トロント(カナダ)在住20年の筆者が、カナダ国内旅行やトロント市内を中心としたイベントで撮影した写真で綴るブログです。
自己紹介はこちら

2011年3月15日火曜日

モントリオール街歩き(1:ホテル到着と周辺の情報を得る)


RICOH CX5
今日から3日間、モントリオールに滞在しています。トロント/ナイアガラに加えて、今年はモントリオールへ足を伸ばしたいと考えていました。その足がかりをつけるために、偶然がいくつか重なって、ここにやってきています。まずはマギル(地下鉄のアナウンスでは「ミギル」って聞こえます)大学前のホテルDelta Montrealにチェックイン。

RICOH CX5
コンパクトなロビーで、レセプションはフレンドリー。ここを選んだ理由は料金が安かったからですが、地下鉄駅からも近いし、ラッキーな感じでした。

RICOH CX5
お部屋はクリーンで広々。何より静かです。

RICOH CX5
こんなデスクもあり、ネットのケーブルが出ていました(ネット接続は無料)。

RICOH CX5
早速ワイヤレスルーターをケーブルにつなげて設定を終わらせ、メールチェックとちょっとした仕事を終わらせます。ネットがすぐ繋げられるというのはとっても大事だと思います。私の場合、ラップトップ(原稿を書いたり写真を整理したりアップしたりする作業)にiPhone(メールチェック専用)がネットにつながっている必要がありますので、ワイヤレスは必須。そのために、携帯型のワイヤレスルーター(Air Mac Express)を持ち歩いています。

RICOH CX5
バスルームも広々。ちょっと嬉しくなりますね。ホテルはほとんど寝るだけですから、今回のような仕事の場合は豪華装備はまったく必要ありませんが、ゆったりシャワーが浴びられるというのは嬉しい限りです。

RICOH CX5
アメニティーはミニマム。もちろん、お部屋に冷蔵庫はありません。。。冷蔵庫の仕様は、カナダの多くのホテルに共通していますね。ないんです・・・テレビもありましたが、日本語放送はなし。今の時代はネット中心ですから、テレビは必要ないのかもしれません。

RICOH CX5
荷物を広げたら(といっても、パソコンとカメラ程度しかないんですが)早速手持ちの地図を開いて現在地とインフォメーションセンターの場所の確認。最近の旅の傾向ですが、
 「事前にあまり調べすぎない」
 「現地で情報を入手する」
 「移動はできるだけ公共交通機関を利用する」
この辺を重視して、意識的に街歩きをしています。
なので、まずは街中にあるインフォメーションセンターを探して向かうことにします。まずは情報収集。

RICOH CX5
街を歩いていると、「やっぱりモントリオール!」っていう感じがしますねー。フランス語が聞こえてくる、ということも大きな要素かもしれません。

RICOH CX5
というわけで、インフォメーションセンターに到着。まずはさっと見回してみます。

RICOH CX5
このインフォメーションセンターは、フロアの中心にパンフレット類がまとめて置いてあり、観光案内所とツアーのデスクがそれを取り囲む形になっています。案内所でインフォメーションをもらい、その場でツアーを予約できる、という形になっています。

RICOH CX5
それにしてもここはパンフレット類の充実度が凄い。モントリオールを中心に、周辺各地の情報はすべて入手できるという感じです。もちろんすべて無料です。

RICOH CX5
中はがらんとしていましたが(観光シーズンではない冬ですからね・・)、一応番号札を取るように、と指示がありましたので、

RICOH CX5
番号カードを取ってカウンターに向かいます。この辺は分かりやすくはなっていますが、要注意。シーズンになると、混むんでしょうね。

RICOH CX5
係の男性にあれやこれやと聞きます。「モントリオールは初めてでわかりませーん」「何に興味がありますか?」「カメラを持っているので、奇麗な景色が取りたいでーす」「それなら、この辺の眺めはいいですよ。」「ショッピングは?」「今の季節なら、地下街がいいですね」「美術館なども興味があるんですが」「それなら、ここと、ここから始めてみては?」などなど・・・相談に乗ってもらうにも、こちらの目的がはっきりしていないと会話は進まないですね。英語というのは一つの壁になりますが、良く喋れなくても、事前にメモしてそれを見せるとか、単語だけでも大丈夫。できれば対応してくれる人と楽しく会話をしに訪れる、というくらいの気持ちでくるといいかもしれません。
最後に、「日本人なんですが、日本語のマップなどありますか?」と聞くと「多分あったと思うけど・・・」と奥に取りに行ってくれました。あったんですね・・・

RICOH CX5
で、マップやパンフレット類を入手して、「モントリオールは全くわからないんですが、どのあたりを見て回るのがいいですか?」と聞くと、「カルチェ・ラタン」と「プラトー」から初めてみるのがいいよと教えてもらったので、とりあえずそっち方面に行ってみることにしました。もちろん、移動手段は地下鉄で。
とりあえず、ここまでのルートは以下の通り。

より大きな地図で Montreal-1 を表示