トロント(カナダ)在住20年の筆者が、カナダ国内旅行やトロント市内を中心としたイベントで撮影した写真で綴るブログです。
自己紹介はこちら

2012年6月4日月曜日

発砲事件の容疑者が自首、イートンセンターは再開!

20120603_110019
「先週の土曜日夜に起きた発砲事件の容疑者と見られる人物が自首」。先ほどツイッターで流れて来た情報です。
日本でも一報が伝えられたトロント・イートンセンターでの発砲事件。昨日午後、トロント市警で行われた記者会見で、トロント市長のロブ・フォード氏が「犯人は必ず捕まえる自信がある」と市民に対して宣言をしていましたが、今朝になって容疑者と見られる人物が52ディビションに自首したという一報が入ってきました。名前や性別は発表されていません。詳細は本日午後2時の記者会見で明らかになる模様です。(午後2時の記者会見が今終わり、逮捕が確認、容疑者は24歳男性、氏名が公表され、自首より前にトロント市警は容疑者として本人を特定しており、犯行時に在宅で逮捕される予定のギャングに関連した人物であったと発表されました。ただ今回の犯行は個人的な動機によるものと推定され、ギャングの活動と関連はない模様)


Untitled
最初の写真は昨日の日曜日のイートンセンター前の様子。二番目の写真は先ほど撮ったトロント市警に集まったメディアの中継車。

20120603_110152

イートンセンターは鑑識作業が昨日いっぱいまでかかっていましたが、それも終了。ショッピング・モール部分は今日から営業再開、事件のあったフードコートは明日まで休業と発表されました。

20120603_110202 こうしたテープはもう取り除かれているようです。

20120603_111303
事件がいち早く全面的に解明されることを待ちつつ、いまだ重体となっている2名の犠牲者の方々の回復を祈りたいと思います。
以下は昨日の記者会見の模様です。

【日曜日午後2時のトロント市警で行われた記者会見の要約】

1)事件は、6月2日(土)午後6時20分頃に、イートンセンター地下フードコート「アーバンイータリー」、北の端(ダンダス寄り)で起こった。
2)死亡したのは24歳男性で、複数の銃弾を受け現場で死亡を確認。その他6名が病院に搬送された。また避難中に怪我をした妊婦については安定している状態である。
3)病院に搬送された6名のうち現在2名が重体。13歳の少年は頭に銃弾を受け危険な状態ながら治療の成果が見られ、安定している。23歳男性は首と胸に複数の銃弾を浴び、非常に危険な状態。
4)犯行は死亡した男性を目的としたもので、無差別的な発砲ではない。被害者の中にギャングに関係している人物がいるものの、この犯行がギャングによるものかどうかは不明。また被害者の中に第二の標的とされた者がいる可能性がある。使用された拳銃は一丁で、打ち合いになった形跡はない。
5)捜査すべき犯行エリアはイートンセンター全体と範囲が広いため、鑑識作業は今日夕方までかかる予定。その後はイートンセンターの営業再開準備が行われる。
6)セキュリティーカメラの映像の分析を進めており、初期段階としては十分な情報が得られている。
7)現場にいて写真あるいはビデオを撮った方はぜひそれらを提供して捜査に協力して欲しい。方法については明日発表する。
8)フードコートにいて私物をその場に残した方は、明日には受け取りの方法を発表する。

この後、トロント市のロブ・フォード市長も会見に応じ、「トロントは安全な街、犯人は必ず捕まえる。」と宣言した。フロアからは「ダウンタウンの中心での発砲事件は、2005年以来2度目だが」との質問に対しては「前を向いて進むのみ」と応えた。