トロント(カナダ)在住20年の筆者が、カナダ国内旅行やトロント市内を中心としたイベントで撮影した写真で綴るブログです。
自己紹介はこちら

2012年8月19日日曜日

粘投のダルビッシュ&CNE、、、夏の終わり?


トロント、涼しくなってきましたね〜まだまだバタバタしています。。。
ダルビッシュ投手が先週金曜日に再びトロントに来ました。。今回はラッキーにも(仕事ですが・・・)カメラマン席に入れましたんで撮らせてもらいましたが、粘投でしたね。。。負けちゃいましたけど・・・


これがもらえたので・・・・


こういうところから入り・・・・


こういうところに入り、撮影でした。当たり前ですが、まったく景色が違うんですねぇ・・

20120817_171527
20120817_163312_02
練習風景も絵になります。

20120817_191822
この写真は一回の裏、結果的にこの日の試合を決定づけたToronto Bluejaysの3番Encarnacion選手がダルビッシュ投手の投げた3球目をレフトスタンドに打ち込んだ瞬間。この時、ほぼ全員のカメラマンがダルビッシュ投手の正面の投球フォームを撮るために反対側のカメラマン席にいたので、この角度でホームランの瞬間を捉えたのは私だけです(たぶん)。

20120817_191725
これはホームランを打つ直前の2球目のストレート。これを見る限りでは、この打席は見切られていたようですねぇ・・・

20120817_191823
家に帰って読んだ報道では「甘いスライダー」と言われていましたね。。確かにSportsnetでリプレイを見ると、真ん中から外へのスライダーが高めに浮いた所をジャストミートに見えましたが、写真で見るとボールが当ったのはバットのかなり先っぽでした・・これでスタンドまで運ぶんですからすごいパワー、驚きです。

20120817_191827
それ以上に驚いたのは、ホームランを打っても「別に・・・」という感じで表情一つ変えずにダイアモンドを一周するエンカーネシオン選手の姿。

20120817_191837
ダルビッシュ投手、「あの球は打たれて当然」と思っていたのでしょうか? 想像ですがちょっとうなだれた感じが「失投」を思わせます。。この辺の勝負の感じは、現場でシャッターを切っていてもシビレる瞬間ですねぇ、、、

20120817_191831
後ろ姿がカッコいい・・・・

20120817_192905
レンジャーズ側のダッグアウト隣にいたので、毎回ダルビッシュ投手がマウンドに上がる後ろ姿を見送っていました。

20120817_203058_03
結局この日のダルビッシュ投手は8回裏で交代、7回を投げきって114球(うちストライクは71球)、打者26人に対して3安打10奪三振と、投球内容は立派だったと思います。

20120817_203338
味方の援護がもう少しあれば・・・

20120817_184409
入場者数は26,816人、ブルージェイズの現在の状態からすれば良く入ったのでしょうけど、ちょっと寂しかったですね。。

それと、CNEが始まりましたね〜 今年はアイスショーがすごくいいですよ!(詳細は後ほど追加で書きます、、、)