トロント(カナダ)在住20年の筆者が、カナダ国内旅行やトロント市内を中心としたイベントで撮影した写真で綴るブログです。
自己紹介はこちら

2009年12月31日木曜日

ネット環境と携帯メール初体験

2009年も今日が最後になりました。一年間ブログを見ていてくださった方々、ありがとうございました。良いお年を迎えられますように。

今回東京ではネットにはほとんど繋がず、もっぱら携帯のみ。これはホテルで、あらかじめ持って来たポータブルのワイヤレスルーター(AirMacExpressでしたっけ。これ、こういう時にはとっても便利ですよ)を繋いでいるところですが、携帯がとっても便利なんですね。空港でレンタルの携帯を借りた時にメールとネットが使い放題のプランがあったので、それにしてみました。到着してすぐ空港内のカウンターで受け取り、出国時に同様にカウンターで返却する、という方法です。毎年使っています。着信はタダなので、ワン切りしてかけてもらうと、毎年10分以内ですみます。

出てきたのが右側のちっちゃい携帯。日本ではパソコンでのメールよりも携帯メールが主流と聞いてはいたんですが、実際使ってみて「なるほど」と。まず「どこでもつながる」ということに加えて「簡単で便利」。用件のみだったら、携帯が便利ですね。でも「用件のみ」に限定されて、しかも「どこでも繋がる」わけですから、結果「常に携帯を握り締めて歩く」という状態が起きることに気づきました。用件をミスするとまずいですからね。
例えばこんな場所にいる時に、「今どこにいる」というような短いメールを頻繁に送ったり受け取ったりするわけです。
こんな場所にいる時にも、ちょっとした所在確認ができます。これは便利。
あるいは「何してる?」「コーヒー飲んでる」。こういう状況では電話はちょっと無理ですよね。だと、用件メールは便利。あー、そういうことか、と思いました。携帯を使わなかったときに、「何であんなに携帯をいつも持って画面とにらめっこしているんだろう」と思っていましたから。
ちなみにこの喫茶店は「魔性のコーヒー」を出す店。合羽橋でちょっと一息と思って見かけたお店です。まー、昔ながらの「喫茶店!」という感じのお店でした。どのくらい魔性だったのかについては、「アメリカン」を注文してしまったので、わからずじまい。メニューに「コーラー」とあるのは、コーラのことでしょうね。。。。

話を元に戻すと、携帯を持っているということは、常に場所が特定されてしまうという、恐るべし携帯メール。

2009年12月30日水曜日

DP-1で東京の夜景撮影


Tokyo 2009 DEC@DP-1
今回やってみたかったのが、DP-1での夜景撮影。。これは六本木。ISOを上げて手持ちで撮影してます。コンデジですが、いいですね。実はD5000と迷ったんですが、DP-1をちゃんと使ったことがなかったので、今回は「背水の陣」(要するに、これしか持って行かない、新しいカメラも買わない)をしいて、これを使う! と決め打ちで。夜景はノイズのことが言われますが、RAWモードで撮って付属の現像ソフトで現像すると、(私の感覚ですが)ぜんぜん問題ないです。ノイズより、手ぶれの方が問題。場合によっては電柱とかにカメラを貼り付けて撮ったりしますが、だいたい大丈夫そうですね。コンデジに三脚という無粋なことはできないので。。。。


SDIM0074

SDIM0110
新しいカメラは買わないとは言え、ちょっとだけDP-1をパワーアップするアイテムは追加。。。。最終的には、新しいカメラが買える位の金額になっちゃってるんですけどね。そこはご愛嬌。フラッシュとか、クローズアップレンズとか、イタリア製のちっちゃな三脚とか、予備のバッテリーとか。。。手前のシルバーのビューファインダー(これはドイツ・日本製)、合羽橋方面のお店のオーナーのおじちゃんたちには結構な人気でした。「お、お兄さんいいのつけてるねぇ。。」なんていう具合です。わかる人にはわかるんですねぇ、、でも高いんだ、これが。。。このビューファインダー、名前の通り撮影のときに覗いてアングルを決めるんですね。良く妻に「今撮ったのに見てなかったわよね、それ。見ないのに何でそれつけてんの?」と突っ込まれちゃうんですけど、違うんだよなぁ。。。意味が違うんですよ。物事には形とか段取りっていうものがあるんですよ。

Tokyo 2009 DEC@DP-1
で、いよいよ夜景撮影に。こちらは東京タワー周辺の夜景。これは六本木ヒルズの展望室から撮っていますが、かなり苦労しました。ガラスに室内の照明が乱反射するので、レンズをガラスに貼り付けて撮影しますが、F4開放でも2秒とか。。。。ブレまくりです。今回びっくりしたのが、東京タワーのイルミ。とってもきれいでしたねぇ。なんだか東京タワーではないみたいな、おしゃれなタワーに変身。時間でイルミのデザインが変わるんですね。

