トロント(カナダ)在住20年の筆者が、カナダ国内旅行やトロント市内を中心としたイベントで撮影した写真で綴るブログです。
自己紹介はこちら

2011年12月31日土曜日

2011年を写真で振り返る(後編)

20110909_162342
今年は一人で仕事をするようになってからちょうど10年目になるということを、こういう形で知るとは思いませんでした。NYで行われるファッションウィークのイベント撮影の依頼を受け、今年があの「アメリカ同時多発テロ事件」が起きた9/11の10周年に当たることを知ったのはネットで街の情報を調べている時、さらには滞在日程が「その日」の前日までという巡り会わせ。
今年が始まる前に「旅だ」ということを言い、その言葉通りに「上海」「香港」「モントリオール」と積極的に自分を動かしていったのですが、自分の言葉がこういう所に向かっているとは。写真はヘリコプターに乗って、「グラウンド・ゼロ」を見下ろした瞬間に撮影したもの。未だにあの黒い四角く開いた穴が崩れ落ちたビルの跡であるということを思うたびに、何とも言えない気持ちになります。

「9/11」が起きたのは10年前のこの時、私が地元旅行業界のサポートの約束を得つつ独立したその1ヶ月後(!)。その後私の生活にも大きな影響を与える出来事になっていく事件であることを、思い知ることになりました。その後「SARS」や原油高騰がありトロントの観光業界は壊滅的な打撃を受けるなか、「SARS」の折りに香港と多くの人の交流があるトロントがテレビニュースなど大手メディアから注目され、「メディア」というものが一体何をしているのかをかいま見、それ以来「自分の目で何が起きているかを見る」ことを何よりも優先するようになりました。

2011年12月30日金曜日

2011年を写真で振り返る(前編)


「2010年はどうだったか、というと、良い意味で期待を裏切られたというか、いくつか新しい経験もあったことは良かったと思います。少しは思い通りに写真が撮れるようになってきたのかなぁと、、、しかしこう振り返ってみると、何かが足りないような、もっとできるような、それが一体何なのか? これは旅に出るしかないですね。」
これは昨年の12月30日に書いたブログの最後の一文。

あれから1年、今年も振り返ればあっという間に過ぎ去って行き、今日はトロントで12月30日、日本では日付が変わって大晦日を迎えています。恒例の「写真で振り返る」ですが、今年は出来事が多かったので今日と明日の二日間で書いてみたいと思います。

まず始めに触れたいのが、3月に日本で起きた未曾有の大災害「東日本大震災」のこと。NHKのニュースはこちらでもライブで見ることができますが、その晩深夜遅くテレビを見ていた妻の叫び声で起こされ、津波が襲うその映像を見ながら日本から遠く離れている日本人として、まず最初は一体日本で何が起きているのかを理解するまでに時間がかかったのは事実です。次第に全体像が分かって来るにつれてトロントにいる自分に何ができるのか、そのことを考えました。翌日に書いたブログ(ブログ記事)はトロントで情報が錯綜している中でとにかく何かを書かなければと生々しい状況の中で綴ったものですが、今でもあの状況の中でどこまで自分が冷静でいられたのか、それをどのように文章にしたのかを問う意味で読み返すことがあります。

2011年12月29日木曜日

エアカナダ・センターでNBAトロント・ラプターズのホーム・オープナーを観戦!

