トロント(カナダ)在住20年の筆者が、カナダ国内旅行やトロント市内を中心としたイベントで撮影した写真で綴るブログです。
自己紹介はこちら

2008年2月29日金曜日

うなぎの押し寿司


冷凍だけど立派なうなぎをいただいたので、押し寿司に。うなぎは解凍してトースターでグリル。なぜか我が家には押し寿司用の木箱があるので、まずラップをしいて、すし飯を入れ、上にちょうどサイズに切ったうなぎをのせます。

すし飯は、お酢とメープルシロップをほぼ同量、塩をひとつまみでご飯に混ぜます。これが面倒な時は、ガリ酢を使ってもいいですね。ガリをみじん切りにして、ガリ酢と一緒にごはんにまぜると、ちょっと変わったすし飯になります。切りごまをまぜてもいいですよね。カナダ人にお寿司を出す時は、ちょっと甘めのお酢加減で、うなぎなんかが食べやすいようですよ。

で、木箱の上下左右にたっぷりラップが出ている状態にしておいて、そのラップをかぶせて、上からふたで押します。30分くらい置いておけば食べごろです。


この木箱がない場合は、ラップの上にうなぎサイズのすし飯を置いて、そのうえにうなぎを巻くようにかぶせ、ラップでくるんだ後に、巻きすで巻いて、輪ゴムなどでとめておきます。要領は焼きサバ寿司の時と同じですね。焼きサバ寿司の場合は、塩サバを焼いたら油を切って、同じようにすし飯にのせ、ラップにくるみ巻きすで巻きます。

切る時には包丁を良く研いでおくといいですよね。ちょっと湿らせると、きれいに切れます。切ったらぬれ布巾で包丁を奇麗にし、しめらしてまた切る、の連続です。冷凍のうなぎはタレがついているので、そのまま巻くと、場合によってはごはんがばらけてしまいますので、あんまりタレが沢山かからないようにすると良いかも知れません。

親子差し向かいの金曜日の晩

急に串揚げが食べたくなったので、雪の中子供達に鶏肉を買いに行かせて、串揚げの会。いただいた上等のうなぎは箱寿司にして、出します。長男が「このうなぎは美味しい」という程。なかなかのものでした。

キッチンの前にちっちゃなテーブルを出して、鶏肉、アスパラガス、マッシュルーム、タマネギ、ブロッコリーを順番に。食べたいものをその場で揚げては出すという、串揚げ屋状態。まあ、見た目は、キッチンの入り口の床に座り込ん食べている、という不思議な状態ですが(しかもほとんどしゃべらずに食べるという)、揚げ物の時はこれがベストでしょう。やっぱりあげたては、ウマい!

あー、蓮根とかあったら良かったなー。

ころちゃん


今日チョット元気ないかなーと思ったら、ひさしぶりにオシリのトラブル発生。わーわー騒いでいると思ったら、息子たちが自発的に全部きれいにしてくれて、元気回復。よかったよかった。もりもり食べてます。きっと気持ちよかったんだろうねー。それにしても、何たるにおい!

予報通り雪が降って来ましたねー


いやはや。。

2008年2月28日木曜日

寒いけど外出

何年ぶりでしょうね、夜の外出。志で4時間半。。学生時代は、良くこういうことはあったと思いますが、大人になってからは、まずないですね。。。お店は席数が少ないので、木曜日でも予約しないと、無理だったようです。最近寿司屋というと、ここばかりです。

それにしても、恐らく冷蔵庫のほうがまだ暖かいくらいの外の気温でした。

写真は子供におみやげ。あっという間になくなってしまいました。

Wiiは、、、


大丈夫です、ちゃんとやりますから。。。

外は体感温度マイナス27度の木曜日の朝


寒いんでね。。。。

2008年2月27日水曜日

今日は寒かった

夕方近所に買い物に出ましたが、寒い!

思わずドーナツ買ってしまいましたー。さてさて、晩ご飯は麻婆豆腐です。

ベーグル

息子たちのお弁当は、今日はベーグルのBLT(あ、トマト入ってない)でした。

外はマイナス20度!


