トロント(カナダ)在住20年の筆者が、カナダ国内旅行やトロント市内を中心としたイベントで撮影した写真で綴るブログです。
自己紹介はこちら

2013年3月31日日曜日

ある意味、劇的勝利のマーリーズ

20130330_172850
昨晩は長い遠征から久しぶりに本拠地リコー(http://www.ricohcoliseum.com/)に戻って来たマーリーズの撮影。遠征に出ると戦績の振るわない彼らですが(前回1月のロードでは2勝4敗、その前昨年11月は1勝3敗と大きく負け越し)、今回の戦績(4勝3敗)は上出来です。

20130330_165758
対戦相手は西海岸のアボッツフォード・ヒート。アボッツフォードというのは、カナダのブリティッシュコロンビア州南西部にあるバンクーバーに隣接する都市の名前です。対戦成績はこれまで5戦して勝利したのはわずか1試合のみ! と相性の悪い相手。

2013年3月29日金曜日

イースターをはさんで4連休のトロントは?

R9237012
今年のイースター(日付は毎年変わる)は3月31日(日)。この日曜をはさんで本日金曜日から来週月曜日までが、こちらでいう「ロングウイークエンド」の4連休。
トロントに来たばかりの頃は、「Good Friday」と呼ばれる連休初日は商店やレストラン等軒並みお休みで、がらんとした街に驚いた思い出があります。またイースターの日曜日も同様でした。これはトロント市とオンタリオ州が法律(by-law)で定める「祝日の営業規定」によるもので、下記の祝日には、原則として営業は行わないとう決まりに従ったものです。
 1) New Year's Day
 2) Family Day
 3) Good Friday
 4) Easter Sunday

 5) Victoria Day
 6) Canada Day
 7) Labour Day
 8) Thanksgiving Day
 9) Christmas Day


ただしこれには除外規定というのもあって、特別に営業が許可されるようになりました。その結果として、この4連休に営業するお店が増えた、という事情のようです。それもダウンタウンの特定のエリアだけ、ということになります。もちろんこのお休みの時期に人員を揃えるお店側も、大変だとは思いますが・・・。

代表例で言うと、「ツーリスト・エリア」と認定されている地区内のお店は、上記の祝日にも営業が行えるようになっています。
 1) Queens Quay West
 2) Toronto Eaton Centre and the Hudson's Bay Company
 3) Downtown Yonge Street Business Improvement Area
 4) Bloor-Yorkville Business Improvement Area
 5) Distillery Historic District
エリアマップなど詳細はトロント市のウエブサイトに詳しく出ています。
http://www1.toronto.ca/wps/portal/toronto/portal?vgnextoid=b9a09453ac56a310VgnVCM1000003dd60f89RCRD

というわけで、例えばダウンタウンの巨大ショッピングセンター「イートンセンター」は、今日から始まるロングウィークエンドもほぼ通常営業。それは、上記のツーリスト・エリア内にある等「除外規定」に当てはまるからですね。
 March 29 (Good Friday) 10:00 AM to 6:00 PM
 March 31 (Easter Sunday) 12:00 PM to 5:00 PM

我が家の近所のスーパーマーケット「Loblaws - Carlton Street」も通常営業。ただし場所によっては金曜日がお休みのところもあるようです。
 Friday  07:00 AM - 11:00 PM
 Saturday 07:00 AM - 11:00 PM
 Sunday  07:00 AM - 11:00 PM
 Monday  07:00 AM - 11:00 PM
http://www.loblaws.ca/LCLOnline/staticStoreListing.jsp?provinceCode=ON&city=Toronto

ロイヤルオンタリオ博物館「ROM」はというと、やはりこちらも毎日営業。お休みは一年のうちでクリスマスだけです。
http://www.rom.on.ca/en/visit-us/tickets-hours

こうした理由で、4連休のダウンタウンは昔と違って大いに賑わうわけですが、これは私たちがダウンタウンに住んでいるからであって、それ以外の地域ではやはり昔ながらにこのロングウィークエンドはいつもと違って静かな休日となるようです。

20120406_121649
その理由は、この4連休はキリスト教と深いつながりがあるということ。その意味を覚えるために50年間にわたって行われている聖金曜日の行進は、今日の午後3時からダウンタウンのイタリア街で今年も行われます。昨年の模様は下記からご覧ください。
http://blog.makotophotography.ca/2012/04/blog-post_07.html