Tokyo 2009 DEC@DP-1
まあ、高所恐怖症の私が良くこのショットを撮ったものだと。。実はカメラを持っていると、10分くらいは大丈夫なんです。でも、突然我に返るというか、素に戻るというか、そうすると変な汗が出てきてダメ。これは割かし最初のほうだったと思いますよ。展望台の滞在時間は15分くらいでしょうかね。入場料が1500円くらいでしたから、1分100円(高!)。。。。

Tokyo 2009 DEC@DP-1
これは降りたところ。さっきの上から見た場所の現場ですね。ここのイルミは(ミッドタウンも一緒ですけど)、木に電飾を貼り付けたタイプ。見ているとだんだんどこも一緒に見えてくるんですね。そういう意味では日本的です。

Tokyo 2009 DEC@DP-1
こっちは東京ミッドタウン。妻は六本木が庭なので、さっきのヒルズから私にはさっぱりわからない裏道をガンガン歩いて、あっという間に到着。私的には、せっかく六本木に来たんだからリングシュー食べたかったのに、素通りとは。。。。

Tokyo 2009 DEC@DP-1
基本的には地下鉄を利用しますが、タクシーも大活躍。六本木と銀座は、夫婦でよく知っている場所なので、どうしてもその周辺をウロウロすることになっちゃうんですね。渋谷とかには、もう10年行ってないですね。だからあっちのほうはまったくわかりません。。それにしても最近のタクシーの運転手さん、もうちょっと道を覚えたほうがいいですよねぇ。。ナビに頼りすぎ。。。。(ちなみにこの運転手さんは良かったです)

Tokyo 2009 DEC@DP-1
これは数寄屋橋交差点。シシリアでワイン飲んだ帰りに撮ってますが、酔っ払いでもこのくらい撮れるんですから、DP-1も捨てたもんじゃないです。。。

Tokyo 2009 DEC@DP-1
こっちは銀座四丁目交差点。この辺は昔の職場の近くなので、やっぱり懐かしいですね。もうこれくらい撮れるんだったら、一眼デジカメの出番は(仕事以外では)ナシ! でも大丈夫ですね。

2009年12月29日火曜日

突然ですが、一時帰国。。。

ご無沙汰をしています。ちょっと更新が滞っていましたが、東京の話題を。。。しばらくこの話題が続きます。
SDIM0049
今回は、SIGMA DP-1をメインに、ROLLEI 35をサブにという2台カメラ体制で。。。。Nikonのでかいカメラはお留守番です。


20091220_110953
かばんの中身。。。

SDIM0048
パソコンは、このネットブック。いかに軽くするかが今回のテーマです。これはピアソン国際空港のゲート前。ここまで入るとネットは無料で使えるので便利ですね。電源も探せばあるし。ぎりぎりまでネットでなんやかんやと。

SDIM0160
久しぶりの東京はお天気もよく、DP-1は快調です。遠くに見えるのは「東京スカイツリー」。完成すると高さ634メートルでCNタワーを抜くんだそうで。。。

Tokyo Skytree @Dec 2009
こっちは至近距離から。現在245メートルだそうで。ほぼ三分の一を超えたところですね。東京タワーはどうなっちゃうんでしょうね。

2009年12月16日水曜日

バンクーバーオリンピックの聖火リレー

トロントのダウンタウンにバンクーバーオリンピックの聖火がやってきました。

Olympic Torch Relay @ Toronto

昼間はダウンタウンに入ってくる北の方のポイントで撮影。まあ和気あいあいとした感じでした。


Olympic Torch Relay @ Toronto

子供たちも一生懸命ランナーを応援しているという状態。聖火ランナーの方も走っていて走りがいがあるだろうなぁと、そんな風に思っていました。

Olympic Torch Relay @ Toronto

結構火力の強いトーチ。

Olympic Torch Relay @ Toronto

夜はダウンタウンの中心、我が家の近くで待ち受けました。まあ、とにかく寒い。。。。

Olympic Torch Relay @ Toronto

それと、警官が多いなぁ、という印象でした。

Olympic Torch Relay @ Toronto

それに、すごいパトカーの数。なんでしょうねぇ、と思っていたんですね。

Olympic Torch Relay @ Toronto



そしたら、ルートの南側でデモ。動かないはずです。ヤングとウエレズリーの交差点は大混乱。

Olympic Torch Relay @ Toronto

聖火ランナーは、やむなく伴走のバスに乗り込み、ルート変更を余儀なくされてしまいました。

Olympic Torch Relay @ Toronto

騎馬警官も出動。こういう時は見晴らしがいいですね。

Olympic Torch Relay @ Toronto

カレッジ駅で待機していたストリートカー(貸切)には、聖火ランナーが乗る予定だったんですが、これも中止。

Olympic Torch Relay @ Toronto

すっかり冷え込んで、ぶるぶる震えながら家に戻ったら、なんと我が家の真下を聖火ランナーが通過! ベランダから撮影。なーんだ、ここでずーっと待っていたら暖かかったのにぃ。。。というオチつき。

