トロント(カナダ)在住20年の筆者が、カナダ国内旅行やトロント市内を中心としたイベントで撮影した写真で綴るブログです。
自己紹介はこちら

2010年8月30日月曜日

サーモン一本!

2010-08-29 00-04-23
トロントはサーモンが美味しいというのは、本当です。ちょっと前の事ですが、Taro'sでサーモン一本買って帰って来て、我が家で料理。
2010-08-29 00-10-59
目的は「塩鮭」を作るためですがー、、
2010-08-29 00-56-46
その前に寄り道。ビールを飲んで、サーモンのお寿司。。
2010-08-29 01-02-30
サーモンのたたき風。。
2010-08-29 01-04-15
てこね寿司風。。お行儀悪いですね、、、
2010-08-29 01-07-33
腹ごしらえが出来た所でお塩を出して来ます。
2010-08-29 01-10-45
こんな感じで皮目と身の方にまんべんなく。あとはラップをして冷蔵庫で約2日。
2010-08-30 16-30-20
飴色に変わるんですねー。どれくらいに切るのかは好みで。塩鮭の厚さって言うのはあると思うんですね。あんまり厚いと塩鮭の感じは出ないし、薄いのもどうかと。。いい塩梅(あんばい)の厚さって言うのは、結局は好みですね。実は息子たちは既に食べているんですが、私はまだ。冷凍したものを、いつか。。。子供達によると「マジで美味しかったよー」。良かった良かった。。。

2010年8月29日日曜日

トロントの大道芸人祭りーBUSKER FEST

Buskerfest 2010
トロントらしいといえばトロントらしい、世界各国から大道芸人を集めてイベントをやろう、というBUSKER FEST。今日は最終日の日曜日、午後に出かけてみました。大道芸人とはいえ、こんなアクロバチックな出し物をするチームあり、
Buskerfest 2010
ちなみに、この女性が跳んでいるのは不安定な細い板の上。。。
Buskerfest 2010
レタスをお客さんに投げさせて、バラバラにするっていう出し物で自分の出番を締めくくる人あり、
Buskerfest 2010
器用にヨーヨーを操る人あり、ストリートはそんな大道芸人たちで溢れ返っていました。
Buskerfest 2010
ただひたすらに音楽に合わせて踊る人あり、
Buskerfest 2010
滑稽な動きとお客さんとの絶妙な掛け合いで楽しませてくれるこんなステージもあり、それぞれが特徴がありました。というのも、彼らはどれだけお客さんを集められるのかが商売。その上、パフォーマンスが終わった後にチップを貰わないと生活が出来ません。
Buskerfest 2010
腕とアイディア一本で暮らす彼らには、何にもとらわれない自由があり、そしてその自由を得るための人並みはずれた努力があるに違いありません。
Buskerfest 2010
元々何もなくトロントにやってきた私、今はカメラがあります。うーん、やってみようかな。あ、すでにやってるか。我ながら、面白い生き方をしてると思います。
Buskerfest 2010
今朝起きたら9度近い熱ありましたが、タイレノール飲んで朝と午後にこんな風に写真撮ってますから、自分でも何でこんなふうに生きているのか、とふと思う時があります。あえて一つだけ言えることは、家で休んでいるくらいなら「今は写真を撮りたい」と、そう思うから、重たいカメラ三台持って出かけるわけです。今日は撮っていて楽しませてくれる場面に出会えて、それが一番の薬でした。ファインダーの向こうに一生懸命の瞬間が見られると嬉しいです。
そおいえば最近メールで、プロのカメラマンになるにはどうしたらいいですかって50のおっさんの私に聞いてくる若者が多いんですが、答えに困るんですね。。暮らせるように工夫して写真を撮って生きると決めればいいんじゃないでしょうか。それが自分のやりたいと思っていることなら。。。って私がそんなこと言っていいのかな。
あ、地球の歩き方編はこちらをどうぞ。。こっちはRICOH GXR+P10で撮ってます。

JCBLが終盤戦

Asahi @ Yosakoi Whales 08-29-2010
トロントの草野球リーグ、今シーズンいよいよ終盤戦ですね。レギュラーシーズンの優勝は決まったようですが、プレーオフが始まりました。これから約1ヶ月でしょうか、最後の最後ですね。それにしても、このチーム、今年は随分変化しました。
Asahi @ Yosakoi Whales 08-29-2010
見違えるように楽しんで野球をしていますね。それはなかなか清々しいものです。今日は撮っていてなかなか楽しかったです。
Asahi @ Yosakoi Whales 08-29-2010
詳しい事はわかりませんが、撮っていていくつかのタイミングで試合が別な方向に流れそうになった所がありましたが、要所要所が冷静に抑えられたという印象です。
Asahi @ Yosakoi Whales 08-29-2010

