トロント(カナダ)在住20年の筆者が、カナダ国内旅行やトロント市内を中心としたイベントで撮影した写真で綴るブログです。
自己紹介はこちら

2012年11月29日木曜日

「Famous People Players」という劇団のこと

20121128_215007
昨晩はトロント観光局の関係で、トロントにある知的障害をもつ人々が劇団を結成して30年以上にわたりショーを行っている「Famous People Players」に撮影に行ってきました。撮影には特別な許可が必要でしたが、観光局の担当の方の計らいと、劇団の創立者のダイアンさんの好意で、実現したものです。

この劇団の名前を最初に聞いた時になぜか懐かしい思いがしたのが不思議で、ずっと考えていたのですが、会場について手渡された本を見て「あっ!」と思い出しました。私がカナダに来て最初に勤めた「ジャパン・コミュニケーションズ」という日系の会社の本棚の中にあって、「THROW YOUR HEART OVER THE FENCE」という英文の書籍が和訳されたことを社長さんから直接説明され、何度か手に取ったものでした。印刷は1998年とありますから、私がこの会社に勤め始める直前に完成したもののようです。

当時のトロントの印刷事情というのは、まだまだコンピュータ化がされていない時代で、ようやくワープロからパソコンへと移行する事に伴い、カナダでも本格的な日本語印刷ができる下準備ができた時だったと記憶しています。そんな中でこの会社の社長さんはかなり高価な投資をして、当時カナダで初の「モリサワ5書体」をライノに入れ、フィルムから日本語の版を起こして本格的な日本語印刷をトロントで実現させた、いわゆる先駆者だったわけです。当時この会社は本業の翻訳の他に実に様々なことを手広くやっていて、そんなことからこういう出版に関わることにもなったのだと想像します。

20121128_224416

1998-9年頃に縁があってこの会社にお世話になるのですが、英語もままならなかった当時の私が、電話番をしたり当時「アーツハウス」といってスパダイナとリッチモンドの交差点近くの製版会社に「トラブル対応」で送り込まれていたことを懐かしく思い出します。というのも、デザイナーは皆忙しいし、私は印刷に関しては全く役に立たない素人ですがパソコンにはちょっと詳しかった。それがちょうど良かったのでしょうか。。ちょとしたフォントのエラーが出ると一枚50ドルくらいだったか、結構なコストがかかるフィルムを出し直さなければならなかったのですね。さらにここでエラーを見逃すと、「フジプルーフ」といって、クライアントに見せるとっても高価な校正紙(一枚300ドルくらいしたと記憶していますが)も無駄にするという、恐ろしい状況だったわけです。それ以上に、常にギリギリの状態で進んだスケジュールでは一つのエラーも命取り。締め切りに間に合わないという悪夢が待っていた訳です。

そんなわけで、入社してしばらくすると、当時QuarkXpressで作られたデータの出力エラーが出ないように、また出てしまった時にすぐに直してその場でとにかく版を作れるデータに修復する、という今思うとなんでそんな事を素人の私がやっていたのだろうかと思うような事を、見よう見まねでできるようになってしまったわけです。

ページを開くと、今見てもしっかりと組まれた版とクリアなフォントが、どれだけの苦労があってトロントで実現したのかと思います。一番最後のページに「トロントで印刷、製本された」というひとことがなぜ書き加えられているのか、という意味を思う訳です。

20121128_214733 そんなことを思い出しながら、今はカメラマンとしてショーの撮影を終え、コーヒーを飲みながら担当の方と話す時間がありました。時の流れを思いながら、私は「30年以上毎日こうしたショーが続けられてきた、そのことが凄いと思います」という言葉を、思わず口にしました。

この劇団のレポートについては、トロント観光局のブログに書きましたので、そちらをご覧下さい。
いや、本当に懐かしい思い出です・・・そして、こんなに長い時間をかけてようやくここにたどり着くという奇遇に感謝。
http://www.torontotu-rizumu.jp/?p=761

2012年11月28日水曜日

おそるべし、ロンドン!