いやー、外側の窓が凍っている(二重窓です)のに気がついてウエザーニュースを見ていたら、体感温度がマイナス20度! うーん、外は寒いんでしょうねぇ。はあー。金曜日にはまた雪だと言っていますが。。。2月が終わるというのに、今年は雪の多い冬ですねぇ。

バルコニーに置いてあるテーブルも凍りついています。。

2008年2月26日火曜日

Rollei 35 フラッシュブラケットの巻(1)


Rollei 35の味わいとも言えるフラッシュの位置。。そのままだとカメラの一番下に逆さまにつけるという、不思議問題のあるこのカメラ。フラッシュを使って撮影する時は、カメラを縦にするか、あるいは逆さまにして撮影しないと、下から強力なフラッシュの光があおるという、そういうコトになってしまいます。。で、この不思議問題を解決するフラッシュブラケットが何種類か、コレクタブルに出回っていますね。まあ別にそんなもの集めなくてもいいじゃないか、という意見もあるのですが、とても安いし、パーツをつけて進化させるというのが面白くて、オークションで全然人気がなかった隙にゲットしてしまいました。タイミングですね。。。


このストレートタイプはRollei 35のフラッシュブラケットの中では代表格でしょう。これは裏側でして、


おもて面はこんな感じになっています。要するに、カメラの底面にあるフラッシュ用のホットシューをカメラの左側に延長する、というものなのですね。で、どうやって装着するか、というと、、


こういう感じで、三脚用のねじ穴を利用してこのブラケットを固定するという具合です。ホットシューの接点には、でっぱりのついたアダプターを差し込んで、端子をブラケットの外に出すのですね。


この状態で正面からみるとこんな感じになります。


で、どのようにしてフラッシュを装着するかというと、まずこのブラケットについているホットシューにフラッシュを差し込みます。それで、カメラ本体のホットシューから出ている端子とフラッシュ本体を、ケーブルで繋ぐ、という、そういうややこしいことをするのですね。うわー、メカっぽい!


これが正面から見た完成図! 今イチカッコ悪いかも。。。試しにフラッシュを焚いてみましたが、ちゃんとシャッターと連動されていて、感動モノです。とはいえ、このような状態のカメラを持ち歩いていると、いろんな意味で注目を浴びてしまうでしょうね。。。あんまりマニアックな感じの人だと思われたくないのですが。。丸出しですね、このカタチは。。

見た目のほかにもう一つの難点は、ケースとかぜんぶ外してから、さらにブラケットをねじ込んだりケーブルを付けたりするので、装着するのに時間がかかる。。。でもまあ、カメラを逆さまにして撮影するよりは良いかも知れないと思ったりしながら、なんとなく、どんな方向に進んでいるのかがちょっと分からなくなってきています。。。

もともと手のひらに乗るくらいにちっちゃなカメラなんですが、何だか細かなパーツが増えて来て、こうなってくるとそれらをまとめて入れておく大きなバッグが必要になって来るかもしれないという、本末転倒な出来事が進行中です。。。やれやれ、楽しいことです。

ところでタイトルでお気づきのように、Rollei 35のフラッシュブラケットは、このストレートタイプだけではないんですね〜。もう一つのタイプの完成形は、笑っちゃうくらいにカメラ全体がロボットみたいに変身して、持つのもちょっと躊躇しちゃうかもしれない、そういうものなんですね。まあ、モノを見ていると論理的に考えるとそうなるだろうなー、とは理解できるのですが、最終形がなんともはや。

このブラケットについては、続く。。。

ちなみにこのブラケット、$40以下でした。。。安いでしょ、大丈夫です。

Rollei 35 フラッシュブラケットその2


実は、先のストレートブラケットと同じお店で、角形のブラケットも同時に売りに出ていましたので、何となく値段を入れておいたら、そのまま落札されてしまいました。それがこれ。$10以下という格安でした。


このブラケットの特徴は、写真のようにカメラ本体に沿うように密着する点です。これが先のストレートなものよりも格段に格好良くしている理由なのですね。


基本的な仕組みは同じですね。ホットシューから端子を出すのも同じ。ですからケーブルでフラッシュと繋ぐわけですね。

ここまできて、はて? どうやってフラッシュとこのホットシューを繋ぐのかがわからないー。

かちんとはめる感じのプレートと、何やら穴のようなものが上下についているのですが、Rolleiのフラッシュはホットシューでないとつなげられないのですね。どうやっても物理的に繋げられないのです。で結論的に言うと、繋がんないんですね、このままでは。何かあるんじゃないかと。それで色々と調べて行くうちに、わかりました。このホットシューに付けるアダプターの存在が。


