トロント(カナダ)在住20年の筆者が、カナダ国内旅行やトロント市内を中心としたイベントで撮影した写真で綴るブログです。
自己紹介はこちら

2011年8月28日日曜日

トロントの移動遊園地(CNE)をGXRで撮ってみた

20110825_221406
今年も、もうこんな時期になってしまったのですね〜。朝晩めっきり涼しくなったトロント、オンタリオ湖畔のエキジビション・プレースでは9月5日までの日程でCNE(Canadian National Exhibition)が開催中です。ウエブサイトはこちらから。私は特に夕方からの時間帯が好きで、毎年期間中に一度は訪れることにしています。

2011年8月25日木曜日

トロントを襲った嵐をGXRで撮る

いやいや、昨晩のオンタリオ州南部は大変な嵐でしたね・・・竜巻警報が出ていましたが、トロントからは離れていたので「たいしたことない?」とタカをくくって夜の撮影の用意をしていたのですが、、

いやー、出かけなくて良かった・・・

2011年8月15日月曜日

セリーナ優勝! ロジャースカップ決勝戦

Rogers Cup - Day 09
トロントで連日開催中の「ロジャースカップ」女子テニスプロトーナメントも、昨日が最終日の決勝戦。午後1時からセンターコートでセリーナ・ウイリアムズ選手対サマンサ・ストーサ選手の対戦が行われました。結果は2セット連取でセリーナが優勝! 上の写真は優勝が決まった瞬間。本当に嬉しそうでした。

2011年8月14日日曜日

マイケル・チャン、マッケンロー登場!

Rogers Cup - Day 07
トロントで開催中のロジャースカップ、女子テニスはいよいよ明日の日曜日決勝戦が午後1時より行われます。女子プレーヤーの試合に加えて行われる「レジェンズ・カップ」。マイケル・チャン、ジョン・マッケンロー、ジム・クーリエにアンドレ・アガシがエキジビションマッチを行うという、オールドテニスファンにウケそうな企画が組まれています。昨晩(金曜日)はその初戦、マイケル・チャンとユーモアたっぷりのジム・クーリエ戦をおおいに楽しみました。(写真はマイケル・チャン)

2011年8月12日金曜日

クルム伊達組、シャラポワ敗れる

Rogers Cup - Day 06
トロントで熱戦が続く、ロジャースカップ女子テニスプロトーナメント。昨日は波乱の一日でした。シードの上位選手が軒並み敗れ、コートのあちこちで大歓声。

Rogers Cup - Day 06
シャラポワ選手のウエアは白。デザインは昨日の茶色と黒のコンビネーションと同じだったと思いますが・・・
Rogers Cup - Day 06
第一セットの冒頭は無難な試合運びでしたので、格下のVoskoboeva選手に負けることはないと思い、クルム伊達選手のダブルスが始まる時間にあわせてセンターコートを離れたのですが・・・
Rogers Cup - Day 06
「No Public Access」と書いてあるゲートを抜けようと歩いていると、伊達選手がカートに乗って今まさにコートに出発する所に遭遇。すぐにカメラを向けるのも失礼かと思い、しばらくトコトコ歩いていたら追い抜かれて、ちょっと望遠で撮らせてもらった一枚が、今日の最初の一枚です。で、センターコートからコート1までは徒歩3分ほど。試合の流れによってはセンターに戻れるかな? と思いつつ、伊達選手のダブルスを撮影。
Rogers Cup - Day 06
善戦していましたが、相手のパワーもあって随所にミスショットがあり、押し切られそうな展開。常にリードを許す中、なかなか苦しい感じでした。
Rogers Cup - Day 06
それでもなんとか追いつき追い越そうと・・・
Rogers Cup - Day 06
そうこうしているうちに、センターコート方向から大きな歓声が! ふとiPhoneのライブスコアを見たら、シャラポワが1セットを落として2セット目も劣勢。なんてこった・・・結局シャラポワ選手はそのまま2セット目も取られて敗退! その直後に伊達選手組も同様に2セット連取されて敗退。。。ツイッターを見ていたら、上位選手で残っているのはセリーナだけという大波乱の一日でした。

モントリオールを見ていたら、フェデラーも天敵ツォンガに負けちゃいましたね。。いよいよ今日からトーナメント終盤戦のスタートです!

