トロント(カナダ)在住20年の筆者が、カナダ国内旅行やトロント市内を中心としたイベントで撮影した写真で綴るブログです。
自己紹介はこちら

2009年3月31日火曜日

一眼レフのほこり掃除

一眼レフデジカメの唯一の弱点(ま、最近ではこれも弱点でなくなりつつありますが。。)、それは埃です。

レンズを交換するときに、ボディ内に入る埃。ちっちゃな埃でも、写ってしまうんですね。それをこの間発見して、「掃除しなきゃぁ。。」と思っていたんです。その際に活躍するのがこのブラシ。カナダ製です。

まずレンズをはずします。はずしたレンズにはすぐキャップをします。そうしないと、レンズに埃が入ってしまって、そうなると回復不可能。。

ミラーが見えますね。ファインダーから見える像は、このミラーに反射しているのですね。で、シャッターを切るとこのミラーが上がる、だから「カシャン!」という音がするのです。実はD40Xのシャッター音が意外と好きだったりします。

ミラーを上げるためには、バルブといって、シャッターボタンを押している間ミラーが上がっているようにします。でないと、作業中にミラーが降りてきて、ミラーが壊れる。。。

ミラーを上げた状態です。見えるのが受光素子。ここで光を受け止め、電子的に変換するのですね。これがカメラのいわば心臓部です。で、ここに埃がつくと、やっかいなのです。なぜなら、この受光素子はとてもデリケート。濡れ布巾で拭いたりしたらいけません。

ここで登場するのが、ブラシ。

電池式で、こうやって「ぶいーん」と回転させ、ブラシについている埃を飛ばすのと、静電気を発生させて素子の埃を吸い取ります。

こういう道具のメンテナンスを行っているうちに、カメラの構造にも親しめて、なかなか楽しいものです。