トロント(カナダ)在住20年の筆者が、カナダ国内旅行やトロント市内を中心としたイベントで撮影した写真で綴るブログです。
自己紹介はこちら

2013年2月28日木曜日

ロンドン・グルメ旅(2)


前回ご紹介したのはマーケット内にあるカジュアルなレストランでしたが、今回はそのレストランを探している時に行列ができていたテイクアウトのお店「パイピング・ケトル・スープカンパニー(Piping Kettle Soup Company)」。やっぱり寒い時はスープに限る、と目をつけていたのですがその日はあちこち回らなければならなかったので翌日の午前中に立ち寄りました。

20121127_091928
何と言ってもマーケットの中のスープ屋さん、しかも行列ができているとなれば要チェックですよね。特にロンドンは街の周辺一帯が農場地帯で、地元でとれるフレッシュな素材には事欠きません。マーケットを歩いていても、「ローカル」という文字が踊ります。

20121127_103033
このお店のメニューは簡単で、スープとサンドイッチの2種類からなります。スープメニューを見るとずいぶん沢山ありますが、実際に店頭に並ぶのは「本日のスープ」として10種類くらいだと思います。このガラスケースの右側に小さな黒板があって、毎日のスープが書かれています。
サイズは4種類。この時私はそんなにおなかがすいていなかったのと、サンドイッチも食べたかったのでミディアムのミネストローネを注文しましたが、具材の野菜がゴロゴロたくさん入っていて結構お腹いっぱいになりました。場合によっては一番小さなカップのスモールでも全然オッケーかも。

20121127_103157
同時にサンドイッチも注文。メニューはこちら。サイズは大・小の二種類で小は手のひらに乗るくらいの小さなパンで、種類は5種類(プルド・ポーク、バーベキュー・チキン、コーンビーフ、スモークハム、野菜&チーズ)、トッピングはレタス、トマト、オニオン、ホットペッパー、キュウリで、ソースはマスタードやマヨネーズなど一般的なものになります。この時は「エブリシング(全部入りで)」と聞いてきましたのでそれでお願いしましたが、ノー・オニオンとか言えば抜いてくれます。

20121127_103318 こんな感じでサンドイッチは紙袋に入っていますので、スプーンやらを適当に取ってマーケットの中で食事を済ませてしまいます。

20121127_103526
スープは紙のパックになみなみとたっぷり入っています。あっさりしておいしい味です。

20121127_103642
ご覧の通り、具材がたっぷり。サンドイッチなしでもお腹いっぱいになりそうです。ローカル食材がふんだんに使われていて、健康にも良さそう。特に旅行中は体調のことも考えると、時にはさらりと済ませてしまいたいものですよね。そういった時にはこういうスープ&サンドイッチ系は助かります。

20121127_103720
サンドイッチは「プルド・ポーク」を注文。バーベキューした豚肉をほぐしたもので、北米では一般的。ビールのおつまみにも良いですが、がっつり系のサンドイッチには良く登場するメニューです。写真のようにサンドイッチは小振りですが結構お腹いっぱいになりました。。。

場所はコベントガーデン・マーケット内で、バドワイザー・ガーデンズ側から入ってすぐ左手にあります。営業時間ですが、だいたい午前11時頃から3時頃までという感じでしょうか? 詳細は下記ウエブサイトを参照して下さい。
http://www.pksoup.com

大きな地図で見る

2013年2月27日水曜日

「Split Screen Stereophonic」のこと

20130225_214905
昨年10月以来数回の機会を与えてもらって撮影している、Peggy Baker Dance Projectsの公演「Stereophonic」。 なぜかこのダンス・プロジェクトの主宰者ペギーさんに私の写真が気に入ってもらっていて、「いつでもどうぞ」と言っていただいているのですが・・・こちらもそれなりの覚悟で撮影に臨みたいのでタイミングを考えていた所、先週になって再び今回このプロジェクトに所属するダンサーの森本さんと連絡を取る事があって、公演直前の2回のリハーサルを撮影させてもらうという運びになりました。

