トロント(カナダ)在住20年の筆者が、カナダ国内旅行やトロント市内を中心としたイベントで撮影した写真で綴るブログです。
自己紹介はこちら

2012年9月10日月曜日

秋のアンティーク・マーケット

Untitled
トロントはそろそろ秋ですね〜朝晩が涼しくなってきました。日中も日によると20度を切っていますから、薄手のフリースが必要になっています。考えてみればもう9月も中旬になろとするわけですから、一年が過ぎるのは早いものです。夏休みが終わり学校も新学期が始まり、まもなく秋=紅葉の季節になりますね〜

先日はぽっかり日程が空いたので、トロントから2時間くらいかかるハミルトンで、年に2度(5月と9月/次は来年5月25日 詳細はhttp://www.christieantiqueshow.ca)に行われるアンティークショー「CHRISTIE ANTIQUE SHOW」に行ってきました。ダウンタウンでアンティークを探すとなると、セントローレンス・マーケットで毎週日曜日に行われているアンティーク・マーケットか、キングにあるアンティークのお店を回ることになりますがここはカナダ、ちょっと車を走らせるとスケールが大きなことになります。

Untitled
ここは湖のあるコンサベーション・エリアをこの日だけアンティーク会場にして、ベンダーさんが自慢のアンティークを持ち込むスタイル。規模は大きく約300店舗がずらりと並んでいます。さっと見るとやはり食器/アクセサリー類が多く、続いて家具や置物などを扱うお店が軒を連ねています。

Untitled
詳しくない私などはどれも「?」な感じに見えるのですが、見る人が見ると場合によってはお宝発見、ということにもなるようで・・・その辺がこの手のアンティーク・ショーの醍醐味なのですね。

Untitled
かく言う私も、何気なく手に取った「TIM HORTONS」のカップが創業当時のものだったらしく、知らずに現地で$10で手に入れた後ネットで調べたらその5倍の値段で取引されるものだとか・・・ビギナーズ・ラックですね〜

Untitled
実はこの日の隠しテーマというのがありまして・・・実は写真はすべてiPhoneで撮ったもの。iPhoneに取り付けるレンズについてネットで色々と探していて見つけた「iPro Lens System」。これを試したくて、この日の朝Vistekというカメラ屋で入手したものです。これが面白い。

Untitled
付属品は、iPhoneにレンズをつけるためのネジが切ってあるカバーと、

Untitled
こんな形をしたレンズが入ったホルダー。これは三脚につなげる時のアタッチメントにもなります。

Untitled
レンズケースを開くと、中から2種類(広角/魚眼)のレンズが出てきます。

Untitled
非常に小さいけれども性能は良いようです。

Untitled
全部バラすとこんな感じ。なくさないようにしないといけませんね〜

20120909_123640
レンズはこんな感じでiPhoneにつけます(iPhone4/4S用)。

Untitled
例えばフツーにiPhoneで撮ると、こんな感じになりますが、広角をつけて撮ってみると・・・

Untitled
こうなります。かなり広角! 
まあチョットだけマニアックですが、イロイロと試してみたいこともあるので、しばらくiPhoneでの投稿が増えるかもしれません。。。