トロント(カナダ)在住20年の筆者が、カナダ国内旅行やトロント市内を中心としたイベントで撮影した写真で綴るブログです。
自己紹介はこちら

2012年12月23日日曜日

フィッシュアイ・レンズでアイスホッケーを撮る

R9243511
久しぶりにとあるレンズを借りるために、NPSサービスのあるニコン・カナダのオフィスに行ってきました。今回使いたいと思ったのはフィッシュアイ(魚眼)と呼ばれるレンズ。超広角レンズの一種で、広いエリアを一発で撮影できるのが特徴。このレンズは買ってしまいたいと思っているんですが、せっかくなのでこの年末年始の撮影にまずは使ってみてから購入を考えようと、買うのはとりあえず踏みとどまったわけです。。。

手持ちの魚眼レンズはシグマの全周魚眼。これは本当にまんまるに写るんですね。今回借りたレンズAi AF Fisheye-Nikkor 16mm f/2.8Dは対角魚眼レンズで、同じ魚眼でもタイプが違うものです。この場合まんまるにはならないんですけど円形に歪む効果がドラマチックな画を作り出します。

20121222_155958
早速昨晩行われたリコー・コロシアムで行われたアイスホッケーの今年の〆の試合に持って行きました。マーリーズを撮るのは今シーズンこれで10試合目。まあマンネリにもなるのでイロイロとレンズを変えてみるのもいいかな、と。まずはリンクをななめ横から。

20121222_160822
こちらは正面から。今日はマーリーズとアイス・キャップスの両軍はカナダチームなので、大きなカナダ国旗が登場。

20121222_155408
ここが仕事場。リコー・コロシアムでのリンクサイドでの撮影は、ここ一カ所のみで、今シーズンから強化ガラスにフォトホールが切られています。

20121222_174610

20121222_182935
超広角なので、こういう撮り方だと多少トリミングをしてもまだまだ広角感が残りますね〜

20121222_183353
試合中も使ってみました。劣勢に立たされたアイスキャップス、第三ピリオドの最後にゴーリーを下げて総攻撃もマーリーズの反撃に会い、エンプティー・ネットにゴールを入れられた瞬間。

20121222_190016
オマケ。CNタワーの夜景。クリスマス・カラーですね。ちなみにカメラはすべてD700です。

実際使ってみると、それはまたイメージが湧いてきて、新しい撮り方なんかを考える事が出来るのがおもしろいところですね。撮影の可能性が広がるのはいいコトです。年始まで借りているので、イロイロと使ってみようと思いますがやっぱり欲しいな、このレンズ。。。

マーリーズはボクシング・デーの26日(水)、午後1時から宿敵ハミルトン・ブルドッグスと年一度、アイスホッケーの殿堂ACC(エアカナダ・センター)での一戦を控え、現在絶好調。楽しみです〜