トロント(カナダ)在住20年の筆者が、カナダ国内旅行やトロント市内を中心としたイベントで撮影した写真で綴るブログです。
自己紹介はこちら

2011年12月16日金曜日

トロントはクリスマス・ディスプレイ花盛り

R9235775 ここのところ暖かいトロント、外出が楽なのでお散歩がてらてくてく歩く機会が増えています。住まいがダウンタウンなので自然と散歩中に目に入ってくるのがお店のディスプレイ。これまではまじまじと見ることはなかったのですが、クリスマスということで趣向が凝らされていて、見始めると結構楽しいものですね。普段からRICOH GXRはちっちゃなバッグに入れて持ち歩いているのですが、散歩ついでに街をスナップというのも何か散歩の目的ができて楽しいものです。
上の写真は「The Bay」(イートンセンターの南端、クイーンを隔てた反対側)のクリスマスディスプレイ。

 R9235776
こんな風に足を止めて眺めたり写真を撮ったりする人たちも。

R9235778
どうやらそれぞれにストーリーがあるらしく、これはサンタクロースがプレゼントを配り終わって家に帰ってきたところ、みたいなことが書いてあります。なるほどー

R9235788
5つのウインドーにそれぞれのクリスマス・ストーリー。なかなか見応えがありました。

R9235819
こちらはチャイナで有名な「William Ashley」。ベイとブロアの交差点近くの大きなクリスマス・ツリーが目印です。

R9235823
ディスプレイは白が基調、従ってスノーマンが主役ですね。

R9235824
よくよく見ると、お皿やカップが使われていてちょっとコミカル。こういうディスプレーを考えるデザイナーさんがいるのですね。ちょっと興味津々です。

R9235814
ブロアを挟んで反対側の「HOLTS」。トロントで行われるファッションショーでもオープニング・ショーのスポンサーになるほどこの業界では有名な高級百貨店。

R9235812
マネキンの顔がなかなか特徴的ですねぇ・・・

R9235806
なんとこのマネキンは顔が鳥! 洋梨の椅子に座り、それがくるくると回っています。

R9235807
ま、普通のマネキンよりも目を惹くという意味では成功しているようです。意外ですが、こういうショーウインドーは普通の景色と化してしまっているので、やはり何か目を惹く仕掛けをつくっておかないと、人は通り過ぎてしまうのですね。

R9235828
今度は「Manulife Centre」の中に入ってみます。これはメープルシロップ・バームクーヘンで有名な「Eitelbach」。一時期、日本へのお土産といったらこればっかりの時がありましたが、最近はそうでもないようです。

R9235829
チョコレート屋さんの「teuscher」。

R9235830
サンタクロースのお人形さんが中央、その周りにいろいろなチョコがちりばめられていますねー。楽しい感じのディスプレイです。

R9235831
こちらはチョコトリュフ。大人っぽい感じが出てます。なるほどー。

R9235833
ブックストアの「Indigo」に入ってみます。気がつきませんでしたが、本以外のものが沢山売っているんですね。ちょっとびっくり。

R9235835
クッキー盛り合わせ。缶がかわいい。20ドルでした。

R9235836
ショートブレッドもあります。

R9235838
これはバスソープとかを扱っているコーナー。いい香りがします。この辺などは日本へのお土産にいいかもしれませんね。思わぬところでギフト発見、という感じでした。