20120408_151438
明後日のイースターの日曜日午後2時から、ビーチ地区でのパレードが予定されています。
http://blog.makotophotography.ca/2012/04/blog-post_09.html

どちらも当日は交通規制がありますので、ストリート・カーなど公共交通機関を使われると良いでしょう。それと、まだまだ寒いので、気温によっては厚手のコートや手袋等防寒はしっかりとされることをおすすめします。

2013年3月28日木曜日

NBAバスケットボール、トロント・ラプターズ

20130327_202707
15チームが所属するイースタン・カンファレンス。現在トップはマイアミ・ヒートで、続いてニューヨーク・ニックス、インディアナ・ペーサーズと続きます。地元トロントはというと、現在26勝45敗で東カンファレンスのアトランティック地区では最下位の5位。昨年が4位、一昨年は5位とラプターズは低迷を続けています。

20130327_194111

2013年3月27日水曜日

トロント最大のクラフトショーは、イースターもオープン!

20111126_132657
トロントで年2回行われる「One of a Kind Show & Sale」。春バージョンが本日3月27日(水)〜31日(日)の日程で、オンタリオ湖畔に近いエキジビション・プレース内 Direct Energy Centre で開催されます。
http://www.oneofakindshow.com/toronto/index.php

20111126_143607
時間は、以下のようになっていますが、特に明日の木曜日は恒例の「LATE NIGHT SHOPPING」で午後11時まで時間が延長されます。翌日がイースター連休の初日「グッド・フライデー」なので、多くの方が来られそうですね。

水〜金:10AM — 9PM/土:10AM — 9PM
日:10AM — 6PM

<LATE NIGHT SHOPPING>
3月28日(木)10AM — 11PM

例年このイースター連休中はお店等原則として休業するのですが、今年は営業するお店が続出。時代は変わるものですね。

さて入場チケットですが、オンラインで購入できます。現地でも買えますが、時間によっては結構な行列になるので、事前購入がベターです。ただ、割引クーポンを持っている場合はオンラインでは使えないので、現地でチケット購入の際に提示することになります。
大人 (18歳以上):$12.00
シニア (65歳以上):$7.00
学生 (13-17歳):$7.00

入場券ですが、例えば初日にチケットを買って入ります。会場内出口近くに「Re Enter」という手続きをする場所があって、係の人に聞くとカードに名前を書いてサインをするとスタンプを押してくれます。このカードを翌日に持って行くと、別な日は無料で入れてしまいます。これを繰り返すと、1回の入場料で複数日に入れることになります。特に制限なく入れるようです。
また、一度入場したのだけれどちょっと外に出て同じ日にまた戻ってきたい場合は、手にスタンプを押してもらいます。そうすると、当日に限り再入場ができます。

20111129_111834
会場はかなり広いので、入り口でマップ・ブックを入手してから行動するのがいいでしょう。全体をさっと見るのにも1時間くらいかかりますので、まずはマップを片手にさーっと見て回り、気になるところをチェックしておいて、今度はそこを重点的に回って買い物をするのが効率的な回り方です。
場内にはファストフード店とカフェテリアがありますが、外でサンドイッチなど買って中に入る事も可。「ClubOne」というメンバーになっているとソファーのあるラウンジで無料のインターネットやコーヒーが飲めちゃいますので、お得です。「ClubOne」メンバーになるには、チケットブースの隣に次のシーズンの前売りチケットを買えるコーナーがありますので、そこで買うとチケットと一緒にカードを渡されます。簡単です。
http://www.oneofakindshow.com/toronto/clubone.php

20111129_115436
Untitled
20111129_144311
出店ブースは沢山あります。バッグ、小物、帽子、食べ物、洋服、ベビー用品など多岐にわたっていますが、下記ウエブページからカテゴリーで検索できます。
http://www.oneofakindshow.com/toronto/artisans.php

20111129_140721
場内ではファッションショーやトークショーなどのイベントも行われています。今回はイースターということで、季節にちなんだコンテストなどが計画されています。
http://www.oneofakindshow.com/toronto/features.php

