トロント(カナダ)在住20年の筆者が、カナダ国内旅行やトロント市内を中心としたイベントで撮影した写真で綴るブログです。
自己紹介はこちら

2011年10月13日木曜日

トロントのショートブレッドのお店「Mary Macleod’s Shortbread」

20111009_120616
こちらでは良く「ショートブレッド」というお菓子を食べます。だいたい紅茶とかコーヒーのお茶うけになることが多いですが、いくつか有名なお店があるようです。ここの所良く行くお店は「Mary Macleod’s Shortbread」(ウエブサイトはこちら)クイーンストリートの東、ダウンタウンとビーチズの中間地点でドンバレーを越えたすぐです。

20111009_120629
お店の外観はシンプルですが、窓の内側にディスプレイがしてあって、可愛い感じのお店です。

20111009_115858
歴史が古いんだそうで、このお店は1981年からここで商売をしているそうです。もう30年になるんですね。

20111009_120247
しかも、営業は毎日。クリスマスとサンクスギビングなど数日を除いて休まず営業だそうです。すごいですね。

20111009_115727
店内は、「赤毛のアン」が登場するような感じですねぇ。イギリス風というか、小物類がいろいろと置いてあります。

20111009_115031
こちらはキャッシュレジスターのあるショーケース。

20111009_115517
ケースには各種ショートブレッドが陳列されていて、自分で選ぶことが出来ます。6個あるいは12個を箱に入れてくれます。(種類の詳細はこちらから)一つずつ買うより少しお安くなります。

20111009_115105
カウンター横のディスプレイには、いろいろなパッケージが置いてあります。

20111009_115447
この缶入りがなかなか可愛くてお土産に良さそうです。(種類の詳細はこちらから

20111009_115739
缶は色もサイズも違うものが並んでいました。

20111009_115810
赤はかわいいですね。

20111009_120059
ちなみに、これは昔の缶のデザインだそうです。

20111009_115248
こういうタイプもあります。すべてに賞味期限がついていて、かなり日持ちはするようです。今日は妻がしこたま買い込んで行きましたが、贈り物や日本へのお土産になるようです。前回の帰国のおりに、日本のお友達に持って帰ったショートブレッドがかなり評判が良かったらしく、今回はこれメインでお土産を買ったようです。


大きな地図で見る