Asahi @ Yosakoi Whales 08-29-2010

Asahi @ Yosakoi Whales 08-29-2010

Asahi @ Yosakoi Whales 08-29-2010
気合い十分でした。

2010年8月27日金曜日

理詰めなのか感覚なのか


RICOH GXR
トロントは、めっきり涼しくなってきました。秋? それはそうと、今朝車に乗っている時にふと考えたんですが、私は元々考える時は理詰め。考え事をする時はびっしりと手書きで紙に考えを書いてまとめるタイプなんですね。これは子供の頃からです。でも、それだけでは息が詰まってしまうのを知っているんですね。だから全然反対のことをしたがるんでしょうね。写真は理詰めの所はありますが、最後の所は感性、感覚です。だからいいんでしょうね。頭はあまり働かせてはいないように思います。理屈ではない所でシャッターを切って、その感覚を楽しんでいる所はあります。ただ、取材で取っている時は一応考えてはいますが、必要な絵が撮れた所から、後は気分が乗る瞬間をひたすら待っているというか、遊んでいるというか。。もちろん真剣にやっていますが、いつも自分でいいなぁーと思う絵が撮れる瞬間というのは、限りなく遊んでいる時ですね。全くその時を楽しんでいる、というか。。。 こんなこと書いている場合じゃないんですがねー。昨日もあんまり寝てないし、今日ももう夜中の二時じゃないですか。仕事終わんないし。どうなっているんでしょうね。。フツーじゃないですね。まいった。 フツーじゃないといえば、GXR+A12の写りは、フツーじゃないですね。これも、まいった。 そおいえば、長男は無事にしています。

2010年8月24日火曜日

iPad + RICOH GXRは便利!

RICOH GXR + iPad
さて、ようやくトロントでも入手できるようになったiPad カメラコネクションキットを早速試してみました。考えているのはRICOH GXRを機動力のあるブログ用カメラとしてiPadとの組み合わせで使ってみる、ということです。結果は良好! かなり簡単に写真を取り込んでアップできます。
RICOH GXR + iPad
コネクターにSDカードを入れてiPadにつなげると、早速メモリーカードの中身が画面に表示されますので、取り込みたい写真だけをタップして選択します。
RICOH GXR + iPad
選択項目だけを取り込むように指示します。
RICOH GXR + iPad
写真はカードの中に残しておきます。
RICOH GXR + iPad
こういうアルバムが自動的にできていました。
RICOH GXR + iPad
Photogeneで開けます。特にレタッチはせず、サイズ変更だけです。
RICOH GXR + iPad
面白いのは、直接Flickrにアップできる事。これは便利ですね。
Shinobu sushi
ここ3ヶ月、休みらしい休みを取っていないので、さすがに疲れはボディーブローのように効いています。ま、でも毎日なんやかやと楽しくやっていますから、休まなくてもいいのかもしれません。ただ食事を作る時間がない時は、結局気づくと一日全く食べてないか、外食という日が多いですね。集中しているときは、食事をとるのも面倒。でも痩せないのは、結局どこかでちゃんと食べているからでしょう。最近はティムホートンが主食だったりして。。
Shinobu sushi
写真はGXR+P10です。オートマクロにしているので、自動的に接写モードになるのは便利。なんでこんな写真かというと、今日は「帰るよ」と車の中から電話したら、長男が「しのぶー」と言ったので、急きょ予約を入れて途中で待ち合わせて、と。。
Shinobu sushi
サイズ変更だけで、撮って出しですが、いい感じですね。GXR+iPadの組み合わせは便利でいいです。 GXRとiPadだけを鞄にポイッと入れて街に出て、外からその場でブログアップを今度トライしてみる事にします。

2010年8月23日月曜日

iPadのカメラコネクション・キットを入手!

やっとですねー、iPadのカメラコネクション・キット。ずいぶん待たされましたが、オンラインのアップルストアで「納品まで1〜3日」と出たのでフェアビュー・モールのアップルストアに行ってみたらありました。

2010年8月22日日曜日

RICOH GXR A12ユニットで自然を撮る


RICOH GXR A12
50ミリマクロレンズのA12ユニット。今日のセッティングはEVF(電子ビューファインダー)つきで。メカっぽくてカッコいいですねー。。。

