トロント(カナダ)在住20年の筆者が、カナダ国内旅行やトロント市内を中心としたイベントで撮影した写真で綴るブログです。
自己紹介はこちら

2011年3月28日月曜日

ナイアガラの滝、冬パート2

Niagara Falls @ Winter 2011
Nikon D3S
昨日は早朝から2週間ぶりにナイアガラへ写真取材。別件での予定もあったことから、先週大雪が降ったことでどうなっているかな? と。お天気は晴天、カナダ滝からはかなり大きな水煙が上がっていて、遠くからも「ん?」と思われるような状況で近づいて見ると、見事な冬のナイアガラの風景が目の前に広がっていました! トロントに住んでいてナイアガラから車をとばせばすぐという距離でも、現地のこういう状況はなかなか捉えにくいので、ラッキーでした・・・・前回はナイアガラの滝の虹がメインでしたが、今回は樹氷とつららのナイアガラの滝の風景が撮れました。上の写真は「Journey Behind the Falls」の上の展望台(下の展望台は雪で閉鎖中)の窓から撮ったものです。
Niagara Falls @ Winter 2011
Nikon D3S
「Journey Behind the Falls」は「Table Rock」と呼ばれる場所からエレベーターで地下へ降りて、滝を真下から見上げることができるアトラクションですが、冬の間も営業はしています。夏は大変な行列になるのですが、この時期は待ち時間もなく快適。展望台は上下に分かれていて、下の展望台は残念ながら雪で閉鎖されており、上の展望台も水しぶきや雪の侵入を防ぐために一部板で覆われていますが、ご覧の通り滝は良く見えます。
Niagara Falls @ Winter 2011
Nikon D3S
滝を裏から覗くことができるトンネルですが、この時期ここは雪と氷で閉ざされています。緑色のライティングがされていました。氷だいぶ解けてつららになって奇麗でした。
Niagara Falls @ Winter 2011
Nikon D3S
カナダ滝の周辺を歩くと、あちこちに樹氷が。水煙が風に吹かれて水滴がこんなふうに氷になる、この風景が冬のナイアガラの醍醐味ですが、いろいろと条件が整わないとこういう風にならないので、計算してナイアガラを訪れることができないところが難しいですね。
Niagara Falls @ Winter 2011
Nikon D3S
枝に氷がきれいについています。どういう風にしたらこのようになるのか、とても不思議です。
Niagara Falls @ Winter 2011
Nikon D3S
カナダ滝そばの街路灯もこんな調子で氷が付着しています。夜間にかなりな量の水が霧になって降り注いだんでしょうね。
Niagara Falls @ Winter 2011
雪もだいぶ溶けてきて、ナイアガラ川の雪が消えていました。
Niagara Falls @ Winter 2011
Nikon D3S
今回は「蝶の温室」にも行ってみました。外は零下、温室内は湿気バリバリで室温も半袖でいいくらいの気温・・・外気温と室内の温度差が大きい場合レンズが曇るんですが、それに加えて湿度ですからレンズが暖まって曇りが取れるまで待たなければならず、参りました・・・
Niagara Falls @ Winter 2011
Nikon D3S
子供連れでけっこうなにぎわいでしたよー。一眼レフを持った方も結構見かけました。蝶を撮る時は、やはりクローズアップできるレンズが必要ですね。ズームレンズでそーっと寄る必要があります。周辺をぼかすためには絞りを明ける必要があるので、F値が低いレンズ(2.8とか1.4とか)を持っていくうまく行きます。