なお、会場内は撮影禁止です(ここの写真は許可をもらって撮影したものです)。カメラをぶら下げているだけで係の人が飛んできますので、お気をつけ下さい。

場所など詳細は下記ウエブサイトをご覧下さい。
http://www.oneofakindshow.com/toronto/showinfo.php

2013年3月25日月曜日

カナダ人レーサーが優勝! ホンダインディー開幕戦

Honda Indy Toronto 2010_DAY2
今年のインディー・カーシリーズ開幕戦「ホンダインディー・グランプリ」は3月24日(日)、フロリダ州セント・ピータースバーグの市街地特設コースで行われ、今年の19戦が始まりました。記念すべきオープニング・レースの結果ですが、鮮やかなグリーンのGoDaddyカーに乗ったカナディアンのドライバー、ジェームス・ヒンチクリフ(James  Hinchcliffe/Andretti Autosport/26歳)が、4位スタートながら見事な巻き返しで110周を走り切り、1位でチェッカーフラッグを受けてカナダに幸先の良いニュースをもたらしました。

2013年3月20日水曜日

2013年のトロントで行われる主なイベント

High Park @ Toronto 2008 Spring
今日のトロントは「First Day of Spring」。日本では間も無くという桜はこちらではまだまだ先ですが、3月も終わりに差し掛かり、恒例(?)の今年のイベントスケジュールをまとめてみました(随時更新して行きます)。

3月
■World MasterCard Fashion Week 公式ウエブサイト
日程:3月18-21日
トロントで年二回行われているファッションウィーク。この時期のものは今年の秋冬シリーズです。
過去のブログ:http://blog.makotophotography.ca/2013/03/blog-post_19.html

2013年3月19日火曜日

トロントでファッションウィークが開幕

20130318_173701
World Mastercard Fashion Week Toronto 2013が昨晩3月18日(月)より5日間の日程でトロントのダウンタウン、ミュージカル劇場などが並ぶ「エンタテイメント地区」の「David Pecaut Square」につくられた特設会場で始まりました。
今年は「MOVING FASHION FOWARD」と題して、「MIZ BY IZZY CAMILLERI」が皮切りとなり28のスタジオ&ランウェイ・ショーが予定されています。


20130318_193526
ショーはすべてチケット制となっていますが、人気デザイナーのシートは早めに売り切れてしまうようで、昨晩も「PINK TARTAN」は満員盛況でした。




会場は入り口を入るとラウンジがあり、軽食や飲み物、ファッション関連のイベントやサービスが受けられるようになっていて、そこからランウェイとスタジオへアクセスが出来るようになっています。


カナダのファッショントレンドを示すショーケースとなるショーだけあって、会場にはオシャレなトロントのファッションリーダーが全員集合。あいにくの雪模様の中でも、会場内は熱気に溢れていました。

ウエブサイトにはショーの模様が常にアップされていますので、ぜひご覧ください。
http://www.worldmastercardfashionweek.com

「PINK TARTAN」のランウェイ・ショーの様子を撮影しましたので、下記のFlickrもご覧ください。

2013年3月16日土曜日

終盤戦に差し掛かるAHL、そしてOHLアイスホッケー

20130313_212352
今週はマーチブレイクで学校が休みということもあり、先日のトロント・マーリーズの試合は7千名越えの盛況。リコー・コロシアムの座席もかなり埋まった状態で、大いに盛り上がりました。対戦相手はレイクエリー。試合は第二ピリオドで先制されるもすぐに追いつき、最終ピリオド中盤で勝ち越すという2-1で僅差の勝利。しかも終了間際の3分はレイクエリーの猛攻をなんとかしのぐというスリリングな展開に、7,144名の観客は最後まで席を立たずに応援を続けてマーリーズの勝利に大満足(試合の模様はこちらのスライドショーからどうぞ)。

20130313_191100
これでマーリーズは西カンファレンスの北ディビジョンでトップを走るトップをキープする70ポイントを獲得。2位がロチェスター(Rochester Americans)の68ポイント。続いて3位がアボッツフォード・ヒートの65ポイント。試合に勝つと2ポイントが入りますので、2位のロチェスターとはいつでも順位が入れ替わる可能性があるデッドヒートを繰り広げていることになります。ちなみにマーリーズとロチェスターは共に32勝と勝ち星が同じですが、負け数が少ない関係で順位が上がっているという僅差(アボッツフォードは28勝)。

