トロント(カナダ)在住20年の筆者が、カナダ国内旅行やトロント市内を中心としたイベントで撮影した写真で綴るブログです。
自己紹介はこちら

2012年5月8日火曜日

VIA鉄道を使ってオタワへ(ユニオン駅編)

20120504_073931
VIA鉄道を使ってオタワに行った時の写真を使ってだいたいの流れを書いてみます。まずは出発点となるトロントの「ユニオン駅」。ダウンタウンの南側にあり、地下鉄のユニオン駅からVIA鉄道にアクセスできます。
付近はここ数年ホームの拡張工事やらでゴチャゴチャしてますが、VIA鉄道の入り口はこの写真だと先になります。ちなみに手前側の入り口から入ると、先ほどの地下鉄(正式にはトロント市交通局/TTC=Toronto Transit Commission)とGOトレインという近郊を結ぶ快速列車のホームにつながっています。

20120504_074052
これがVIA鉄道の入り口。なかなか渋い感じです。

20120504_074108
ニューヨークのセントラル・ステーションには負けますが(見たことないですが・・)、中に入るとなかなか風情があっていい感じです。

20120504_074131
時計と時刻表の電光掲示板を目印に歩くと、左手奥にチケット売り場があります。

20120504_074147
これがチケット売り場。良くわからない時はここでいろいろ聞いてチケットを買うのが良いと思いますが、普段はウエブからがディスカウント料金で買えるので便利でお得ですね。

20120504_074207

オンラインでチケットを購入している場合は、このキオスクと呼ばれる機械で「発券」をしてもらう必要があります。ちょっとめんどくさいですが、この辺は飛行機に乗る時と一緒ですね。
20120504_074225
これが最初のスクリーン。もちろんタッチパネルです。

20120504_074239
英語を選びます。カナダはフランス語と英語の2つが公用語なので、必ずこういう手続きが必要ですね。

20120504_074258
ウエブで予約すると、「領収書/旅程表」と「BORDING PASS」がEメールで送られてきます。あらかじめ家で印刷しておいた「BORDING PASS」のバーコードの部分をこの場所にかざすと、情報を吸い込んで本物のチケットを印刷してくれるという具合です。最近はiPhoneなどスマホでも大丈夫ですよ、という触れ込みで「チケットレス」を推奨するのですが、スマホの画面をきちんと読み込めなかったりすることが頻繁に起きているので、やはり紙のプリントは必須です。

20120504_074325
チケットはこのように機械の左下の方から出てきます。

20120504_074406
一枚ですが、左右が切り取れるようになっていて、行きと帰りの往復チケットになっています。

20120504_074728
ディスカウントチケットなので税金ついて155ドル94セント。通常の半額です。

20120504_074428 ホームへのアクセスは機械のすぐ左手を見ると入り口がありますので、その方向に歩いて行くとすぐコンコースに出ます。

20120504_080807
時間にならないとゲートは開かないので、列車の番号と行き先をディスプレイであらかじめ確認しておきます。

20120504_080335
行列です。

20120504_080930
コンコースからホームへのアクセスはエスカレーターを使います。

20120504_080943
ホームに出たところです。ここから目的の車両までトコトコ歩いて行きます。

20120504_080954
「旅情をそそる」カナダのマーク!

20120504_081057
ディスカウントの席なので、一番はじっこの車両まで歩きます。途中で見かけたVIAのスタッフがなぜか笑顔で楽しそうです。

20120504_081152
「旅情をそそる」VIA鉄道のマーク。カエデがポイントですね。

20120504_081202
実はハイテクなVIA鉄道の車両は、走りながらネットに常時接続ができます。これは安い席でも一緒。無料です。