20121207_143726
昨年10月に始まった撮影は、トロントのダウンタウンにある「Canada's National Ballet School」5階のスタジオで、今から思えば演目「Stereophonic」のリハーサルのごく初期の段階でした。それから4カ月間が過ぎ、一昨日のテクニカル・リハーサル(照明等細かい確認等をしながら進行する)、昨晩のドレス・リハーサル(本番と同じように進行する)はお隣のダンス・シアター(ジャービスとカールトンの1ブロック北にあるBetty Oliphant Theatre)で本番さながらにおこなわれ、この撮影時になってようやく「こういうものだったのか」と公演の全体像が良く理解できたわけです。リハーサルでは細かなパートを繰り返し確認しながら様々な表現の可能性を追求していることから、特に外側から眺めている私には「部分」の印象が強く、全体構成が見えるのは公演直前になるのは当然のことですね。
それでも今回については、演目のリハーサルのごく初期の頃からレンズを通して見させてもらっていることから、公演直前のリハーサルをその経験の中から見ることができるのは本当に貴重なことと感じながらシャッターを切ったわけです。シアターでの撮影はなかなか厳しいものがありかなり緊張したのですが、これも良い経験でした。

20130225_204649

20130225_211750
プログラム全体としては、前半が3つのソロがあり、休憩を挟んで「Stereophonic」、そして最後がペギーさんのソロです。どの演目も個性的で変化に富んでいて、コンテンポラリー・ダンスに造詣がない私にとっても親しみやすく、難しく考えなくても楽しめるものになっています。音楽やコスチュームも同様に変化に富んでいて、それぞれのアーティストの皆さんの姿が思い浮かびます。

20130225_215754
演目の内容にこまかく踏み込むことは避けますが、最初のソロにはストーリーがあり、二番目のものは見ていて本当に美しく、三番目(森本さん出演)のものは即興音楽を聞きながら踊るというなかなか興味深いものになっています。特に森本さんのダンスは決まった振り付けのはずなのに、音楽が変わることでテクニカル・リハーサルとドレス・リハーサルでは私の目にはまったく違うダンスに見えるところが面白く、その時にだけしか見ることができない「一期一会」となっている点が素晴らしいと思いました。

20130225_230003
「Stereophonic」は2つのスクリーンの前で男女一組のペアがそれぞれ別々に踊るのですが、そのペアの関係性だったり左右のペア同士の関係性などを見ていると、この演目がとてもユニークなものだということを感じます。昨年10月のリハーサルの時には全く違う音楽を使っていて、まだ私の頭の中にはその音楽が流れているのが不思議な感じがします。当然ですが、その時よりダンサーの皆さんの関係性は研ぎすまされていて、本公演を見るのが楽しみです。

20130225_233516
最後の演目はペギーさんのソロ。二つの椅子に対峙する彼女の心の動きが、私には深い悲しみと孤独のなかにそれを乗り越えて行く少しの安らぎが見えるように感じるのですが、いろいろな意味で「孤高」という言葉がいちばんふさわしいのかもしれません。

リハーサルの写真はスライドショーでご覧ください。最初のスライドショーは10月と12月に撮影したスタジオでのリハーサル風景で、続く二つは公演直前のリハーサル風景。写真はすべてペギーさんが選んだ最終版で、最初に撮ったスタジオでの写真はパンフレットやポスターなどに使用されました。昨晩の初日の公演で手にしたパンフレット表紙裏には「Matketing Photography」に私の名前が記載されていましたが、これらの写真がおおいに活躍してくれることを願うばかりです。

機会がありましたら、ぜひ。
私は公演が始まることで撮影が終わってしまったのが、ちょっと残念でもあります。

「Stereophonic」は本日2月27日〜3月3日まで。
http://peggybakerdance.com/upcoming/cities/toronto.html

2013年2月26日火曜日

ロンドン・グルメ旅(1)

20130226_184815
これまでなかなか日本に紹介されることがなかった、オンタリオ州の小都市ロンドン。このブログでも何度か書いていますが(最初のエントリーがこれ。懐かしい・・・)、今回は 旅行者として常に気になる情報のひとつ、お食事(レストラン情報)。出発前にネットで調べてはみたものの特に目立って情報として出てくるものに出会えず、正直に言って昨年11月にこの街を取材するにあたり、この街のレストランに強い興味を持っていたわけではありませんでした。