【撮影現場からRICOH GXR+P10/iPhoneを使って(一部)リアルタイムで写真ツイート】
ロジャースカップEventJot(クリックするとツイートに飛びます)


数は少ないですが、今日もスライドショーをどうぞ。


2011年8月11日木曜日

シャラポワ、セリーナ登場の第四、第五日目のロジャースカップ

Rogers Cup - Day04
トロントは相変わらず天候が定まらない日々が続いていますが、ロジャースカップは何とかスケジュールが進行しています。おとといはセリーナ・ウイリアムズ選手が夜の部に登場。いよいよシード選手が続々と試合に臨みます。

2011年8月8日月曜日

日本人選手、すべて敗退ーロジャースカップ第三日目

Rogers Cup Day 03
いよいよ今日から始まったロジャースカップ本選。トロントは昨日の天気とは打って変わって朝から晴天。センターコートの第一試合に森田あゆみ選手の試合が組まれていました。会場に着いたのはギリギリ。撮影の手続きをしてフォトピットにたどり着くやいなや、森田選手が登場。あわててカメラを組み立てて、撮影開始。今日はテレビ中継も入っていて、昨日までとはまったく雰囲気が違います。

2011年8月7日日曜日

ロジャースカップ第二日目ークルム伊達選手敗れる

Rogers Cup - Day2
トロントは8月のこの季節になると徐々に天候が不安定に。この日は典型的な一日、朝から雨に泣かされた第二日目のロジャースカップ・テニストーナメントでした。クルム伊達選手は本来センターコートで午後一番のスケジュールだったはずが、時間もコートも二転三転。その都度重いカメラをぶら下げてコートを渡り歩き、蒸し暑さもあってさすがに夕方にはヘトヘト。メディアセンターでカメラを下ろしてモニターを見ていたら、それまで白だったブロックが急に赤に。慌ててRexall Centreのメディアセンターを飛び出してコート4に着いたら「センターコート!」と言われ、走ってメディアセンターに戻り、「どこ?」念のために聞いたら「コート4」と平然として言われてしまい、「いやいや、センターコート」。???どないなってるねん! とにかくフォトピットのタグを支給してもらい、センターコートに駆け上がった時にはすでに試合は始まっていました・・・・なんという・・・・

Rogers Cup - Day2
対戦相手は、中国のZHENG選手。プレーは私の見た所「徹底的に拾いまくる」テニス。どこに打たれても走って打ち返してくる・・・テニスのことは全くの素人で何にもわかりませんが、ファインダー越しに見ていると、「あ、いやなタイプ」という感じがしてきます。
Rogers Cup - Day2
その上、センターコートなのにも関わらず線審の判定が微妙・・・さすがのクルム伊達選手も、目の前で大きくはずれた球筋を指差して「これがイン?」と珍しく大きな声でアピール。昨日も同じようなシーンが何度かありました。実は他のコートで撮影していても、こういうケースは多々見られます。ある一定レベルの線審や主審を集めるのはなかなか大変なのでしょうか。。。完璧なアウェーでしたね。
Rogers Cup - Day2
それでも果敢に打ち合いを続けたのですが、、、どうしても波に乗れないような雰囲気が。。。流れがついたら絶対勝てそうな試合だったのに。。。逆に相手選手はじっくり打ち返しながら攻撃してくるタイプで、特に最後のセットはイヤーな流れ。何度か意味のわからない中断もあったりして、不運な感じでした。
Rogers Cup - Day2
前半はフォトピットに降りて撮影していましたが、1セットだけでそこを離れて後は観客席からツイート。どうしても勝って、シャラポワレベルのプレーヤーと満員のセンターコートで戦って欲しかった・・・
Rogers Cup - Day2
結果は2−1でZHENG選手の勝ち。ものすごく残念でしたが、こうしてあらためて写真を見ていると、一球入魂というか、そのすさまじいばかりの気迫のプレーに、あらためて大きな感動をいただきました。ありがとうございました。

