トロント(カナダ)在住20年の筆者が、カナダ国内旅行やトロント市内を中心としたイベントで撮影した写真で綴るブログです。
自己紹介はこちら

2012年7月19日木曜日

ちょっと息抜きにアンティーク巡り

20120715_103908
写真撮って原稿書いて、の毎日。今週は火曜日にカリビアン・カーニバルのオープニングがトロント市庁舎前であって、明日からはビーチ・ジャズフェスティバルが始まります〜。ビーチの公園(Woodbine Park / KEW Gardens)とストリートを会場に、ローカルのバンドがたくさん出るジャズ・フェスなので、個人的に好きで毎年行っているのですが、今年は仕事で撮影に行くことになりました。(くわしくはこちらをどうぞ
そして土曜日は別な撮影でお昼と夜の二連チャンの撮影、大丈夫でしょうかね??

そんなこんながありつつ・・・たまには息抜きもと思い、先日は小雨の中をドライブがてらトロントから車で一時間弱、「Aberfoyle Antique Market」に行ってきました。といっても妻のつきあいなんですがね・・・

20120715_102500
ここは「カナダで最も古いアンティークマーケット」というふれこみなんですが・・・4月最後の日曜日から10月最後の日曜日まで、毎週オープンです。

20120715_102632
駐車場は野原にとめる、という感じですね。到着時はけっこうな雨雲で。屋外のマーケットなので「雨が降ったらどうする?」と思いますが、ビニールシートをかぶせたりして、雨でもやるんだそうです。なるほど・・・

20120715_102736
入場料があります。入り口のお姉さんがかわいかった・・・

20120715_105918
まるでキャンプ場のような敷地です。何も買わなくても、散歩にいいかも、ですね。

20120715_110115
こんな感じで、アンティークというか古いものがわんさか。見る人が見れば欲しいものが沢山あるんでしょうね。。

20120715_103908
私自身はそんなにアンティークに興味があるわけではないですが、まあ見ていれば欲しくなるものもあるかな、という感じで。。。見つけちゃいました「Swanky Swigs」。

20120715_104158
お店のキャロルさんと話していたらこんな本を出して来て、もともとこのグラスは「クラフト社」のクリームチーズなどを入れて売っていた入れ物だったんだそうで。私が手にしたのは1933年製。かなり古いものです。年代物ということと、この大きさがグッときますね・・・

20120715_114309
やっぱりここでまたバーガーを食べてしまい〜。このバーガー、チーズバーガーにピーミール・ベーコンと玉葱の炒めたものが入っていてすんごいボリューム!

20120715_132709
もう一軒行きたいというので、、、着いたのが「FREELTON ANTIQUE MALL」。わりにそばです。

20120715_130957
ここは屋内。所狭しとアンティーク品が並べられていて、すごい品揃え〜

20120715_130154
ここではまとまってファイヤーキングを見つけました。日本でアンティーク食器と言ったら、ファイヤーキングを始めとするいくつかの「ブランドもの」が定番、ということになるんでしょうか。私はあまのじゃくなんで、あんまり人気がなさそうな「Swanky Swigs」なんかに心を惹かれるわけで、ちょっと集めてみようかな? なんて瞬間的に思いますが、我が家にある妻のコレクションを見て、すでに満杯ですから諦めるわけですね。。。
彼女の場合は「どれだけ安く見つけ出すか」という訓練を受けているのと、カタログ本とかを何冊も持っていて、見分ける知識がすごい。私なんか欲しかったら値段なんて高くても買うのですが、彼女は相場より高かったら絶対に手を出さない。この辺は男と女の考え方の違いかもしれないかな、と。
20120715_125625
こんなライター、良さそうですねぇ。。。別にタバコを吸うわけではないんですが、モノとしておもしろいなぁと。

20120715_125414
牛乳瓶にふた。うーん・・・・アンティークっていうのは結局、普通は捨ててしまうようなものに価値を見いだして行くものですから、人それぞれ価値の基準は変わるわけで、牛乳瓶っていうのも成立するんでしょうねぇ・・・