トロント(カナダ)在住20年の筆者が、カナダ国内旅行やトロント市内を中心としたイベントで撮影した写真で綴るブログです。
自己紹介はこちら

2013年1月28日月曜日

格安で、トロントからVIA鉄道の旅はいかが?



旅情たっぷりの、鉄道の旅。時間はかかるけれども、私は好きです。普段住むトロントはクルマが移動手段の中心ですから、一般的には5〜6時間の旅だとハイウエイを使うのが当たり前で、時間を節約したいなら飛行機を使います。それでも近年徐々に鉄道が見直されて来ているのも事実。その一つに、運賃の安さが挙げられます。

東の起点はユニオン駅



カナダの長距離旅客鉄道は「VIA鉄道(VIA RAIL)」(http://www.viarail.ca)1社のみ。トロントの出発点はもちろんダウンタウンの「ユニオン駅」になります。

ここはトロントの交通ハブとして地下鉄、ストリートカー、バス、近郊都市を結ぶ快速列車が乗り入れ、週日はピアソン国際空港より多い毎日20万人が利用することで有名ですが、VIA鉄道を使う乗客の約半分がこの駅を利用しているのだそうです。

主な行き先

長距離のVIA鉄道は、コリドーと呼ぶ路線が乗り入れています。主な行き先は以下の通りで、大変充実しています。()内はトロントからの所要時間

1)モントリオール行き(5〜6時間)
2)ケベックシティ(モントリオールからさらに3時間)
3)オタワ(5時間弱)
4)キングストン(約2時間)
5)ロンドン(約2時間)
6)ウインザー(約4時間)
7)ナイアガラ(約2時間)

所要時間はハイウエイを使った車の運転時間とほぼ一緒で、ガソリン代の節約に加えて何と言ってものんびりシートに座って目的地に着くことを考えると「旅情」以外に鉄道の旅も捨てがたいものがあります。

VIA鉄道の安いチケットの入手法

コリドーの料金体系は以下のの3種類となっています。

エスケープ(ESCAPE)
エコノミー(ECONOMY)
ビジネス(BUSINESS)

エスケープはエコノミーの一部の座席を料金を下げて乗りやする最安値のチケットですが、座席とサービスはエコノミーと一緒です。最安値のエスケープ料金は時期によって変動しますから、早ければ早いほど安いチケットを手に入れることができます。数に限りがありますから、売り切れてしまうことが多く、早めの予約が必要です。公式ウエブサイトあるいはアプリから買うことができます。

複数回乗るなら周遊券がお得

上記7箇所を周遊して旅をするなら、キャンレイルパスが断然お得です。このパスは、変動するエスケープ料金で乗車ができる回数券と考えて良いものです。7回分のパスを買うと、トロント→オタワ→モントリオール→ケベックシティ→モントリオール→トロント→ナイアガラ→トロントまでの全行程を300ドル程度で行けてしまいます。この場合、乗車時には1回ずつエコノミーで予約を入れることになり、空席があることが条件です。買った時にもらう番号コードを入れると、表示上のエコノミー料金が高くてもパスを買った時の最安値で予約を済ませることができます。

この辺のところについては「VIA鉄道のCANRAIL PASS」で書いていますので参照してください。

ウエブとアプリも便利

予約はウエブ、専用アプリ、駅で行えますし、列車が出発する前でしたら変更も可能です。特にアプリとスマホあるいは Apple Watch を組み合わせると大変便利です。詳しくは、VIA鉄道の電子チケット活用法を参照してください。