバーで始まったツアーも今日で3日目。ビクトリアデーの祝日は夜まで自由行動ということなので、ダウンタウンを歩き回ってみました。スタートは旅の仲間と共に飲茶をしようという話になり、ホテルから徒歩と地下鉄でレストランに到着です。

2013年5月21日火曜日

スイカが大好物なカナダ熊がいる「グラウス・マウンテン」

Grouse Mountain
[JOURNEY TO TBEX DAY02]
NATURE TRIP TO GROUSE MOUNTAIN
カピラノ吊り橋を後にして、次に向かったのが「グラウス・マウンテン(http://www.grousemountain.com)」という標高1,250メートルの山。当日はあいにくの曇り空。それでも大勢の人が集まっていて、なんと徒歩で山頂を目指す人たちがトレイル入り口に多数見られました。

2013年5月20日月曜日

緑がいっぱいだったノース・バンクーバーのカピラノ吊り橋

Capilano Suspension Bridge
[JOURNEY TO TBEX DAY02]
CAPILANO SUSPENSION BRIDGE
バンクーバーでの2日目は、「ノース・バンクーバー」と呼ばれる山間地区をハイライト。まずは有名な「カピラノ吊り橋(Capilano Suspention Bridge/http://www.capbridge.com/)」へ。
このアトラクションはカピラノ渓谷を渡る全長137メートルの吊り橋がメインですが、橋の手前にはクリフウォークや歴史展示、向こう側には森の中を散策するレンフォレスト・ツアーという散策路やツリートップ・アドベンチャーという森の中を空中散歩できるルートもあって、結構盛りだくさんです。

2013年5月19日日曜日

アーバンなバンクーバーの夜はシャングリラで決まり!

R9245500
[JOURNEY TO TBEX DAY01]
マイクロブリュアリーを後にして、夕方のプログラムへ移動。今回のブロガーの皆さんが一同に会して行われる「Welcome dinner」が、今回の旅の公式行事としてはキックオフになります。

木漏れ日のダウンタウンで、マイクロブリュワリーを発見

R9245459
[JOURNEY TO TBEX DAY01]
最近日本でも流行の「マイクロブリュワリー」。小規模で個性的なビールを造る酒造家は北米でも近年都市部で増えて来ていて、トロントでも個性的なお店が少しずつ増えています。

空港からホテルまで、優雅なサービスを利用して短時間で到着

R9245409

トロントから正午のエアカナダA101便に乗り、定刻通り5時間のフライトで午後2時に到着したバンクーバー(トロントとの時差は3時間)は曇り空からのスタートでした。

2013年5月16日木曜日

カナダ横断VIA鉄道の旅、主役のVIA鉄道「カナディアン号」について調べてみた

VIA Rail @ Moncton Station
LITTLE STUDY OF VIA RAIL
今回の旅で活躍するVIA鉄道。もともとは、カナダ初の大陸横断鉄道のCP(Canadadian Pacific/カナダ太平洋鉄道)が運営していた旅客部門が1978年に「VIA RAIL CANADA(ヴィア・レイル・カナダ)」という名称で独立し、以来CPは貨物輸送でVIAは旅客という棲み分けになっている国営企業です。

エアカナダのビジネスクラス搭乗記


前回(http://blog.makotophotography.ca/2013/05/blog-post_11.html)はエアカナダのエコノミーチケットをビジネスに変更する方法を書きましたが、今回は実際に乗ってみた感想を書いてみます。(成田発のビジネス搭乗記はこちらから)

まずは空港到着から機内に入るまでの流れでエコノミーと違う点を挙げると、

2013年5月15日水曜日

トロントで行列のできる本格タイ料理「khao san road」


ケチャップを使わない本格的なPad Thai(パット・タイ)を食べたい。でも、だいたいどこに行っても、ケチャップ味なんですよね。これはこれで嫌いじゃあないんですけど、「現地で食べると、味は違いますよ」と友人から言われると「それじゃあ本当はどんな味なんだろう」と興味がわいてしまいます。この話は、カナダ人に「あなたが行く寿司屋を教えて」と聞かれるのとあまり変わらないかも。

2013年5月14日火曜日

人生初バンクーバー、旅の計画を練ってみた


INTRODUCTION TO VANCOUVER VISIT
いよいよ今週末から始まる、「カナダ縦断VIA鉄道の旅」。先日にちょこっと書きましたが、カナダ観光局のツアーに招待を受け、5月18日より2週間かけて、下記地図のようにカナダの4都市を訪れます。
正式名称は「Journey to TBEX: #ExploreCanada Blogger Train」。