20121127_102015
しかしその気分が変わったのが、観光案内所で出会ったクリスティーナさん。「ダンダス・ストリート沿いにレストランは沢山あるけど、マーケットにも行ってみるといいですよ」と言ってくれたこと。案内所なので特定の店名を教えてくれることはありませんでしたが、マーケットは取材場所だったので到着してすぐ目についたレストラン「Waldo's on King 」に入ってみました。(営業時間はこちらから:http://www.waldos.on.ca/hours.htm


大きな地図で見る
20121127_102919

お昼前の比較的早い時間だったので私が最初のお客さんでしたが、ウエイターさんは大変フレンドリー。お店もクリーンで、がらんとしていることを除けばなかなか好印象でした。が、そうこうしているうちにランチタイムになり、近所のサラリーマン風の方々がどどっと入ってきてお店はそこそこ埋まって来て一安心。

20121126_115236

20121126_115512

「こっちでメニュー選びに困ったら、Fish & Chipsを注文」というのは、今から20年近く前にニューヨーク生まれの友人に教わった言葉で、カナダの場合「困ったらサーモンかチキン」が定番ですが、メニューを見るとカナダ・オリジナルのプーティン(ポテトフライにグレービーがかかっている食べ物。ケベックから始まったと言われている)があるではないですか。14ドルとちょっと高めでしたが、フォアグラ・ソースという言葉に惹かれて注文してみることにしました。

20121126_120151
「Braised Beef Short Rib Poutine - With foie gras sauce and goat cheese」

まずはじめに、量がちょうど良かったです。北米はとにかく何でも「どっさり」が基本。日本人にとって「ほどよい分量」にお目にかかる事はまずありません。その点でこれは日本人の私にとって、とても良いと感じました。お味はゴート・チーズに賛否が分かれるかと思いますが、ソースに絡めると私には大丈夫なレベルでした。全体的にはビーフシチューのようなとろりとしたソースの上にかるーくポテトフライが乗っている、という感じでしょうか。ワインも注文して、美味しくいただきました。
もしお魚料理ということであれば、エリー湖名産の「パーチのグリル」がオススメ。次回ぜひ試してみたいと考えているメニューです。

20121126_120317

失礼ながら、「なかなかやるじゃないか?」というのが、ロンドン・グルメと私の最初のこうした出会いでした。
観光案内所でいただいた「London's Local Flavour - The 2012 Culinary Guide」にはマップもあり便利だったため必要なところを切り取って1泊2日の取材旅行のお供となり、新版が先日完成したので早速入手しました。

次回は、マーケットでこの時見かけた行列ができるスープ屋さんのことを。。

オンタリオスタイル」のロンドン特集もご覧ください。

AHLアイスホッケーは徐々にシーズンの山場へ

20130223_181509
先週末、ロンドンから帰ってすぐトロント・マーリーズのデーゲームが2試合で行われたので、本拠地のリコーに撮影に行ってきました。シーズン・クレデンシャルという年間の撮影許可証を持っているのですが、今シーズンは早くも17試合目の本拠地での撮影になります。
現在マーリーズの成績は、所属する北ディビジョン(全部でディビジョンと呼ばれる地区は6つあって、それぞれ5チームが所属)で60ポイントを獲得して1位。続くバンクーバーのアボッツフォードが同じく60ポイント、レイク・エリーが59ポイントと猛追撃ですから、まったく予断を許さないデッドヒートが繰り広げてられています。
5チームずつが所属するディビジョンより一つ上のカンファレンスではマーリーズは西地区に所属していて、全15チームの総合順位では、現在3位。プレーオフ進出は各カンファレンスの1位の合計3チームのみが進出できるのですが、マーリーズの60ポイントは進出可能チームの中では最下位の成績。メジャーのリーフスに主力選手を取られてしまっていますから仕方ないとは言え、苦戦の中でなんとか生き残っている、というところでしょうか。