【撮影現場からRICOH GXR+P10/iPhoneを使ってリアルタイムで写真ツイート】
ロジャースカップEventJot(クリックするとツイートに飛びます)


フォトピットでの撮影はかなり蒸し暑く汗が滴り落ちるほどでしたが、奥にチャイニーズの軍団が数名、私は反対側で日本人一人で撮影。いつものことですが、なんで一人なんだ! と思うばかりです。勝ち負けの問題ではないのですが、写真では負けてないつもりですが〜こっちにももっと勢いが必要ですね。それだけに、日本人選手が出場してくれるので、こちらも元気になります!



それにしても、勝ち残って欲しかった・・・

2011年8月6日土曜日

ロジャースカップ第一日目

Rogers Cup - Day01
今日は朝からRexall Centreでロジャースカップで女子プロテニス選手の試合を撮影。何となく昨年の男子と勝手が違うんですねぇ。どこがどう違うかというのも難しい所なんですが・・・それはそうと、女子テニス、とっても激しいです。上の写真を良く見ていただくと分かるんですが、表情の凄さもそうなんですが、汗がほとばしっている。
Rogers Cup - Day01
かと思うと、こんな風にオシャレというかちょっとドキッとするような場面もあったりします。この方はelleのテニスウエアを着ていたんだと思うんですが、全身ピンクでスタイルもとっても良いし、勝ち残って欲しかった・・・・というようなことはさておき、初日の今日Rexall Centreは大勢の人で溢れかえっていました。
Rogers Cup - Day01
日本人選手として最初に登場した土居選手は残念ながらストレートで負けてしまいました。撮影していて、どういったら良いんでしょうか、「調子が出る前に試合が終わってしまった」というような印象が強かったです。
Rogers Cup - Day01
それでも随所にとっても良いプレーが出ていましたから、それだけにとても残念です。
Rogers Cup - Day01
グランドスタンド第二試合目には、地元カナダ人選手が登場。第一セットはボロ負けしていたんですが、第二セットで粘って勝った後は試合の流れが変わって、終わってみれば逆転勝ち。勝負なんて最後までわからないんですねー。
Rogers Cup - Day01
今日のハイライトは、クルム伊達公子選手。決して大柄な選手ではないのですが、コートに入ってきた時の感じがスゴイ! 思わず「大きな感じのする選手だなぁ〜」と思いながらシャッターを切っていました。
Rogers Cup - Day01
実際には相手選手(カナダ人)から比べれば一回りも小柄なんじゃないでしょうか? その「大きく見える」というところがとても興味深かったです。
Rogers Cup - Day01
粘り強く球に食らいついて行く感じがすごかったです。
Rogers Cup - Day01
撮っている時はあまり気づかなかったのですが、瞬間の表情がすごい。
Rogers Cup - Day01
終わってみれば2セット連取ですが、猛暑の中粘り強く勝ち抜いて行くのは並大抵ではないと思います。撮っている方も朝からほんの少しの休憩を挟んで夜までぶっ通しですから、こちらも気合いで最後まで撮影し続けるのは昨年と同じ。それでも昨年になかった日本人選手の登場に、とても心強い思いがしました。何と言っても撮影は日本人で(おそらく)私一人。もっと来てくれないかな〜。そして、クルム伊達選手、がんばれ〜。明日もシャッター押しながら応援してますよ〜〜

おなじみ、EventJotでのライブツイートも行いましたので、こちらもどうぞ。このブログはD3Sでの撮影ですが、EventJotはRICOH GXR+P10ユニットで行いました。

ロジャースカップEventJot


なお、明日はセンターコートで第三試合、クルム伊達選手が登場です! 明日はおそらくD3Sで撮ってEventJotでのアップになると思うので(さすがにセンターコートのPhoto pitではiPhoneを操作できない・・)ライブではありません。あしからず〜。

