トロント(カナダ)在住20年の筆者が、カナダ国内旅行やトロント市内を中心としたイベントで撮影した写真で綴るブログです。
自己紹介はこちら

2011年10月22日土曜日

絶景のナイアガラ・ワイナリー「Angels Gate」


撮影でナイアガラに来ています。入りが夕方だったので、少し早めにトロントを出てワイン・ルート沿いのワイナリーでワインを買うことにしました。つくづく思うんですが、トロントは車で1時間も走ればワイナリーが沢山あるエリアにアクセスできるし、ナイアガラの滝にも行ける。。とてもユニークな場所だと思います。前置きはともかく、昨日最初に訪れたのは「Angels Gate Winery」(ウエブサイトはこちらから)。




ここは、ワイン造りに必須の温暖な気候が実現するなだらかな地形を目の当たりにできる小高い丘の上にあるワイナリーです。


視線の先にはオンタリオ湖が見えるという絶景のロケーション。今日はお天気が悪かったのですが、それでも雨雲の向こうにトロントが見えました。


ワインぶどうが収穫の時を待っているようです。


ラインのラベルを見ると、「Cabernet Sauvignon」と書かれていました。


ワインを買いに向かいます。まるで教会のようなたたずまいのワインショップ。かつてこの場所がカトリック教会が所有してたことをモチーフにしているようです。名前を直訳すると「天使の門」、何やら宗教的なネーミングですね。


ショップの中はシンプル。整然とワインが並んでいます。いろいろと見ていると、スタッフに声をかけられてしまいました。「リースリングの年号が3種類あるんですけど、どれが美味しいのかな〜と・・・」「それでテースティングしてみては?」


3種類のワインが一口ずつグラスに注がれ、テースティング。それぞれ違うフレーバーで、結局すべて買ってしまいました・・・


このワイナリーは2002年6月に正式オープン、100エーカーの土地にシャルドネ、リースリングなど9種類のワインぶどうを生産しています。ウエブサイトを見ると、2007年には「イニスキリン・ワイナリー(ここもナイアガラでは有名なワイナリーですね)」のチーフ・ワインメーカーのPhilip Dowellを迎え、さらに充実したワインづくりを行っているようで、今後が楽しみです。LCBOでも買えますが、テースティングしながら買えるというのは雰囲気があっていいですね。