キャンプ場でGXR A12を試す

RICOH GXR A12 @ GRAVENHURST
今日は朝五時半出発。トロントのダウンタウンから今日は2時間。さすがに早朝のため渋滞もなくスムーズに到着! あいにくの雨でしたが、緑が一層きれいでした。今日はGXR A12ユニットのみを連れて行きましたが、いいですねー、、、写りがいい。
RICOH GXR A12 @ GRAVENHURST
まずは食堂で朝食を。
RICOH GXR A12 @ GRAVENHURST
ここはガールスカウトの施設。とっても質素な朝食です。それでいいのです。
RICOH GXR A12 @ GRAVENHURST
オートミール、ベーグル、マッフイン。
RICOH GXR A12 @ GRAVENHURST
食べ終わったら食器の種類ごとにここに返却します。
RICOH GXR A12 @ GRAVENHURST
返却する時には、ここで各自キチンと食器についたものなどをキレイに取ってから返すんですね。この辺は世界共通です。昔日本でもよくやりましたが、こういうキャンプを知らない人もいるようで、そのまま返そうとする人もいるようです。自分でできる事は自分でする、食べ残しはしない、それが暗黙のルールです。
RICOH GXR A12 @ GRAVENHURST
食堂の壁には目撃された動物達のリストが。今年はクマが出没するようです。。のんびりいられたら、そんな写真も撮れたかもしれない。。。でも今日は主催者からの依頼で三十人ほどのみなさんの前でお話して今日の目的終了。早速カメラ持って周辺をぶらぶらと撮影で、午後にはトロントに戻ります。。(続く)

2010年8月21日土曜日

RICOH GXR A12ユニットをあれこれと。。

RICOH GXR+A12 - Sashimi @ Taro's Fish
A12ユニット(50ミリ単焦点)は面白いですねー。かなり気に入っています。まずは写りがいいということ。写真はTaro's Fishのお刺身。お刺身というのは、形も複雑、色も鮮やかでカラフルですから被写体としてはなかなか難しいものがあるのですが、この写真を見る限りでは、A12はコンパクトデジカメで撮れる画質を超えていますね。この写真は残念ながらピントが甘いので(あとは慣れの問題でしょうか)、、、それでも良く写っています。ボケ具合もきれいですし。。。

2010年8月20日金曜日

RICOH GXR A12ユニット

トロントは朝晩がだいぶ涼しくなってきました。夏の終わりを感じますねー。。ということは、まもなくイベントも一段落する、ということなのですが。。私のRICOH GXRに新たに加わったユニットA12。50mmマクロレンズということで、期待大ですが、やっぱり写りはいいですねぇ。。。もともと単焦点レンズは好きな方なので、このレンズは今出ているユニットの中では一番関心が高かったのですが。。

2010年8月16日月曜日

ロジャースカップ・表彰式

The Canada Masters Day-9
トロントで行われていたロジャースカップ・テニストーナメント。先週の金曜日、CNタワーではじめて見たロジャースカップのトロフィーの行き先が決まりました。
The Canada Masters Day-9
いよいよ表彰式です。
The Canada Masters Day-9
まずは準優勝のフェデラー選手。
The Canada Masters Day-9
場内からは大歓声。今回は残念でしたね。。受賞のスピーチでは、「主催者、スポーンサーをはじめ大会の運営に携わって下さったすべての方々に感謝します。特にボランティアの方々には心から感謝します」ということばに、場内大歓声と拍手。どこまでもジェントルマンですねー。
The Canada Masters Day-9
優勝者はマレー選手。なんと優勝賞金35万ドル!!
The Canada Masters Day-9
トロフィーが授与されました。
The Canada Masters Day-9
同じようにスピーチでは「今年も優勝出来て嬉しいです。大会の為に力を尽くして下さった皆さんに感謝します」と。
The Canada Masters Day-9
トロフィーを持ってビクトリー・ラン。
ロジャースカップ・テニストーナメントは今年はじめての撮影でしたが、コートサイドのフォトピットから見る男子シングルスの迫力あるプレーは、感動的でした。私的には、スタンドの観客席の後ろから望遠で取った写真の多くにお気に入りのものがあるので、フォトピットでの撮影がすべて、というわけではないことも事実です。

トロントは日本から見ると「それ、どこ?」というような場所なのですが、夏はこうやってイベントを中心に追っかけて行くと、意外にいろんなことをやっている街だと思われるでしょ? 確かにニューヨークやロンドンとかという世界の大都市と比較すると、有名度はかなり落ちるんですが、それは有名度だけ、だと思いますよ。私自身、ロジャースカップのことは前から聞いてはいましたが、実際に来てみるまでは「ここまで本格的なんだー」ということは知りませんでした。ま、それはただ私が知らなかったというだけですが。。。ちなみに来年は男子がモントリオール開催で、女子がトロントにやってきます。