トロント(カナダ)在住20年の筆者が、カナダ国内旅行やトロント市内を中心としたイベントで撮影した写真で綴るブログです。
自己紹介はこちら

2009年5月14日木曜日

マイクロフォーサーズ

お天気の良くなったトロント。カバンの中身も重量級になってきました。その原因のひとつはパソコンをカバンに入れていることですが、もう一つはこれ。

どうしても、この18-200VRは手放せないとっても便利なレンズなんですね。望遠と広角の両方に加えて、お花や葉っぱを撮る時にマクロ的にも使えるのがとても気に入っています。しかしレンズが重い。この間もRosedale Valleyで重いカバンを背負って撮影していると、やっぱり背中に来ますね。。


で、考えるのがこのカメラ。出ましたね、DP-2。DP-1を持っている者としては単純に「止めて欲しい。。」と思うんですね、こういう展開。レンズの焦点距離が違うバージョンを出しました。使い勝手も上がっているようです。ちっちゃいカメラなのに一眼デジカメの素子を使っているユニークさと、まさにコンパクトな軽さがとってもいいんですが。。。これでレンズが交換できたら言うことないんですよね。DP-1、解像度は抜群で広角の感じはとっても好きなんですが、ズームができないのと、マクロがカメラ単体ではできない。。

で、何気なくネットを見ていたら、そういうカメラがこの秋までに出るらしいんです。。。オリンパスのマイクロフォーサーズ。写真を見るとレンズ交換式じゃないですか。。。

これは注目ですね。どのくらいの大きさかわかりませんが、こういうカメラ、好きなんですね。今いくつかの新しいプロジェクトがはじまりそうなので、やっぱり新しいプロジェクトには新しいカメラが必要かも、と考えちゃいますよね(←これ、悪いクセです)。

小さくてレンズ交換が出来るカメラ。大きさがほどほどだったら、絶対買っちゃうだろうなぁ。。。これからが楽しみです。ニコンのレンズは使えないから、またレンズが増える。。。