名前はFLASH BRACKET QUICK RELEASE SHOE MOUNT BY HONEYWELL。上の写真です。で、あちこちめぼしい所を回ってみたところ、不思議と全くひっかからないんですね。ありそうな気配がない。どこを探しても出てこないんですね。あーこりゃだめだと思っていた矢先、ちょっと検索の方法を変えた所、ヒット。見つかりました! でもたった一個だけ。(一個あれば十分か)

もうここまでくると、アリ地獄ですね。。このクイックリリース・マウントがないと、このブラケットはただの鉄の板ということになってしまうのも悔しいので、早速購入。$30ほどでした。届くまであと一週間。。。

何を食べようかと決まんない時は、パスタ


決まんない時のメニューが決まっている、というのも変だなと思いつつ、トマトソースと椎茸和風ソースにしました。
子供たちのお昼のお弁当がオムライスだったので、トマトソース味はどうかなと思っていましたが、そっちの方が早くなくなってしまいました。にんにく、タマネギ、セロリ、ベーコンをオリーブオイルで炒めて、トマト缶を入れて最後にケチャップ、塩コショウ、砂糖で味を整えただけの簡単ソースです。
和風の方はというと、椎茸を水でもどしたものを微塵に切り、小さなボウルの中でもどしたもどし汁にもどして(文章の「もどし」密度が高い。。)、そこにしょう油、塩、砂糖、カツオだしのもと(ちょっと多めが美味しいです)を入れてソースを作っておきます。ほんでもって、タマネギのスライスをフライパンでオリーブオイルで炒めて、そこにこのソースを入れて数分煮込んだら出来上がりー。

トマトソースの方はパルメザンチーズをかけて、和風ソースの方は大根おろしと、食べる時に七味をかけて食べます。最近七味がおいしいので、沢山かけちゃって、食べます。。

そんなでもない火曜日

雪は思ったほど降らないようですね。よかった。

2008年2月25日月曜日

鍋はダシが命


冷凍庫に眠っていた煮干しに昆布と椎茸を加えて水からゆっくり戻したダシを使って鍋。。ダシを鍋に入れ、にんにくをつぶしてベーコンを入れてひと煮立ちさせた後に、白菜、糸こんにゃくを入れ、最後に餃子をいれました。最終的には餃子鍋になっちゃったんですね。ベーコンとか餃子のかわりに銀ダラなんかを入れたら、なかなかいけるのではないかと。

今回はじめて鰹節のかわりに煮干しを使ってみましたが、このダシ、旨いです。実は水で戻している時にはちょっと香りがきつくて「どんなもんだろう」と思っていたのですが、火を入れたら、変わりました。

煮干し、あなどれないわい。

明日は大雪予報の月曜日


子供のドクターアポイントのために朝車で行く途中、昔通っていた小学校のそばを通り過ぎ、懐かしかったですねー。子供たちも今や高校生。。そういえば、今日のドクターは始めての人でしたが、「医は話術」と言わんばかりのトーク! 

年格好は70近いのですが、しゃべるしゃべる。。診察そのものはあっという間に終わったのですが、その後関係ない話で10分くらいひきとめられてしまいました。待っている人いっぱいいたのに。。。まあこちらのドクターに良く見られる、「ポイントを教えるから、あとは自分でやってみてね! 1カ月後にもう一回来てねー!」というノリ。

日本では考えられませんよね。でもこちらでは、自分でなんとかできる状態の場合は、自分でなんとかするのが常。そういうものです。


で、近所のマクドナルドでブランチをねだられ、、、今どきのマクドナルドは、朝は全部ブレックファーストメニューで、普通のハンバーガーはぜんぜん注文できないようになっているんですね。あんまり行かないので知らなかった。それともここだけなのかな?