20130224_184453
特にリーフスにけが人が多く出ると即座に控えとして呼ばれてしまうチーム事情を反映して、先日もキャプテンのハミルトンがリーフスへ。マーリーズはキャプテン不在のままの戦いを強いられてしまいました。しかし彼は数試合で戻って来てくれたので、マーリーズとしては万々歳。この辺りがマイナー・チームの難しいところですね。選手の方はできるだけリーフスに長くとどまりたいのが心情。何と言ってもそれが目標ですから。。

20130223_180521
ただ、こういった条件はどこも一緒。昨シーズンのマーリーズはけが人を出しながらもNHLのスタンレー・カップに相当する「カルダー・カップ」最終戦まで勝ち残ったわけですから、指揮を取る今年4年目のヘッド・コーチ、ダラス・アーキンスの今シーズンにも、いよいよ期待したいものです。
「リンクに上がったらすべては選手次第。そこそこのプレーをする選手、良いプレーをする選手が山のようにいる中で私が探しているのは、常にエクセレントなプレーをする選手だ」
カメラマンの私の耳にも痛い話ですが、、、、

20130224_174318_02
撮影していると実感するのですが、得点のチャンスというのは突然に訪れるもので、決まる時はあっという間に決まってしまいます。その瞬間に「エクセレント」な判断とプレーをものにできる者だけが、リンクの上に立ち続ける事ができる世界。そこにプロフェッショナルなアイスホッケーの魅力があるのですね。上の写真はまさにその瞬間のプレー。アシュトンがするするとゴーリーに近づいて行ったと思ったら、あっという間に得点をゲット。私の撮影位置から彼の表情は撮れなかったのですが、パックの位置はバッチリわかりました。

20130224_174318_03
この後彼は倒れ込みながらパックの行く末を見届けます。良ーく見ると足下のプロテクターの下にパックが潜り込んでいるのがかすかにわかりますね。

20130224_174319
パックがゴーリーをすり抜けたことを目で確認し、倒れ込みながらガッツポーズ! 右側では審判がゴールを宣言しています。右手前の影は、私の目の前にいた観客が手を挙げて喜んでいるのが写ったもの。

20130224_174329
そしてチームメートに祝福を受ける、という流れです。

こういうシーンはパックを見てからシャッターを切ると全然遅いので、ただただプレーの流れへの読みと反射神経のみ。こういう写真はカメラマン冥利に尽きます。このすぐ下の写真の場合も同様に、撮影時は一瞬のこと。ほとんど何も見えていませんでしたが、倒れ込みながらパックを追うゴーリーとシュートを決めようとするスティックが交錯していて、結局パックはゴーリーのミットにおさまってしまうという奇跡的なセーブの瞬間をとらえることができました。

20130223_164424_03
本拠地リコーでの試合は残すところ13試合。今年もプレーオフ進出を狙って、最後までこうした激しい戦いが繰り広げられます。

http://www.marlies.ca

2013年2月24日日曜日

トロントの居酒屋で沖縄料理を味わう


トロントとロンドンを往復する毎日ですが、VIA鉄道の車内誌をめくっていると偶然にカナダの居酒屋ブームが見開き2ページで特集されていました。さっと読んだだけだったのですが、バンクーバーから始まった居酒屋ビジネスが、カナダ東部でも成功し始め、トロントを超えてモントリオールや他都市にも出店がはじまっているというような内容でした。
先日の「ざっ串」に行った時に気づいたのですが、お酒の品種も増えている。昔は「月桂冠」といった本当に1つか2つくらいしかなかった日本酒が、今や10種類以上も並んでいます。「居酒屋」というくらいですからお酒のメニューが貧弱では難しいわけですが、オンタリオ州はLCBOという公的な委員会がこの辺のところを管理していて流通にも独特のルールがあるようなので、ビジネスとしても様々な問題を解決しながらの今、というところなのでしょうか。


それにしても、トロントで沖縄料理を味わえるとは思わなかった。


先日の「ざっ串」に行った後に2軒目で立ち寄ったリトルイタリーの居酒屋「りょう次」(ざっ串についてはこちらをどうぞ)。開店早々に息子が行った時には自慢の沖縄料理が品切れでラーメンだけ食べて帰って来たというので、せっかく一緒に出ているのだから食べられなかったものを食べに行こう、ということになりました。
念のためお店に電話をすると、「席はそこそこ空いているから大丈夫」と言われて着いてみるとほぼ満員。息子が電話で名前を言ってあったのか、すぐ席に通してくれました。見ると4人以上のグループが多かったですね。我々は2人だったので、テーブルが見つけやすかったのかもしれません。そして日曜の夜8時過ぎの忙しい時間帯でしたが、注文するとさっさと出て来て嬉しかったです。