20121013_172439_02
ロチェスターとの相性ですが、これまで7戦して6勝1敗と抜群なのは好材料。今日の試合を含めた残りが3試合で、ホームで行われる試合は今日が最後ですから、一位キープのためにもぜひ勝っておきたい試合です。特にマーリーズはロードに出ると勝率が下がるので、リコー行われる試合では全勝を狙いたいところです。ちなみに勝率はホームで0.687(32試合:22勝10敗)ですが、ロードではぐっと下がって0.384(26試合:10勝16敗)。今日が終わるとロードでの試合が続きますので、一位キープができるかどうかちょっと心配です。

20130313_210943
AHLのレギュラー・シーズンは4月21日のセント・ジョンズ戦が最終試合。このままマーリーズが勝ち進めばプレーオフへの進出が決まり、5月までさらに試合は続きます。昨シーズンは、プレーオフの最後の最後までいって負けてしまったので、今年はぜひカルダー・カップを手にする所を見てみたいです。

20130207_203449
AHLに続いて今年初めて撮影に行ったOHL(オンタリオ・ホッケーリーグ)ですが、こちらはレギュラー・シーズンがあと数試合で終わるとプレーオフが始まります。OHLのロンドン地元チームのロンドン・ナイツはレギュラー・シーズンをあと2試合を残したところで見事地区優勝を果たし、来週末からいよいよプレーオフが始まります。ラウンド1はバドワイザー・ガーデンズで3月22日(金)と24日(日)の2試合行い、7試合のうち先に3勝したチームがラウンド2に進みます。下記リンクにラウンド1のスケジュールが発表されました。
http://www.londonknights.com/article/ohl-playoff-schedule-round-1-vs-saginaw-spirit

ナイツの戦績ですが現在レギュラー・シーズン中の66試合を戦い48勝13敗(101ポイント)で、ディビジョンを1位通過(2位のオーエンサウンドは92ポイント)。全カンファレンスの成績を見ても101ポイントはダントツの成績で、今年も優勝が濃厚です。

20130207_202218
プレイヤーの成績を見ると、OHL全体では将来のNHLスター選手として有望視されている Max Domi が9位(写真の選手:39ゴール/46アシスト)で85ポイントを獲得(一位はサリーナの Charies Sarault の107ポイント)、11位には Seth Griffith が入っています。彼らがプレーオフでどんな活躍を見せるのか、楽しみです。

毎年冬はどんよりしていたのですが、今年の冬はあっという間に3月も半ばを過ぎてしまいました。ウインター・スポーツもいよいよ終盤戦に入り、AHL/OHLともにもうしばらくは目が離せないですね。

2013年3月11日月曜日

ロンドン市民とともに祝う世界フィギュア選手権「LIGHT UP LONDON」

20130310_210555
いよいよ始まった「世界フィギュア選手権」。期間中に会場となるバドワイザー・ガーデンズの壁面を使って行われる2D/3Dプロジェクション・ムービーが、昨晩ロンドン市民の皆さんに初公開されました。ロンドン市長のジョーさん、観光局GMのジョンさんの挨拶の後今晩は2度上映され、集まった市民の皆さんから拍手喝采が起こりました。

20130310_181055
これに先立って行われたコミュニティーのスペシャルイベント「LIGHT UP LONDON - Community premiere of The Tree of Light」は、ロンドンが世界フィギュア選手権の会場に選ばれたこと、またこの日を皆で迎えることができたことを共に喜ぶパーティー。私も妻とともにVIPのイベントに招待していただき、ロンドン市民ではないのですがコミュニティーの輪の中に加えてもらい、一緒にお祝いに加わる事ができました。思えば昨年11月に初めてロンドン観光局の皆さんと出会い、それから4ヶ月も経っていたとは。。トロントから通う日々は変わらないものの、すっかり街が気に入ってしまい気分はロンドン市民のようです。

20130310_190436
市民が一丸となって準備を進めて来たことを感謝する観光局GMのジョンさん。世界規模のイベントを成功させるためには、やはりコミュニティーの一致団結が何より。その点でロンドンはとても良くまとまっていて、その力がこうしたイベントの誘致にも大きく有利に働いたことは間違いありません。ジョンさんと食事をしている時に聞いた話ですが、プロジェクション・ムービーは市が全面的に資金援助をするということで始まったのですがその後計画が変わり、資金的に頓挫しかけたところを募金活動で実現にこぎ着けたといういきさつがあったのだそう。彼はこの時沢山の人の名前を読み上げましたが、そうした市民の力があって実現した事を本当に喜んでいました。

