トロント(カナダ)在住20年の筆者が、カナダ国内旅行やトロント市内を中心としたイベントで撮影した写真で綴るブログです。
自己紹介はこちら

2013年3月10日日曜日

Toronto Marlies 残りゲームは20試合!

20130309_170655_01
残り20試合となったAHLレギュラー・シーズン(内ホームでは8試合)。トロント・マーリーズの所属する北地区(西カンファレンス)は、トップを争う3ポイント差に4チームが集まる激戦が繰り広げられています。
昨日は1位のマーリーズが3位のアボッツフォードを迎えての一戦ですが、これまで4回の対戦で1勝3敗とマーリーズはなぜか分が悪い・・・。そして結果はまた負けてしまい、これで1勝4敗。相性悪いんですね・・・

20130309_162301_01
第一ピリオドは先制を許したもののすぐに追いつき同点とし、立て直しをはかった第二ピリオドに立て続けに2点を取られたのが良くなかった。試合の主導権を完全に握られ、さらに4点目を許すと最終ピリオド終了間際のパワープレイで1点を返すのがやっとでした。

20130309_160531
ところで、昨日はWomen's Hokey Day。CWHL(Canadian Women's Hokey League)の「Toronto Furies」に所属している Natalie Spooner、Sami Jo Small、Kori Cheverieの3名がオープニング・ゲストとして登場。彼女たちはカナダのアイスホッケー女子チームとしてかつてのオリンピックで金メダルを獲得したプレーヤーでもあり、会場には子供たちをはじめ多くの女子プレーヤーとみられる人たちが集まっていました。
今シーズンはオープニング・ゲームから試合を見ているので、ゲーム以外にも見えてくることがあります。その一つに、AHLは全国放送のテレビ局が入るNHLと違って「ローカル」に強く結びついたプロ・スポーツの集団であること。こんなふうにローカルな人たちの集客のために、毎試合さまざまな工夫をしているんだなと思うところです。

20130309_181536
例えば、その日にしか手に入らないグッズを先着で配ったり、今日のような「スペシャル・デー」を作って関連の人に呼びかけたり、Peeweeと呼ばれる子供のホッケー・チームを毎試合招待してはゲーム開始のセレモニーに参加させ、その親たちが観戦にやってくる、などなど・・・。もちろんこうしたことはNHLでもやっていることではありますが、「放っておいても人が集まる訳ではない」マーリーズ、こうした工夫を見るのも一つの楽しみです。

20130309_172006_01
20130309_163659 (1)
それにしても、この試合の写真を見なおしてみて改めてゴーリーの凄さに感嘆。上の写真はマーリーズの MacIntyre がゴールを決められちゃった瞬間ですが、最後までパックを目で追っていたんですね。「はっ」という感じでしょうか・・・そして下はアボッツフォードのゴーリー Taylor がマスクの正面でパックを受け止めている瞬間。これは危ない。さすがに目を閉じてますね・・・まさに体を張って最後の一線を守っている男って感じです。

20130309_180927
昨日は5,252名が応援に集まり、ゴール後ろは空席が目立ったもののおおいに盛り上がりました。
今日を含めて3試合をリコーで戦った後にロードに出て、3月末に再びアボッツフォードとの試合が組まれています。次はぜひ勝って欲しいものですが・・・・
http://www.marlies.ca