20121127_063908
「ロンドン」と言えば間違いなくイギリスのロンドンなんですが(そおいえば昔そんなコマーシャルがありましたっけね?)、最近にわかに脚光を浴びているのが、「カナダのロンドン」。ちょっと紛らわしいんですけど、トロントからハイウエイで3時間弱のところにある人口40万の小都市で、来年3月には「World Figure Skating Championships」と呼ばれるフィギュアスケートの世界大会が市内の「Budwiser Gardens」で開催予定。今、注目の街です。

先月ウインザーにスケート・カナダが主催するフィギュアスケートの国際大会を撮影に行ったのですが(一部はトロントのウエブ新聞e-nikkaに掲載)、それが広がりを見せて、まもなくオンタリオ州観光局の「オンタリオ・スタイル(http://www.ontariostyle.com/)」というウエブサイトにロンドンについての記事が掲載される予定で、一昨日は進まない筆を無理矢理進めるために現地入り。上の写真はホテルで原稿を書いている所です。このホテルが面白くて、一部が昔のお城というか要塞になっているものをそのまま使っているという外観。気分も盛り上がりますねぇ・・

20121126_130247
とにかく日本語情報が少ない「ロンドン」。それでも公式ウエブサイト(英語)がとても良く出来ていて、かなり当たりがついた状態で取材&撮影が進み、たまたま車を走らせて見つけた「ラバット・ビール直売所(!)」で聞き込んだ情報を元に、由緒正しいカナディアン・ビール工場のツアーに潜入。これがなかなか面白かったです。

20121127_123651_01
本家同様「テムズ川」もあるロンドン。これはその川岸に立つ美術館のレストランで、その名も「RIVER ROOM」。とっても見晴らしの良いレストランで、仔牛のカツレツと白ワイン(何故か・・・)を注文。お野菜タップリでカツレツもふんわり柔らかく焼いてあり、美味。実はいくつものレストランに入ったのですが、これがどこも美味しい。

その他、イロイロと不思議あり興味津々のロンドン、レポートが完成しましたらまたご紹介しますね。

カナダのロンドン、恐るべし。

2012年11月25日日曜日

カジュアルイタリアン「OSTERIA」

R9243347
最近のマイブーム、「ワイン飲み」。トロントに戻ってきて再開ですが、先日はカジュアルなイタリアンで人気の「OSTERIA cicerietria」へ。遠くのお店もいいんですけど最近イロイロおっくうになってきて、徒歩で行けるところ中心ということで、家からトコトコ歩いて行ってきました。

R9243307
ここは5種類のアペタイザーとワインが基本で、
 FIVE ANTIPASTI(5種のアペタイザー)
 FIVE ANTIPASTI + PRIMO(アペタイザーにパスタ)
 FIVE ANTIPASTI + SECONDO(アペタイザーに肉料理)
 FIVE ANTIPASTI + PRIMO + SECONDO(アペタイザーにパスタと肉料理)
こんな感じになってまして、

R9243331
こんな風に出てくる訳ですが・・・・これは毎日変わるようなので。。

実はメニューを見た時に「BURATTA」というチーズがあることを発見。本当はこれメインでイワシのフリッター+ワインがいいかな、と。。。結局全部(FIVE ANTIPASTIとPRIMO)頼んじゃったんですけどね。ここは注文は一回だけ。追加注文が出来ないんですって。ウエイトレスさんがワタシを見て「後からお腹空いても注文出来ないのよ」っていう顔してましたから・・

R9243320
これが「BURATTA」。イタリア直送のもので、ダブル・モッツァレラ(クリーミーなモッツァレラをモッツァレラで茶巾のようにくるんである)という変わったチーズ。これは美味しかったです〜

R9243322
バジルと付け合わせのトマトと食べると、さらに美味。

R9243310
白ワインと合わせて。ここはグラスは5オンス/ハーフ/フルの3種類から選べます。陶器のピッチャーのようなもので出てきて、5オンスは小振りなグラスに約2杯。ハーフは2人でそれぞれ3杯弱。
そうですねー、「BURATTA」が旨かった。という印象です。

詳細は:http://osteriacicerietria.com/

2012年11月21日水曜日

最近のRICOH GXRの話題(Ver2)


