トロント(カナダ)在住20年の筆者が、カナダ国内旅行やトロント市内を中心としたイベントで撮影した写真で綴るブログです。
自己紹介はこちら

2012年2月14日火曜日

名門L.A.Lakers戦に見たラスト16秒のマジック!


先週の日曜日、トロントにLakersがやってくるというのでエアカナダ・センターに行ってきました。試合開始直後は半分も埋まっていなかった座席が、開始後にふと見ると満員。さすがですね。

試合展開はと言うと、序盤は完全にLakersペース。どんどんゴールを決められ、一方のRaptorsはディフェンスを破られた上にゴールもなかなか決まらず、ファンはかなり消化不良気味。




観客席からは熱烈なファンからのヤジとブーイングがこだましていました。


ご覧の通り、第一ピリオドは大差を付けられて終わってしまいました・・・


しかしながら、徐々に調子を上げてきたRaptors。


最終ピリオドになってようやく1ゴールで逆転できる点差まで詰め寄ると、場内も盛り上がってきます。


その前に立ちはだかるのが24番、Kobe Bryant。


序盤は出たり入ったりを繰り返していましたが、後半はでずっぱり。随所に見事なゴールを決めて行きます。

picnikfile_BPiyaS
Raptorsの追い上げ!


ゴール下のボールの奪い合いも激しさを増してきました。


そしてついに最後の3分でRaptorsが追いつき同点!


今までのうっぷんをはらすかのように、場内は大歓声!!


そしてついに92-91と逆転! この時残り時間がわずか16秒でRaptorsボール! このゲームで唯一おとずれた勝利のチャンス。


しかしここで信じられないことが。Raptorsの選手がボールをインできず、Lakersボールに。ここで一気に試合の流れは変わり、相手チームに何とゴールをされてしまいます。


そしてRaptorsのファール。Kobeのフリースローが決まってしまいます。ここで残り4秒!


Raptorsの最後のシュートもはずれ、ゲームセット!

終わってみると、ゲームは92-94とたったの2ポイント差。最後の16秒で試合の勝利を引き寄せられなかったRaptors。最後の最後どちらに勝利の女神が微笑むか、これがバスケットボールの醍醐味なんですね。それにしてもRaptors勝てたのに・・・・