R9236237
長いストライキが終わったNBA、地元トロント・ラプターズ(http://www.nba.com/raptors/)のホーム・オープナーがエアカナダ・センター(ACC)で行われるというので昨晩はプロバスケット・ボールの試合観戦。外気温がマイナス4℃とようやく冬らしくなってきたトロント、運動不足解消にと散歩がてら家から20分程かけて歩いてみましたが、ずっと外を歩くのはさすがにNG。PATH(トロントの巨大地下街)の北端から地下に入りACCまで行きましたので、外は寒いのに簡単なジャケットだけで楽チンでした。

会場につくと周辺はすでに大変な人、すべての入り口で入場を待つ行列ができていました。入手したチケットはセクション120の22列目。ラプターズのウエブサイトの3Dシートで見ると両方のゴールが見える割に良い席というので期待大(http://www.seats3d.com/nba/toronto_raptors/)。ちなみにチケットをオンラインで買う場合、ウエブにある3Dシートのページを立ち上げておいて、チケットマスターで表示される席の番号を入れると実際にどんな風に見えるかがシュミレーションで分かり便利です(今日の席は150ドル+TAX)。

2011年12月27日火曜日

ボクシング・デーのイートン・センターを散歩する

R9236191
昨日は年に一度の「ボクシング・デー」、日本で言う所の「歳末大売り出し」。定価からかなり大きな割引が期待できるこの日は早朝から有名店には行列ができるほど、トロントの街はショッピングをする人で溢れ返りました。写真はイートン・センター。私自身はあまりこういう買い物に興味を持たないので(それでも念のためお財布は家に置いて行きましたが・・・)、街の様子を見にいつものGXRを片手にぶらぶら散歩に行ってきました。

2011年12月25日日曜日

クリスマスはオイスター・ディナー?

R9235985
トロントに来て初めて知ったことですが、北米でオイスターと言えば、(オイスター)バーやレストランのアペタイザーで出てくる数少ない生で食べるメニュー。日本のようにお魚を生で食べる習慣がもともとないお国柄ですから、やはり「特別」な感じでお値段も「気軽に」というわけではありません。興味があったので調べてみると、欧米ではかなり昔からオイスターを生で食べる習慣があったとの事。それも古くはバイキングの時代(8世紀頃)に始まり、スカンジナビア半島からヨーロッパ、ギリシャへと広がっていったという食の歴史があるようです。特に鉄分、カルシウム、ビタミンが豊富であるために、庶民の大切な栄養源となっていました。時代によってオイスターをめぐる食文化は変遷して行ったようですが、ざっくり言うと、元来オイスターは安価で手軽な庶民の食べ物であったものが時代の流れの中で「グルメ・フード」化し、現在に至っているようです。

北米にこの食文化がやってきたのは19世紀になってから。最初のオイスターは「Virginica」種であったと伝えられています。ニューヨークには一時期世界最大の生産量を誇っていた時代があったのだそうです。カナダ産のオイスターは60%がブリティッシュ・コロンビア、残りはアトランティック・カナダ(プリンスエドワード島、ニューブランズウィック、ノバ・スコシア)から来ています。一方アメリカ産(メイン、マサチューセッツ、ニューヨーク等)もトロントで流通しています。写真は先日購入したオイスターの一つ「Beausoleil」。ニューブランズウィックで収穫される「Virginica」種の最北端のオイスターのようです。

2011年12月24日土曜日

オンタリオ産フレッシュ食材をマーケットで仕入れてスープを作ってみる

R9236055
今日はクリスマス・イブ。トロントのダウンタウンは、ホリデー気分に満ちあふれています。多くの民族が同居するこの街、最近では「Merry Christmas」の代わりに「Happy Holidays」が一般的な挨拶。とは言え、クリスマスは一年を締めくくる最後の大きな祝日。きっとダウンタウンは午後から人で溢れ返るのでしょう。

今朝は、週一回土曜日「セントローレンス・マーケット(月曜定休、詳細は以下のウエブサイトを要確認(http://www.stlawrencemarket.com/)」の北棟で毎週土曜日の早朝5時〜午後3時のみオープンする「ファーマーズ・マーケット」に行ってきました。ここではオンタリオ州の農家の皆さんが野菜や肉、乳製品、卵、自家製ソーセージ、パイやキーシュ、パンなどを直接販売。フレッシュな素材を手に入れる絶好の機会となっています。今朝はマーケットは見るだけ、その後どこかで朝食orブランチでもと思いましたが、やっぱり食材を仕入れてしまったので、珍しく野菜スープでも作ってみようと気が変わりました。