では、今日の撮影(D3S版)をスライドショーでどうぞ。

2011年8月5日金曜日

クルム伊達公子選手は明日登場予定

Rogers Cup 2011 - Official draw
今日はロジャースカップのオフィシャルドロー(トーナメントの対戦相手を決める抽選)の日。トロントの北(ブラッククリーク・パイオニアビレッジそば)のRexall Centreに行ってきました。
Rogers Cup 2011 - Official draw
ドロー自体は淡々と進みましたので、あんまり面白くなかった・・・それでもウイリアムス姉妹を初めて近くで見てちょっと感動。テレビでプレーを見ているとかなりの迫力があるのですが、こうやってみていると、とってもおとなしい女の人二人という印象です。
Rogers Cup 2011 - Official draw
ほんの少しですが、EventJotでもドローの様子をツイートしました(こちらからどうぞ)が、これから決勝まで追いかけますので、もしよろしかったらご覧ください。
Rogers Cup 2011 - Official draw
帰り際にふと見たら、セリーナ・ウイリアムスさんの背中にピンクのリュックサックが・・・・

明日は土居美咲さん(コート3の2試合目)とクルム伊達公子さん(グランドスタンドの4試合目)が登場! 詳細はここでもツイートとレポートをしますね!

2011年8月4日木曜日

ロジャースカップ・テニストーナメントは間もなく!

いよいよ今週末に開催のロジャースカップ・テニストーナメント。(ウエブサイトはこちらから)トロントでプロのテニスプレーヤーが間近に見られる唯一のチャンスです。取材に入るのは昨年に続いて2年目。毎年トーナメントはトロントとモントリオールの二カ所で行われ、男子プロと女子プロが交代となっています。昨年はトロントで男子が行われましたから、今年は女子がトロントで男子はモントリオールです。
会場は上の図のRexall Centre。入り口そばにメインスタジアムがあって、その奥にコートが並んでいます。
The Canada Masters Day-1
予選の最初のうちは、外のコートで試合が沢山行われます。かなり身近に選手が見られるのでおすすめです。選手は、メインスタジアムの横からゴルフカートでコートに向かいますから、運が良ければ降りる時に握手をしてもらえるかも・・というような距離です。

The Canada Masters Day-1
練習コートの前にはスケジュールが書き出されていて、熱心なファンは練習でも間近に見たいと、こんな風に柵の上から観戦している人たちも見かけます。

The Canada Masters - Day4
メインのコートはでかいです。

チケットは色々な種類のものが販売されています。オールドファンには、マッケンローやアガシが出るレジェンド・カップがおすすめですね。私はとっても期待しています。(インフォメーションはこちらから

明日4時から、メインドローが行われ、試合のスケジュールが確定します。またここでお知らせしますね。

【おまけ】去年のブログエントリーをまとめてみました。ずいぶん行っていますね・・・

明日からトロントで始まるRogers Cupのトーナメントドローにラファエル・ナダル選手登場!
Rogers Cup テニストーナメント第一日目
Rogers Cupテニストーナメント第一日目のこぼれ話@RICOH GXR P10

ロジャースカップ、ナダルとジョコビッチのダブルスチームが今夜登場!

ロジャースカップ第三日目、ロジャー・フェデラー登場!
ロジャースカップのこぼれ話ーフォトピット編
ロジャースカップ第三日目、メルツァー対ポランスキー戦
ロジャースカップ第三日目、ナダル/ジョコビッチ・ダブルスペア破れる

ロジャースカップ第四日目、ソダリング選手登場
ロジャースカップ第四日目、フェデラー戦は超満員

ロジャースカップ第五日目、ジョコビッチ選手苦戦の末勝利
ロジャースカップ第五日目、ナダル選手順当に勝ち進む

今日はロジャースカップの歴史上、記念碑的な日となりました

ロジャースカップ、決勝はマレーが連覇!
ロジャースカップ・表彰式