トロント(カナダ)在住20年の筆者が、カナダ国内旅行やトロント市内を中心としたイベントで撮影した写真で綴るブログです。
自己紹介はこちら

2012年4月22日日曜日

昨晩も勝ったトロント・マーリーズ!

20120421_170725
トロントのダウンタウンにある「リコー・コロシアム」(ウエブサイトはこちら)で行われたAHLホッケーリーグ、プレーオフ第2戦、トロント・マーリーズ対ロチェスター・アメリカンズは、またまたマーリーズが4−3で勝利。
撮影はコロシアムで2回目、だいぶ慣れてきて試合を楽しみながら撮れるようになってきたかな。だから撮影じゃなくても、見に行きたいとふと思ってしまう。とにかく良く勝つので、面白い。チケットは10ドルくらいからで、コロシアムの一番上の立ち見席でも十分興奮を味わえるので、ビール片手にナチョスでも食べながら見るのがベストかも。

とか何とか言いながら現実はビールなど飲めるはずもなく、前回と同じ撮影スポットでお仕事。今回は動かずに。実は前回の撮影後に腰を痛めて歩くのが難しい上に、総重量8キロのカメラとレンズたち(ホントに重いです・・)の取り回しもありの、、、、まあでも痛み止めのロキソニンがしっかり効いてくれていたのと撮り始めると痛いの忘れるので、ある意味一つ所にじっくりいたためにホッケー写真の撮り方をいろいろと考えることができるよい経験にはなったかも。。。(今回の写真の中に一枚だけRICOH GXR A12/28mmで撮ったものが紛れ込んでいます。どの写真かわかりますか〜?)


20120421_152628_01
実際の試合ですが、とにかくスゴイ迫力。プレーヤーのパックにかける執念は、ファインダーから鳥肌が立つくらいビンビン伝わって来ます。アイスホッケーは試合展開が早い上、プレーヤーのスケート・スピードがとても速く、ちょっとよそ見しているとあっという間に終わってしまいます。

20120421_171148
加えて許可された撮影場所が限られたスペース(強化ガラス越し)からシーンをどう切り取るのかというのはなかなかな工夫が必要だと言うことがわかった第一試合。何事も経験。

R9237128
昨晩の第二試合は、撮っているうちに自然と状況全体を撮るスタイルからプレーヤーの表情に引き込まれて行くのが自分でも良くわかって、その変化が面白かった。

20120421_152213
スラップショットの瞬間。これは未だ自分で撮ったという記憶がなく、後でデータを見ると撮っていたという一枚。こういうのが今回は多かった。

20120421_171958
マーリーズはこれからロチェスターで残り2試合で合計4試合。勝ち越すと次に進み、またリコー・コロシアムでの試合が見られるはず。

20120421_173348
頑張れ、マーリーズ!!