ミミガー


ゴーヤチャンプルー


こう来れば「泡盛」ということなんでしょうが、この日は日本酒のマルガリータを。二人でこれらをつまみながら飲んで30ドルちょっと。2軒目としては優秀でしょう。焼き鳥で腹ごしらえをして、沖縄料理で〆。まるで日本にいるみたいです。(今回も写真はiPhoneで撮ったのでアレですが・・・)

いやいやトロントの日本食、本当に豊かになりました。そしてどれも本格的。
家からもそんなに遠くないので、次回はストリートカーで来てゆっくり飲みたいところです。

居酒屋りょう次:
https://www.facebook.com/RyojiofCanadaInc

2013年2月22日金曜日

「バドワイザー・ガーデンズ」でプロ・バスケットボール!

20130221_213735
再びロンドン(オンタリオ州)で街の取材やら撮影をしています。個人的にとても気に入ったことから始まったロンドン通いなんですが、何の関わりもない私でも人から人へとつなげてもらって行くうちに、ロンドンの街はコミュニティーが良くまとまっているという実感を強くしているところです。

20130221_194124
今回の撮影は「ロンドン・ライトニングス(London Lightnings)」。
彼らは、カナダのプロ国内リーグNBLカナダ(National Basketball League of Canada)に所属するチームで、2011年5月に正式発足したリーグは、昨シーズンは7チーム(Saint John Mill Rats、Halifax Rainmen、Quebec Kebs、London Lightning、Moncton Miracles、Oshawa Power、Summerside Storm)が36試合を行い、ライトニングスがNBLカナダの最初のシーズンで優勝を飾りました。

20130221_185655

20130221_185948

ライトニングスの本拠地は、もちろん「Budweiser Gardens」。前回のアイスホッケーとはまた違ったレイアウトで、アイスリンクの上には覆いがかけられ、コートの周りにはずらりと椅子が並んでいました。この辺はNBAとまったく同じ雰囲気です。

20130221_202752
現在のライトニングスの登録メンバーは12名(カナダ出身が3名で残りはすべてアメリカ出身者)。この日は「Windsor Express」戦。撮影のためにライトニングスから許可をもらって、ゴールななめ下のコートと観客席の間の床に座っての撮影だったこともありますが、プレーはすごい迫力。いやいやビックリしました。

20130221_205549

20130221_212519_01

20130221_215418

20130221_220041_01

ピリオドの間に登場するエンタテイメントで光っていたこの女性たち。元気なダンスで会場を盛り上げていました。試合自体は素晴らしいわけですが、これに加えて様々なエンタテイメント性を持たせるところがプロらしいですね。でもどことなくアットホームというか、微笑ましいところがロンドンらしいと感じました。
20130221_214749

今回も午後にお目にかかった方々と、この日のバスケットボールの試合の話題が出た時にも、「ライトニングスの試合はとても面白いわよ」とオススメされる感じがいいというか、街に根ざしたプロチームという雰囲気がとても良く出ていてロンドンのプロスポーツの市民との位置関係が良くわかったのでした。
ものすごいスタープレーヤーを観に行く、というよりも「より親しみを持ってゲームそのものを楽しみにでかける」という感覚ですね。それともう一つ、社交場としての役割も果たしているのではないかと感じます。結局この日もゴール後ろは多少空席がありましたが、それ以外はほぼ満員。子供たち、家族連れも多く、なかなかの人気です
20130221_221540

20130221_201411

今シーズンもこれまで28勝4敗と絶好調のライトニングス。レギュラーシーズンは残すところあと8試合。ホームゲームは明日土曜日と2月28日(木)、3月2日(土)のみ。このまま行けば、2年連続リーグ優勝も現実味を帯びてきます。
20130221_220140

チームの詳細やチケット情報については、下記ウエブサイトをご確認ください。
http://lightningbasketball.ca/