トロント(カナダ)在住20年の筆者が、カナダ国内旅行やトロント市内を中心としたイベントで撮影した写真で綴るブログです。
自己紹介はこちら

2013年3月16日土曜日

終盤戦に差し掛かるAHL、そしてOHLアイスホッケー

20130313_212352
今週はマーチブレイクで学校が休みということもあり、先日のトロント・マーリーズの試合は7千名越えの盛況。リコー・コロシアムの座席もかなり埋まった状態で、大いに盛り上がりました。対戦相手はレイクエリー。試合は第二ピリオドで先制されるもすぐに追いつき、最終ピリオド中盤で勝ち越すという2-1で僅差の勝利。しかも終了間際の3分はレイクエリーの猛攻をなんとかしのぐというスリリングな展開に、7,144名の観客は最後まで席を立たずに応援を続けてマーリーズの勝利に大満足(試合の模様はこちらのスライドショーからどうぞ)。

20130313_191100
これでマーリーズは西カンファレンスの北ディビジョンでトップを走るトップをキープする70ポイントを獲得。2位がロチェスター(Rochester Americans)の68ポイント。続いて3位がアボッツフォード・ヒートの65ポイント。試合に勝つと2ポイントが入りますので、2位のロチェスターとはいつでも順位が入れ替わる可能性があるデッドヒートを繰り広げていることになります。ちなみにマーリーズとロチェスターは共に32勝と勝ち星が同じですが、負け数が少ない関係で順位が上がっているという僅差(アボッツフォードは28勝)。

20121013_172439_02
ロチェスターとの相性ですが、これまで7戦して6勝1敗と抜群なのは好材料。今日の試合を含めた残りが3試合で、ホームで行われる試合は今日が最後ですから、一位キープのためにもぜひ勝っておきたい試合です。特にマーリーズはロードに出ると勝率が下がるので、リコー行われる試合では全勝を狙いたいところです。ちなみに勝率はホームで0.687(32試合:22勝10敗)ですが、ロードではぐっと下がって0.384(26試合:10勝16敗)。今日が終わるとロードでの試合が続きますので、一位キープができるかどうかちょっと心配です。

20130313_210943
AHLのレギュラー・シーズンは4月21日のセント・ジョンズ戦が最終試合。このままマーリーズが勝ち進めばプレーオフへの進出が決まり、5月までさらに試合は続きます。昨シーズンは、プレーオフの最後の最後までいって負けてしまったので、今年はぜひカルダー・カップを手にする所を見てみたいです。

20130207_203449
AHLに続いて今年初めて撮影に行ったOHL(オンタリオ・ホッケーリーグ)ですが、こちらはレギュラー・シーズンがあと数試合で終わるとプレーオフが始まります。OHLのロンドン地元チームのロンドン・ナイツはレギュラー・シーズンをあと2試合を残したところで見事地区優勝を果たし、来週末からいよいよプレーオフが始まります。ラウンド1はバドワイザー・ガーデンズで3月22日(金)と24日(日)の2試合行い、7試合のうち先に3勝したチームがラウンド2に進みます。下記リンクにラウンド1のスケジュールが発表されました。
http://www.londonknights.com/article/ohl-playoff-schedule-round-1-vs-saginaw-spirit

ナイツの戦績ですが現在レギュラー・シーズン中の66試合を戦い48勝13敗(101ポイント)で、ディビジョンを1位通過(2位のオーエンサウンドは92ポイント)。全カンファレンスの成績を見ても101ポイントはダントツの成績で、今年も優勝が濃厚です。

20130207_202218
プレイヤーの成績を見ると、OHL全体では将来のNHLスター選手として有望視されている Max Domi が9位(写真の選手:39ゴール/46アシスト)で85ポイントを獲得(一位はサリーナの Charies Sarault の107ポイント)、11位には Seth Griffith が入っています。彼らがプレーオフでどんな活躍を見せるのか、楽しみです。

毎年冬はどんよりしていたのですが、今年の冬はあっという間に3月も半ばを過ぎてしまいました。ウインター・スポーツもいよいよ終盤戦に入り、AHL/OHLともにもうしばらくは目が離せないですね。