【なおマーケットのホリデー・シーズンは変則的な営業時間なので下記ウエブサイトを要確認(http://www.stlawrencemarket.com/pages/parking_hours/#holiday_hours)】

2011年12月21日水曜日

話題のレストラン「Harbord Room」で考える

R9235935
いまだに建築ブームに沸くトロントのダウンタウンですが、住む人が増えているからか新しいレストランも次々とオープン? これらのレストランで働く多くのシェフは、「いつかは自分の店を持ちたい」と幾つものレストランを渡り歩きながら、夢を追いかけています。
ダウンタウンの中心でも気になるレストランは多くありますが、最近話題の「少し離れたところにある小さなレストラン」。これまでは、クイーンストリート周辺に集中していたのですが、最近では少し北に移動してダンダスやハーボード、カレッジにもちらほら。今回行った「Harbord Room」もその注目のレストラン中の一つ、カナディアンの間でも話題のレストランです。
どんなシェフが働いているのかと興味津々。調べてみると一番上のCory Vitiello氏、高級レストランとして有名な「Scaramouche」でキャリアをスタート、「The Drake Hotel」で二番手、4年前からここでパートナー(オーナー・シェフ)として参加、現在もう一つレストランを手がけています。現場リーダー(二番手)のCurt Martin氏は先ほどのDrakeからキャリアをスタートして現在に至ります。もう一人Geordie Glumac氏は、オーガニックで有名な肉屋さん「The Healthy Butcher」、「Jamie Kennedy Kitchens」(トロントのセレブ・シェフで有名)、「Union」と渡り歩いて現在に至ります。実際に夢を実現させるために必要なことは、経験を積むということなのでしょうか。
シェフの経歴を見ていると同時に、レストランの味の経歴も見えてきます。この日食べたお魚料理、よーく考えてみると「Scaramouche」の調理法にとても良く似ている? そういう味や調理方法の系統に気づかされます。
さらに肉、野菜、魚などの食材を仕入れ先についてもシェフが料理にこだわればこだわるほど当然厳選されるわけで、さらに興味深い世界が。ちなみにこのお店にお魚を入れているのは「Taro's Fish」。トロントの有名どころのレストランのシェフ達の魚の仕入れ先として信頼を得ているのも、シェフの中では良く知られている事実です。

2011年12月19日月曜日

おいしいベトナム麺のお店「Pho 88」


久しぶりのチャイナタウン。トロントの中華街はもともとは東(ブロードビュー)から始まって、ダンダス×スパダイナにあるダウンタウンの中華街、そして北の方(スティールスやハイウエイ7)に広がって行きました。私たちがトロントに来た15年以上前は、この場所は中国系のお店で埋め尽くされていて、その中にぽつりと「古屋」という日本食料品店があったりしました(随分前に閉店)。最近ここにも異変があって、中国系のお店が閉店した後にベトナム系のレストランや韓国系のお店などが入るようになり、昔のような純然たるチャイナタウンではなくなってきています。これは長い時間の経過の中で「ネイバーフッド」と呼ばれるトロントの各地域に見られる共通した特徴のようです。今から30年以上前はイタリア人が好んで住みついていたと言われていた街が今ではギリシャ系の人たちに取って代わったと言われるギリシャ街など、長い年月を経てそこに住む人たちの比重が徐々に変化して人々が移動するということが起きているのだそうです。そういった関係で、チャイナタウンは今少しずつ変貌する道のりをたどっている過程で、お店も徐々に変わって行っているのかもしれませんね。

というようなことはともかくとして、我が家の近所で安くておいしいベトナム麺を食べたいと思うと意外にチョイスが少ないと感じる今日この頃、「Pho 88」(http://www.pho88.ca/)はスープも麺も美味しくて、最近のお気に入りのお店です。営業時間は、日曜〜木曜日:10am-12am、金・土曜日:10am-4amと、かなり遅くまでやっているお店です(とは言え、あまり遅い時間はお勧めしません)。

