トロント(カナダ)在住20年の筆者が、カナダ国内旅行やトロント市内を中心としたイベントで撮影した写真で綴るブログです。
自己紹介はこちら

2012年5月21日月曜日

トロント・マーリーズまた勝った!

20120521_172410
リコー・コロシアムで行われているAHLプロ・ホッケーリーグの西カンファレンス決勝戦、トロント・マーリーズはオクラホマ・バロンズを迎えて第三戦。初戦を5−0で勝ち、第二戦を1−5で取られた大事な試合、ビクトリア・デーの連休最終日ということもありほぼ満員の場内でシーソーゲームの末見事マーリーズが5−3で制しました。

なんと言ってもこの日のヒーローは23番ライトウイングのMatt Frattin。最終ピリオドの前半、3−1とリードしたマーリーズが守りに回った隙をついてオクラホマが立て続けに2ポイントを入れあっという間に3−3の同点とされ、場内にいやなムードが漂った後半にさしかかった時、彼が放ったこのシュートが見事決まり、4−3。場内は歓声の渦。「試合はマーリーズの勝ちだな」と強く感じさせるゴールでした。というのは、次の写真を見ていただくとよくわかるのですが・・・

20120521_172412
自分でこれを撮っていた記憶はなかったのですが、オクラホマのゴーリーが天を仰ぎその足下にはゴールネットを揺らして跳ね返ったパックが転がる、というシーンが。これがこの日の「とどめを刺した」この一本の空気をよく表していると思います。

20120521_172414
勝利を確信したMattは余裕のガッツポーズ。場内は今日のマーリーズの勝利を確信して大興奮。

20120521_172430
チームメートも勝利を確信。コロシアム内が一体となった瞬間でした。

20120521_160858_01
もう一人のヒーローはこの人、ゴーリーBen Scrivens。オクラホマは強いです。ゲームを見ていてこれまでのチームとは違う。その中で3失点に抑えたのはやはりこの人の力は大きい。

20120521_172438
これで対戦成績を2−1としたマーリーズ、4つ勝てばいよいよカルダー・カップ決勝戦へ進出を決めます。明日の第四戦(リコー・コロシアム、午後7時試合開始)が楽しみです。

詳細:Marlies.ca

20120521_162348

【撮影のことをちょこっと】 今回は前半がなかなかうまく撮れなくて結構イライラがたまりつつ、iPad忘れてコロシアムからのツイートも出来ずちょっと失敗。それでも後半マーリーズが追いつかれた後に「何かマーリーズの雰囲気が変わったかな?」とファインダー越しに伝わって来たのが不思議といえば不思議でした。実は最初の一枚、あのMattがゴールを決めたショットは連写ではなくシャッターを押したもの。だから一枚しかありません。バッチリとスティックにパックが張り付いています。あの時実は「ここだぁ〜」という何かが見えた気がしたんですね。そういう不思議な一枚です。ゴール前は展開が速く、どこにパックがあるのか、誰が打つのかを見つけるのはとても難しいんです。「コイツだっ!」って見えるのは初めてでした。惜しかったのはその後のゴーリーのシーン。もうちょっと左に振ればMattがガッツポーズに入る瞬間を背景に入れられた・・・(少しだけ写っています)。この辺がまだまだ・・・・