RICOH GXRのユニットとして販売されているA12 MOUNT。新宿の「MAP CAMERA」にふらりと入ったところ、中古で一台だけ出ていたのを見て衝動買いをしてしまいました・・・前から欲しいとは思っていたのですが、このユニットは「MOUNT」という名前だけに、これ単体では役に立たたず、別売りのライカ用レンズも購入が必要とあってなかなか手がでなかったのです。
GXRの話題まとめ
このマウントを使って風景を撮った編はこちらから
A12マウントを使ってムービーを撮ってみた編はこちらから
A12/50mmを使って自然を撮ってみた編はこちらから
GXRのマウントの売り場はコンパクトデジカメのフロア。レンズの売り場はちょっとだけ離れた別なビルのライカの中古を扱っている地下フロアの売り場。マウントを買った後に早速そちらに移動し、売り場の方のオススメを聞き「Voigtlander NOKTON Classic 35mm F1.4」を購入。まずはどんな感じか試してみることにしました。

カメラロール-66
このあと数回このフロアに足を運ぶ事になったのは、分かっていたこととはいえ自分でも意外でしたが・・・理由を考えるに、写りの良いA12ユニット(GR Lens)を好んでスナップ撮影に使っているうちに、「もっとレンズのバリエーションがあれば・・・」という欲求が強かったということでしょうか。
仕事に使っているカメラはNikon D3Sという一眼レフに重量級の70-200mm/14-70mmズーム、加えてスポーツ撮影に300mm単焦点などを使うようになり、よりシビアな感じで自分の撮る写真を見るようになったことも影響して、スナップ撮影も画質にこだわりたいという気持ちが強くなっていたタイミングだったのかもしれません。
余談ですが、AF-S 200mmか300mmかを散々迷ったあげく、新たなレンズとして選んだのは200mmの方で、Nikonの手持ちレンズもグレードが一つ上がった感じです。

20121121_233531
確かにレンズのついてないユニットをGXRのボディーにつけると、普段Nikonで慣れ親む「レンズ交換」という感覚がGXRで実現することに、ちょっとした安心感と可能性が広がる感覚があるのは事実です。(一応)プロとして写真で生活をするようになると普段使いのカメラも「写り」優先となりますが、それだけではつまらないので「遊びココロ」も欲しいところ。

20121121_233835
このマウントにつけられるライカ・マウントのレンズは本家ライカ製を始めピンキリですが、上をみれば高価。GXRでの表現が広がることは歓迎すべき事ですが、レンズをどうするかについては悩みどころです。。このことを考えていると、結局GXRで何が撮りたいのかということを考えることになり、その辺のプロセスも楽しめます。

20121121_233935
それはそうと、マウントを通じてGXRにレンズを装着する時の「カチッ」とした感じは好きです。

20121121_234000
レンズには絞りとピントリングがついています。二つのリングをまわして撮影することになりますが、この辺はオートにない「カメラ本体を操る感覚」がグッド。一枚の写真をより時間をかけて撮るようになりました。

20121121_234135
EVFをつけるとピント合わせが直感的にできるようになるようです。もともとGXRは手に持った時の「ずっしり感」がお気に入りでしたが、オールドレンズになるとさらに増感。カメラを値段や機能で選ぶのは当然のことですが、私はどちらかというと「重さ」とか「持った感じ」、「撮った感じ」を重視するタイプのようです。シャッターを切った時の乾いた音が、なかなかいい感じです。

カメラロール-83
装着してみたところを手持ちのiPad miniで早速パチリ。翌日に訪れたレストランでの食事の際に使ってみました。オートフォーカスに慣れた私には、マニュアルの感覚をつかむのに戸惑いがありました。ちょうど遠近両用の眼鏡を新調したばかりで、自分の視線の問題もあったと思います。それでも絞りのリングを動かすにつれてボケが変わって行くのが見えるのが楽しくて、(飲みながら)練習も兼ねて沢山失敗写真を撮りながら、感覚を楽しむという感じでしょうか。

20121107_233505
まずはお店の外観から。白黒写真が新鮮で、最初はすべてB/Wモードで。 20121107_231950
この段階でちょっとした問題発覚。70cmというのは、こういったシチュエーションではかなりキビシいということが判明。 20121109_055445
20年ぶりに訪れた銀座萬幅。

20121109_052556
店内に入り、ハイボールを飲みながらパチリ。餃子にピントが合わない・・・レンズの仕様とはいえ、チョット物足りないですねぇ・・

20121109_053547
ピントを合わせるためには、自分自身がちょっと引かないと・・・それでも全体的に間延びした感じがしちゃいますね。。

20121109_012443
しかし、こういう画角では実力発揮。

20121104_064804
夜景も手持ちで何とかバッチリ。それにしても、もうチョット寄りたいですよね〜。というわけで、再び新宿のアノお店に舞い戻り〜。。。

20121121_234501
20121121_234454
早速レンズ問題とは関係のないオリジナル・フードがあるかどうかをチェック・・・こういうグッズが揃ってくると、かなりテンションがアップします。妻からは「オタク」呼ばわりされていますが、、、