2011年12月18日日曜日

ボリュームたっぷり「Diana's Oyster Bar & Grill」

R9235842
トロントでは特に以前から評判の高いシーフード・マーケットの「Diana's Seafood」(http://www.dianasseafood.com/)。ダウンタウンからだとちょっと距離があるのでなかなか足が向かなかったのですが、レストラン「Diana's Oyster Bar & Grill」(http://dianasseafood.com/Restaurant/)を開業したという話を前から聞いていて、気になっていたので行ってきました。

営業は日曜〜水曜/ ランチ:11:30am - 3:00pm、ディナー:5:00pm - 10:00pm 木曜〜土曜/ ランチ:11:30am - 3:00pm、ディナー:5:00pm - 11:00pm。(地図は最後にマップをはりつけてあります)

敷地の真ん中部分をつぶしてレストランにした関係で駐車場が小さくなってしまい混雑していましたが、マーケットに買い物にくるお客さんが流れていたのですぐに駐車することができましたのでラッキー。店内に入るとすぐオイスターバー(8席くらいのカウンター)があり、ダイニングはその奥。4人席が左右に4つ+αなので、20人も入れば満員のこぢんまりとしたレストランです。

2011年12月16日金曜日

トロントはクリスマス・ディスプレイ花盛り

R9235775 ここのところ暖かいトロント、外出が楽なのでお散歩がてらてくてく歩く機会が増えています。住まいがダウンタウンなので自然と散歩中に目に入ってくるのがお店のディスプレイ。これまではまじまじと見ることはなかったのですが、クリスマスということで趣向が凝らされていて、見始めると結構楽しいものですね。普段からRICOH GXRはちっちゃなバッグに入れて持ち歩いているのですが、散歩ついでに街をスナップというのも何か散歩の目的ができて楽しいものです。
上の写真は「The Bay」(イートンセンターの南端、クイーンを隔てた反対側)のクリスマスディスプレイ。

2011年12月15日木曜日

ナイアガラでヘリコプターに乗る!

20111213_165550
一昨日はナイアガラで一日を過ごしていました。あらためて考えると、トロントから約1時間半で「世界の七不思議」(今ではこんな風に言わないのでしょうか・・)と言われるナイアガラの滝に行けてしまうんですから、トロントは面白い所だと思います。この日は用事を済ませて最後に立ち寄った「ナイアガラ・ヘリコプターズ(http://www.niagarahelicopters.com/)」で久しぶりにナイアガラの滝の遊覧飛行(+撮影)をしてきました。

2011年12月14日水曜日

「ROOTS」のかわいいクッキーセット発見

20111212_175732
イルミネーションの撮影にとふらふらイートンセンターを歩いていて発見した、カナダオリジナル・ブランド「ROOTS」のお店に置いてあったクッキーセット! とにかく入れ物の缶が可愛いので、トロントから日本へのお土産に最適かも!何より「ROOTS」のロゴが正面にどかーんと出てますからねー。

2011年12月12日月曜日

巨大イルミネーション・オブジェがイートンセンターに出現!


早いものでクリスマスまであと2週間を切りましたが、立ち寄ったイートンセンターに巨大なイルミネーション・オブジェが出現していました。こういうものは、今年初めてではないでしょうか? 今年になってここは大きな改装工事が行われ、アメリカの新しいブランド・ショップが数々オープンしたり地下に「Urban Eatery」というテイクアウト専門の大きなレストラン街ができたりしていました。そうした活気が、今年の締めくくりのディスプレイに現れているのかもしれません。