20130310_191723

会場に駆けつけた、スケートカナダのプレジデント Benoit Lavoie 氏。世界フィギュア選手権がロンドンに決定するまでの複雑で困難な道のりを説明しながら、最後に決め手になったのは「ロンドンのコミュニティーの結束力」と断言していました。

20130310_192155
コミュニティー・イベント会場の「グランド・シアター」。普段はミュージカル公演が行われる美しい劇場で、100年以上の歴史があるそうです。

20130310_201514
Denise Pelleyさんの美しい歌声に高校生のコーラスグループも加わり、最後はスタンディング・オベーション。

20130310_203336
美しいライティングがされたプロムナードを歩いて、バドワイザー・ガーデンズに向います。

20130310_203559
すでに身動きが取れないほどのロンドン市民の皆さんが集まって、本邦初公開のムービーを待ちわびていました。この日は10度を超える暖かい日で夜も過ごしやすく、絶好のオープニング日和でした。

20130310_203923
右がコベントガーデン・マーケット。ムービーはその前に建てられたやぐらからの投影になります。

20130310_203944
こんな風に座って待つ家族連れも多くみかけました。

20130310_210144
いよいよ始まりました!

20130310_210406
美しい映像が、バドワイザー・ガーデンズに投影されます。

20130310_211031
大会の開催期間中は毎晩行われます。時間はスクリーンの左側に表示されますが、一応午後8時と9時半の2回が予定されています。

この時期ロンドンを訪れる皆さんには、ぜひご覧いただきたいイベントです。
当日撮影したスライドショーもご覧ください。

フルスクリーン版はこちら

2013年3月10日日曜日

Toronto Marlies 残りゲームは20試合!

20130309_170655_01
残り20試合となったAHLレギュラー・シーズン(内ホームでは8試合)。トロント・マーリーズの所属する北地区(西カンファレンス)は、トップを争う3ポイント差に4チームが集まる激戦が繰り広げられています。
昨日は1位のマーリーズが3位のアボッツフォードを迎えての一戦ですが、これまで4回の対戦で1勝3敗とマーリーズはなぜか分が悪い・・・。そして結果はまた負けてしまい、これで1勝4敗。相性悪いんですね・・・

20130309_162301_01
第一ピリオドは先制を許したもののすぐに追いつき同点とし、立て直しをはかった第二ピリオドに立て続けに2点を取られたのが良くなかった。試合の主導権を完全に握られ、さらに4点目を許すと最終ピリオド終了間際のパワープレイで1点を返すのがやっとでした。

20130309_160531
ところで、昨日はWomen's Hokey Day。CWHL(Canadian Women's Hokey League)の「Toronto Furies」に所属している Natalie Spooner、Sami Jo Small、Kori Cheverieの3名がオープニング・ゲストとして登場。彼女たちはカナダのアイスホッケー女子チームとしてかつてのオリンピックで金メダルを獲得したプレーヤーでもあり、会場には子供たちをはじめ多くの女子プレーヤーとみられる人たちが集まっていました。
今シーズンはオープニング・ゲームから試合を見ているので、ゲーム以外にも見えてくることがあります。その一つに、AHLは全国放送のテレビ局が入るNHLと違って「ローカル」に強く結びついたプロ・スポーツの集団であること。こんなふうにローカルな人たちの集客のために、毎試合さまざまな工夫をしているんだなと思うところです。

20130309_181536
例えば、その日にしか手に入らないグッズを先着で配ったり、今日のような「スペシャル・デー」を作って関連の人に呼びかけたり、Peeweeと呼ばれる子供のホッケー・チームを毎試合招待してはゲーム開始のセレモニーに参加させ、その親たちが観戦にやってくる、などなど・・・。もちろんこうしたことはNHLでもやっていることではありますが、「放っておいても人が集まる訳ではない」マーリーズ、こうした工夫を見るのも一つの楽しみです。