2013年5月13日月曜日

トロントで日本の伝統芸能に触れる

20130511_203354
一般社団法人「和力(http://www.wariki.jp)」を主宰する長野県伍和(ごか)の舞台芸能師、加藤木朗(かとうぎあきら)氏が長男の磊也(らいや)氏と共にトロントでの公演を行いました。この公演はトロントの太鼓グループ「永田社中」とのコラボレーションで生まれたもので、ちょうど日本滞在の最終日に永田社中の永田さんからメールで連絡を受け、公演日がトロントに戻って来た翌日だったので撮影機会のタイミングがあって感謝でした。

2013年5月12日日曜日

がんばれトロント・マーリーズ!

20130511_173507
先週金曜日、成田発のAC2便がトロントに着いたのが午後5時。空港からダウンタウンに戻るのに手間取りプレーオフ第二ラウンド初戦の試合開始時間には間に合わず、ツイッターで試合の成り行きを見守っていました。残念ながらその試合は7−0という大量リードをゆるし、まさかの敗戦。珍しい惨敗にどうなることかと先行きを心配しつつ翌日の土曜日、いつものリコー・コロシアムへカメラを積んででかけてきました。

2013年5月11日土曜日

エアカナダのチケットをビジネスへアップグレードしてみた


これまで何度もエアカナダのトロント〜成田便に乗り込む際にチラ見していた、「ビジネスクラス」。今回のトロント発〜成田行きAC1便で初めて、乗ってみました。

エアカナダの場合、少し前からオンラインでできることが充実してきていて、例えばメールアドレスを事前に登録しておくとボーディングの前日に送られてくる、上のスクリーンショットのような「Eチェックイン」メールをクリックすると、

1)Eチケットの発行
2)座席の変更
3)預け入れ荷物の個数

など従来はチェックインカウンターで行っていた手続きを事前にオンラインで済ませておけば、空港では荷物の預け入れなど簡単な手続きでオッケーです。

2013年5月6日月曜日

日本でカナダを味わえる、「ウイスラーカフェ」

20130412_063146
一時帰国の楽しみは、カメラ屋さん巡りに加えて「日本の食べもの巡り」。それでも今回はちょっと長い滞在なので、カナダがちょっとだけ懐かしくなるのが不思議な感じ。「日本の食べもの巡り」については別に書きたいと思っていますが、今回はネットで探してもなかなか見つからない、日本でカナダを満喫できるお店について書いてみたいと思います。

2013年5月5日日曜日

KIPON製、GXR用のマウントアダプターを試す

20130427_212332
カナダではなかなか入手が面倒な、カメラ用品。特に小物類の入手は店頭では難しいため、一時帰国の際にいろいろ探します。前回はGXRのマウントアダプターとレンズをいくつか購入しましたが、今回は特に「これ」というものはなかったのですが、目的もなくカメラ屋さんをのぞいて面白いものを見つけるのが楽しみとなりました。

2013年5月3日金曜日

地球の歩き方カナダ西部版〜そして現地へ!


昨年大変お世話になった、「地球の歩き方」。年初には東部版のトロント特集ページの取材に声をかけてもらい、撮影した写真がたくさん掲載されました。その後はイエローナイフのオーロラ鑑賞がきっかけで、夏にはカナダ全国版、そして年末に発行された旅行雑誌にオーロラ写真が掲載されるという思いもよらない展開へ。
そして今回は、カナダ西部版が発行(アマゾンはこちら)されるに際してカナダ全国版のオーロラ特集がそのまま再録されたということで、早速見本誌を一部送っていただきました。というか、到着前に書店で買ってしまいました・・・・

2013年5月1日水曜日

佐藤琢磨選手、凱旋帰国報告会

20130426_035415_01
「おまたせしました!」
これが北米最高峰のモーターレースのインディー・カー・シリーズ、4年目(52戦目)で初優勝した佐藤琢磨選手がさっそうと舞台に登場した第一声でした。

20130426_031733
日本人レーサーとして初の快挙を達成したことを記念して、Honda(本田技研工業)の青山本社1階「Hondaウエルカムプラザ青山」にもうけられた特設会場に報道各社をはじめ多くの関係者が集まり、約1時間「凱旋報告取材会」と題した記者会見が行われました。偶然優勝したレースが行われていた時に日本に滞在していて、この取材会が行われる事を知ったたことから、急遽カナダ経由で取材を申し込んで行ってきました。なんという偶然!