Olympic Torch Relay @ Toronto

それにしても、ブーイングの多いこと。オリンピック反対派の人が、結構いるんですね。びっくりしました。理由はいろいろとあるのでしょうが、ダウンタウンではそのことが目立った聖火ランナーの通過の出来事でした。

2009年12月14日月曜日

インプロビゼーション(即興的)とコシナのレンズ


Taro's Fish - Catering
土曜日のことですが、いつもの「お魚に詳しいお友達」に連れられて、ちょっとしたパーティーのお手伝いに行ってきました。普通のお宅で行われたパーティーのお料理のうち、お寿司を担当されたんですね、で、なぜかそのアシスタント。。どんな人生でしょうねぇ、私は。。。。。。でもちょっと面白かったんですね、言い方は変ですが。


Taro's Fish - Catering
なぜかと言うと、ものすごく狭いところでセットアップして100人分のお寿司を出すという、会場についてびっくりの状況。ま、彼はいつものように悠然といろいろなものを出してきては、狭い場所でセッティングを開始。すると洋風料理を出している別なケータリングのシェフがやってきて、「葉っぱ、あるけど、使う?」と。お料理出すのがお仕事なんですけど、プレゼンテーションとセッティングを入念にするという不思議な感じになってきます。面白いですねぇ、これ。

Taro's Fish - Catering
昔ジャズやってた頃に魅せられていた「インプロビゼーション」、ま、即興というやつですね。ま、ざっくり言うと、その場の状況によってパフォーマンスを変化させていくことなんですが、二度と同じことができないという独特なスリルと面白さがあるんですね。今回の場合は、まさにこの言葉がぴったりの感じでした。何か「流れ」のようなものがあって、それに乗っていく感じがありましたねぇ。。

Taro's Fish - Catering
非常に面白い!

Taro's Fish - Catering
これは彼にカメラを取り上げられて撮られてしまったもの。セッティングは私ですが、ピントと構図は彼。写真の腕が上がりましたねぇ。。100人分のお寿司の用意をしながら、写真撮ってるんですからねぇ。ちなみにこのカナッペは不肖私の作。あ、でも乗っけてるだけですから。。。

Taro's Fish - Catering
D5000とコシナ製フォクトレンダー40mmの組み合わせ。光も弱くて決していい条件ではなかったんですが、このレンズ、とってもこってりした感じの絵が撮れるんですね。興味深い結果になりました。

Taro's Fish - Catering
すんごいですねぇ。すんごいと言えば、帰宅は夜中の3時半。子供たちが「パパ、顔の色が変だよ」。そうでしょう、二日寝てなかったんですからねぇ。いろんな意味ですんごい一日でした、というオチがつきました。ま、楽しかったんだから、いいんです。それにしても、コシナのレンズは面白いですねぇ。ここでテストされているもののうち2本は持っていますが、もう一本ほしいかなぁ。。。

2009年12月13日日曜日

茶碗蒸しとけんちん汁がうまかった。。。


Shinobu
久しぶりの志(しのぶ)。「えー、ブログですかぁ?」とまずは記念撮影。タミオ君は今日も元気です。このお店、味はもちろんおいしいんですが、彼の人柄が評判。今日も予約をいれていないと入れないという状態。もうちょっとお店が広くなるといいですねぇ。。

Shinobu
看板には「MAKISUSHI」と書いてありますが夜は「志」。初めての方にはわかりにくいかも知れませんので。。。


Shinobu

Shinobu

Shinobu
私以外の人たちは、定番の「鶏天南蛮」とか「マウントフジ・サラダ」とか「かりかり餃子」とかを注文しつつ、私は「おまかせ」で。

Shinobu

Shinobu
上は最初に出てきたなかおち。おいしかったですねぇ。

Shinobu

Shinobu
お飲物は、ビール(2)の次がライムのチューハイ(2)。

Shinobu
食べている間ずーっと、お隣の席の人が見ていたんですね。で、この茶碗蒸し。これねー、おいしかったんですよねー。で、お隣の人(日本語でも、英語でもない言葉を喋っている人たちでした)が、「あれ、何?」と言い始めて、注文していました。やっぱり寒い時にはあったかい茶碗蒸しですよねぇ。粋なメニューの流れに感動。

Shinobu
意外に味のわかる次男が「僕も欲しい」と。

Shinobu
長男の頼んだお寿司。(たぶん梅)

Shinobu
牛タンもやわらかくておいしかったー。

Shinobu
最後に出て来たけんちん汁! これ、数日前に話していたんですよねー、タミオ君と。この時期、やっぱりけんちん汁だよねぇ。。。と。いやー、出汁が効いていて、とってもおいしかった。

Shinobu
〆にお寿司。どれもおいしかったですが、やっぱり茶碗蒸しとけんちん汁だなぁ。タミオ君にやられました。ありがとう。

Shinobu
忘れてました、これがごまのアイス。
Shinobu
あ、これも忘れてました、天ぷらうどん。