20121106_230831
さて、本題。レンズのショーケースを眺めながら「難しいリクエストかもしれませんが、もうチョット寄れるレンズは・・・」と相談した所、「あります!」と。。。

20121123_041308
出て来たレンズがこれ。ニコン製「NIKKOR-H・C 5cm F2」。5cm というのは50mmレンズのことですね。

20121123_041328
ひじょーにコンパクト。持つと小ささにビックリ。意外にズッシリした重みがあって、メカ感もバッチリ。

20121123_041441
外観は全体的にスレがある感じですが、レンズはキレイでグッド。ただ一つ問題があって、、、

20121123_041504
マウントがスクリュータイプで、このままではGXRにつかない。「しかしこれは解決出来ます」と店員さん。

20121123_041526
Voigtlander製アダプターが出てきました。

20121123_041552
こうやってレンズにつければ大丈夫。

20121123_041706
早速GXRに装着してみると、なんとカッコいいじゃないですか〜。実はこの段階で「写りがどうのこうの」というよりこの外観に一目惚れしてしまい〜。購入決定!

20121123_041815
「このレンズの面白いところは・・・」と店員さん。「このピントリングについているポッチを使って回して行くと、一回クッと止まるところがあるのですね。これが70cm。そこからクイっとさらに回すと、さらにスーッとリングが回ってさらに20cm寄れる、と。非常に面白いレンズで、私もこれでかなり楽しませていただきました」と店員さん。。もうこのレンズの虜です。

かくして、2本目のレンズを実戦配備。。結果は以下をご覧下さい。 20121110_050233
食べるラー油で有名なお店「人形町/菜心」でお食事。まずは紹興酒をボトルで。

20121110_050948
ここはラー油ばかりが有名になっちゃってますが、実は料理が旨いんですよ。とはいえ、これでは料理の美味しさがチョット伝わりにくいというので、カラーに変更。RAWモードで撮っていると白黒はJPGのみで、RAWはカラーで保存されていることを発見。

R9242799
R9242801
ピータン豆腐。

R9242804
イカげそ揚げ。

R9242812
お魚あんかけ。

R9242810
なんと言ってもこの店のイチオシは、陽気なおかみさんが作る「手作り餃子」! しかしこのレンズ、良く写りますねぇ。。。

R9242659
お次のお店でも、このレンズは大活躍。まずはシーバスリーガル、ダブル。この日はビール2杯のあとに、このおいしいウイスキーをいただきました。

R9242657
仕上げの、ステーキ。 20121115_084247
クリスマスツリーのオーナメント(箱崎/ROYAL PARK HOTELで)。

R9242640
別な日に行った中華料理店で飲んだ、桂花陳酒の赤と白。桂花陳酒に赤があるということは聞いていたのですが、飲むのは初めてでした。ここでも飲みながらパチリ。

R9242636
中華前菜盛り合わせ。

R9242635
実は最初に紹興酒の熱燗を少々飲んでから食事をして、最後に桂花陳酒という流れでした。(赤坂見附/維新號で)

20121106_043724
この日は銀座の路地裏の釜飯屋さんで、ハイボールを飲みながらパチリ。

20121106_051430
焼き鳥をイロイロ。

20121106_053915
締めは釜飯。(銀座/鳥ぎん)

20121106_060002
銀座で食事をしたら必ず立ち寄る「WEST」でコーヒー。

20121106_060341
定番のシュークリーム〜

R9243024
新橋「本陣房」。

R9243014
白子ポン酢。

R9243023
ここは「田舎そば」が旨い店です。

とまあ、レンズというのは持ち主との相性があると言いますが、私の場合はこのレンズは「常用」レベル。とても良いものを紹介していただきました。
よくよくこのレンズのことを調べて行くと、ニコンが戦後、民間企業としての活路を見出して行く時に重要な役割を果たしたものの一つであるということが判明。(詳しくはニコンのサイト「ニッコール千夜一夜物語」を参照)レンズの持っているストーリーと合わせて、所有欲を満足させる逸品との出会いでした。

このマウントを使って風景を撮った編はこちらからどうぞ。