トロント(カナダ)在住20年の筆者が、カナダ国内旅行やトロント市内を中心としたイベントで撮影した写真で綴るブログです。
自己紹介はこちら

2009年2月20日金曜日

IKEAでの買いものには、必ずドラマがある。。。

「ソファを買いに行きますから」「はぁい」と、雪の中、IKEAへ。

晩ご飯は、1ドルのパスタかな・・・

まずは、腹ごしらえ。

注文すると、目の前であっという間にお皿に盛り付けてくれます。早い!

ミートボールですね。

次男はFish&Chips。正解です。

おなかが一杯になって、もう帰りたくなっています。

これから家族全員でソファ選びです。たぶん私には選択権はありません。。。これいいなぁ。

これもいいなぁ。。

これもすわり心地がいいですねぇ。

このタイプも好きですねぇ。。

疲れましたぁ。。。

え、これなの? ふーん。そうかなぁ。。

カバーの色が選べるようです。。。私は完全に取り残されています(というより、疲れてやる気が出ていない。。)

レジでお金を払います。ふーん、ここもレジ袋、有料になったんですね。あちこちでこういう場面に出くわします。

ピックアップカウンターに行きます。珍しくここまでは順調ですね。しかーし、IKEAでは、いつもドラマが待っているのでぇーす。

「お客様のお買いになったソファー、フレームがなくて、カバーだけがあります。どうしますか?」「え?どういうこと??」「えーっと、フレームがないんですね。でカバーがある・・」「ねえ、どういうこと、それ? ここにある、このおっきな箱、これ何なの??」妻は逆切れです。「えーっと、フレームがないんですか?」「あ、違った、カバーがないんです」「カバーがない。そうですか。じゃ、ソファになりませんね」「そうですねぇ(苦笑い)。払い戻ししてください。」この後ちょっと話し合いがあって、対応してくれたお姉さんががんばってくれて、別な色のカバーを探してくれました。で、払い戻ししたんですけど、もう一回払って(すごいレシートの山~!)、カバーをゲット。もう9時半です。。。。

カバーを待っている間に、フレームの積み込みです。入るんかいな? 入りました! こんな時にだけ、とても感謝されるこの車です。

でかいソファを飲み込んだ車は、さらに家族4人も飲み込み、家路に着きます。さあ、コンドミニアムのセキュリティに注意されないように、さっさとエレベーターに乗っけて、ドアのところまで無事到着!それにしても、でかい。

ようやく部屋にたどり着きました。「よかったねぇ」と家族。しかーし長男は「パパはIKEAには必ずストーリーがあると言っているから、まだまだ安心できないよん」と言いながら、さっさとギターの練習を始めてしまいます。次男は「明日の宿題があるから・・・」と、二人の息子に逃げられてしまった私。

この組み立て、本当に苦手なんですよねぇ。

「パパさんがんばってくださいな」と言われて、「はいはい。。。で、説明書は?」「そんなのないわよ」「何か嫌な予感が。。パーツが足らないんじゃないかなぁ。。。組み立てのボルトとかないし、実はもう一箱あったりして。。。」「うそーーーーー」

続く。。。。