2011年12月10日土曜日

新装開店! 「志 SHINOBU」レストラン

R9235463
トロントでお寿司屋さんというのは本当に沢山あるのですが、「志(しのぶ)」レストランは(私が思う所ですが)若手のホープ。今までは「MAKISUSHI」の店舗を間借りして夜のディナーだけの営業をしていましたが、この度オーナーのタミオ君がこの場所をテイクオーバー、「志 SHINOBU」レストランとして新たに看板を掲げて営業を始めました。(電話:(416) 830-0741 / 地図はこちら

2011年12月9日金曜日

トロント初の日本酒醸造所「泉」で新酒を待つ

R9235514
今年の夏にDistilleryで見つけたトロントで地酒造りをしている「泉」(ontariosake.com/)、昨晩「Meet our Toji」イベントが行われることをツイッターで知り、ブログ(ontariosake.com/japanese)で見て、行ってきました。私も含めて6名、こぢんまりとした会でしたが、杜氏の高橋さんから自身がお酒の世界に入られた当時のことからはじまり女性杜氏として生きてきた現実、現在の酒造りまで約1時間、詳しくお話を聞くことができました。

2011年12月4日日曜日

リコー・コロシアムでAHLホッケー観戦!

R9235207
10月から始まっているAHL(アメリカン・ホッケーリーグ)。野球のメジャーリーグで言うと、NHLのマイナーリーグ的存在ですが、チケットの値段や取りやすさを考えると、気軽にホッケー観戦を楽しみたい私にとっては、大変ありがたい限り。

朝思いついてスケジュールを見ると、地元チームToronto Marlies(西部カンファレンス・北地区で現在首位!)が、今日午後1時からST. JOHN'S ICECAPS戦(東部カンファレンス・アトランティック地区首位チーム)が我が家から10分くらいの所にある「リコー・コロシアム」で行われる! というわけで、オンラインでチケットを購入、いつものように、RICOH GXR(今回はP10ユニット)をお伴に、1時から始まるゲーム観戦のために「リコー・コロシアム」に向かいました。

2011年12月3日土曜日

予想以上に盛り上がったDistilleryのクリスマスマーケット

R9235150
今年で第二回目、トロントのDistilleryで行われたクリスマスマーケット。昨晩のオープニングに行ってみたら、想像していたよりずーっと盛り上がっていました。印象としては、市庁舎前のクリスマスが若者中心であるとするなら、こちらはどちらかというと若い人は少なめで、年齢高めの大人な感じの方々が多かったような。Distillery(お酒の醸造所跡地)という場所柄もあるんでしょうね。

2011年12月2日金曜日

Distilleryのクリスマスマーケットは本日(金曜日)午後6時から

Distillery district
トロントのダウンタウンを少しばかり東に行くと、赤いれんが造りの建物が並ぶ「The Distillery Historic District(ウエブサイトはこちらから)」という一角があります。碁盤の目のように整備された10のストリートに40棟の建物が立ち並び、すべてが雰囲気のある赤煉瓦造りと、なかなかユニークです。

2011年12月1日木曜日

ちょっと遠いけどトロントの人気店「青山寿司」に行ってみました

20111127_193757
良く聞かれる「トロントで美味しいお寿司屋さんは?」という質問。味の評価は感覚的なものや不確定な条件が重なってできあがるものなので、何とも答えにくいですね。トロントのお寿司は、日本人経営のお店は少数派、アジア系の寿司シェフがつくるお寿司の方が一般的で、近所の普通のテイクアウトでも美味しいと思うことだってあります。結局お食事を気持ち良く楽しめるかがポイントかな、と思っています。

という前置きはさておいて、今回行ったお寿司屋さんは初めての「青山寿司」
(祝日を除く毎日営業、ランチ:お昼から2時半 ディナー:午後6時から9時、金から日のみ午後5時から9時営業、住所:2766 Victoria Park Avenue、要電話予約:416-494-7373)。

私はダウンタウンに住んでいるので、このお店に行くにはハイウエイを使って40分程かかります。オーナーは桂レストランで寿司カウンターにおられたシェフのお店、確かな料理の腕はトロントの日本人ブログですでに有名です。