トロント(カナダ)在住20年の筆者が、カナダ国内旅行やトロント市内を中心としたイベントで撮影した写真で綴るブログです。
自己紹介はこちら

2012年5月26日土曜日

ワイヤレスユニットWT-4Aをホッケー撮影に使ってみた

Untitled
昨日のリコー・コロシアム、盛り上がりましたね〜。引き続きトロント・マーリーズのプレーオフ試合の撮影ですが、オクラホマの猛攻を振り切って対戦成績4-1で西カンファレンス優勝を決め、いよいよカルダー・カップ杯へ駒を進めました。トロント・マーリーズの歴史で行くと、カルダー・カップの最終戦まで行くのは初めてなんだそうで、これはおめでたいことです。

で、昨晩は優勝を決める試合とあって観客の出足も速く、試合開始早々からほぼ満員状態。入場者数7515人はマーリーズとしては新記録を樹立したんだそうです。

Untitled
入り口で配っていた「ポンポン」。今日はPOMPOM DAYなんだそうで、みなさん一生懸命振っていましたよ〜

Untitled
試合の詳細については後ほどということにして、(おそらく自分だけ)気になる昨晩の撮影機材について。

Untitled
こんな風にアンテナをつけてD3Sにケーブル接続。iPadはバッグの中に入れて「バックパック・モード」にしておきます。こうしておくと、iPadがスリープしていても撮影したものはどんどんと流れてゆく仕組み。これは便利でした。

Untitled
「ケーブルレス」にはならないのですね。ワイヤレスユニットは腰ベルトにつけておきます。

Untitled
Shutter Snitchを立ち上げ今日の分のアルバムを作り、ここに写真が保存されるようにします。

Untitled
念のため一枚撮って転送されるかの確認。ワイヤレスユニットのランプが全部緑ならオッケー。エラーが出ても一度ユニットの電源を切って再度入れ直せば大丈夫でした。

Untitled
あとはピリオドが終わるたびにiPadをひっぱりだして画像確認。ツイートという流れです。(カメラロールに入れたりリサイズしたりする手間はありますが・・・)

Untitled
バッテリーの減り具合もこんな感じで、第一ピリオドが終わった段階で150枚くらい転送して目盛りが一つ減る感じですね。

Untitled
一応システムの流れ的にはうまく動いてくれたので、今度はライブでツイートできるように練習あるのみ、ですね。

昨日の中継はここで行いました。マーリーズまとめページ