トロント(カナダ)在住20年の筆者が、カナダ国内旅行やトロント市内を中心としたイベントで撮影した写真で綴るブログです。
自己紹介はこちら

2009年4月23日木曜日

iPhone 3Gのパケット通信問題

知らない間に長男がiPhoneを使い始めていました。。。それも私より新しい3Gモデル。ま、第一世代のiPhone使いとしてはどぉってことないですけどね。余裕です。なにしろ年季が違いますから。自慢じゃないですけど、MacだってSEの時代(フロッピーで512kとかのメモリの時代)から使っていますから、多少のことでは驚きません。

で、あまり気にしていなかったのですが、長男が「今月のデータ通信の請求額が半端ではないらしい」とFidoから言われ、彼も身に覚えのないこと、調べてみると今月はどうやらデータ通信だけで60ドルは超えるらしいということが判明。「だめじゃん。」なぜなら、そうです、私のアカウントにくっついているからです。。。なんてこった。

「キャリアのFidoに電話をして、ネットが出来ないように設定したいんだけど、マスターアカウントの人じゃないとだめだと言っている」と。「面倒だなぁ、俺が電話するのか?」「そうみたい。。」で、「息子の電話のネット機能をカットしてください」とお願いします。その場でやってくれたのですが、「こういうの、安心しちゃダメだよ」「何で?」「そういうもんなんだよ。自分の電話の挙動をちゃんと把握しておかないと。」「ふーん」と。そしたら今日、案の定「あのね、データ通信は未だにできちゃっているみたい」。で、「ネットで解決方法調べて見たら?」と。何といっても今年からコンピューターサイエンスを専攻する大学生になるんですから、それくらいはやってもらわないと、ねぇ。。「で、どうなった?」と聞くと、結果は「わかんない」と。「何だ、面倒だなぁ、、」調べてみると、3Gという電話接続を使ってデータのやりとりをしてしまうようになっているようで、それを止めるには、iPhone自体の設定を変えればよいことが判明。そのソフトも入手可能であることがわかったので、早速対策を講じます。

念のため、ネット接続の設定を切った上でメールソフトを立ち上げたところ、「ネットに接続されていません」というアラートが出て、これで電話回線を使ったネット接続は完全にシャットアウトされたことが確認されました。私のiPhoneは古いので、こんなことしなくてもネット接続はできないようになっているので問題なし。もし外出先などで勝手に3Gを介したデータ通信をしたくない場合は、「iPhone 3G パケット」というキーワードでGoogle検索すると、How-Toが出てきます。あくまでもOwn riskでお願いしますね。