20130309_172006_01
20130309_163659 (1)
それにしても、この試合の写真を見なおしてみて改めてゴーリーの凄さに感嘆。上の写真はマーリーズの MacIntyre がゴールを決められちゃった瞬間ですが、最後までパックを目で追っていたんですね。「はっ」という感じでしょうか・・・そして下はアボッツフォードのゴーリー Taylor がマスクの正面でパックを受け止めている瞬間。これは危ない。さすがに目を閉じてますね・・・まさに体を張って最後の一線を守っている男って感じです。

20130309_180927
昨日は5,252名が応援に集まり、ゴール後ろは空席が目立ったもののおおいに盛り上がりました。
今日を含めて3試合をリコーで戦った後にロードに出て、3月末に再びアボッツフォードとの試合が組まれています。次はぜひ勝って欲しいものですが・・・・
http://www.marlies.ca

2013年3月9日土曜日

「世界フィギュア選手権」に向けて最後の準備が進むロンドン

R9244176
いよいよ開催まであと2日となった、世界フィギュア選手権。会場となるロンドン(オンタリオ州)では、最後の準備が進められています。3月11日(月)〜16(土)にバドワイザー・ガーデンズの建物の壁面を使って行われる「Tree of Light」ショーの世界初公開イベントは、明日3月10日(日)午後9時スタート。ショーは2D/3Dマッピングと呼ばれる最新のテクノロジーを使ったムービー。詳細についてはこちらもあわせてご覧ください。

The Moment Factory production will be shown on the south east outside wall of the Budweiser Gardens at the corners of King Street and Talbot in downtown London. Shows will be nightly at 8:00pm and 10:00pm Monday thru Friday and at 8:00pm, 9:30pm and 11:20pm on Saturday, March 16th.

月曜日からの一般公開は上記のプレスリリースにあるように、毎晩2回。最終日の土曜日は3回が予定されています。


昨日(3月9日)現地に行ったところ、バドワイザー・ガーデンズ周辺の交通規制は上記のマップのようにすでに始まっていました。道路に斜線が引かれている所は一般車両の進入が禁止されていますのでご注意ください。周辺は一方通行路もあり、渋滞が予想されます。なお、マーケットの地下駐車場には入る事ができます。

R9244177
R9244181
R9244182
R9244165
バドワイザー・ガーデンズの正面入り口には、大きなバナーが掲げられていて、マーケット正面の仮設テントとショーのためのプロジェクターの設置も終わり、いよいよ本番を待つばかりとなっています。仮設テントは臨時の観光案内所とアート関係のイベント場となる予定です。


R9244143
R9244153
レストランの中には営業時間を延長してオープンするお店もありますが、週末は特に事前予約が安心でしょう。写真はロンドン美術館の中にある「RIVER ROOM」から見たテムズ川。ここは通常ランチのみですが、大会期間中はディナーもオープン。各レストランの詳細は、2013年度版「LOCAL FLAVOUR」という無料の小冊子を観光案内所で配布していますので、入手すると便利です。
なお夏期に行われる有名な噴水も、選手権の開催に合わせて再開されているようです。

20121127_102015
会場正面のマーケットは、選手権の開催時間に合わせて随時延長して営業する模様。状況はその日によって変わるので、現地で確認するのが一番確実な方法かと思います。

R9244171
R9244170
駐車場の位置については下記詳細をご覧ください。なおマーケットの地下駐車場を利用する場合は、入り口で取ったチケットを、マーケット1階の「Ticket Validation」という機械に入れる必要があります。こうすることで平日は30分、週末は2時間が無料になります。市内には駐車場が数はありますが週末は混雑が予想されるため、レストラン同様に週末は早めの行動が良いでしょう。ホテルはすでに期間中は「SOLD OUT」です。
駐車場の情報:http://www.londontourism.ca/userfiles/file/DowntownParking_Skate2013_Web.pdf

R9244185
02
R9244192
R9244191
観光案内所(ダンダスとウエリントンの交差点角)では、無料のマップやガイドブックと共に特製クッキー(5ドル)と公式マスコット人形(15ドル)も限定販売中ですので、ぜひ訪れてみて下さい。クリスティーナさん(写真の女性)がつけている大人用のミトンは、残念ながらすでに売り切れてしまいました。子供用はまだ数個残っています。


最新情報はロンドン観光局の特設ウエブサイト、FBやツイッターに掲載されるので、下記ご参照下さい。
http://www.londontourism.ca/world-figure-skating-2013/