というわけで、今晩から降り始めて、明日は10センチの雪だそうです。良く降るわい。

2008年2月24日日曜日

お天気のよい、日曜日の午後


晴れたので、暖房を入れていない家の中はとても暖かい午後です。とてもしずかーな家の中ではありますが、それぞれに充実した午後を過ごしております。羊羹食べながら、これを書いております。羊羹、おいしい。

晩ご飯は、しいたけの炊き込みご飯とトンカツ、ベビーチンゲンサイともやしの炒め物の予定であります。ああ、おいしいみそ汁が食べたくなった。。。

そういえばキズがつかないiPhone



そういえばこの間、iPhoneにキズがつかないなーと気づきました。ケースを買わずにずっとそのまんまの状態でポケットに入れて、たまにカギや小銭なんかと一緒に入れてしまうこともあるんですが、それでも目立ったキズがつかないですねー。裏面のアップルマークにはさすがにちっちゃなキズがありますが、たいして目立たないもの。iPhoneのケースがいろいろ出ていますが、キズということで言えば、必要ないですね。

昨晩長男がiPod Touchを1.1.3にアップデートしていろいろといじくっていましたが、日本語が通るんですね、システムで。iPhoneはダメです。なので、いまだに1.1.1のままをキープしています。日本で発売されてくれると、日本語が使えるようになるんだと思うんですけどね、アップデートしても。今年中には発売されるという、もっぱらの噂ですが、どうでしょう。

2008年2月23日土曜日

部屋の衣替えをする土曜日の午後


気分転換に部屋の衣替え(ちょっとテーブルを動かした程度ですから。。)をして、いいかげんすぐ壊れるPowerBookG4 12インチの電源アダプタをまた修理。このアダプタはもうどこにも売っていないようですね。ケーブルの根元が弱くなって切れてしまうんです。。

本体も今は年代ものですが、おそらくアップルが最後に出した12インチ(PowerBookDuoの次)ということになるんでしょう。小さいくせにやたらと重く、少し使うと手が置けなくなるくらい熱くなるのですが(これら二つはラップトップとしては結構致命的な問題かもしれない。。)、画面の大きさが気に入ってまだまだ現役で使っています。MacBookAirはそろそろ店頭にデモ機が並ぶ頃でしょうか。見たら買いたくなるので、見ないことにします。モニターは13インチだし。

最近ハマっていること


世界史の本。この本は良く出来ていますよね。歴史を読む時には、背後にある歴史観も考えながら引き算足し算しながら読みますが、歴史の流れを考えていくと、この世界がどうなっていたのかが頭の中にかたちになってきて、結構おもしろいです。最近は貨幣経済のことをずーと考えているのですが、お金っていうのはなかなか面白い発展の仕方をしているのですね。それが紀元前700年頃から始まったと言われていることを始めて知りました。新しく学ぶというのは、たぶん脳にもいいんじゃないでしょうか。なんで学生の時には世界史、嫌いだったんだろう。。。

2008年2月22日金曜日

クイーンズ・パークを歩く


用事を足しに行くついでにクイーンズ・パークを抜けて行きました。トロント大学周辺は昔結構歩いたので、久しぶりに懐かしく思いながら約30分のウオーキング。まだまだ雪がありますねー。春はまだか!

良く聞かれます我が家の餃子のタネ編



我が家の餃子は野菜多めです。レシピというほど特別のものではありませんが、豚ひき肉をひと掴み、ネギのみじん切り、もどした干ししいたけ、ニラ(お好みで)、ごま油(お好みですが我が家では大さじ5−6杯は入れるでしょうか)、サラダ油(ごま油の半分程度)、しょう油、塩少々を30センチのボウルに入れ、よーくかき混ぜます。それに中くらいの台湾キャベツ(中華街かT&Tで売っています)を全部みじん切りにして入れて、よーく混ぜます。お肉と野菜がなじんだら、市販の餃子の皮(中華街で売っているブルーのパッケージか赤のパッケージのもの)に包んで行きます。

タネのポイントは、まずキャベツ。そこら辺で売っているキャベツはぜんぶダメです。Taiwanese Cabbage として売っているものが、日本のキャベツに一番近いので、それが見つからない時は作りません。それともうひとつ、油の分量もポイントです。タネが完成した時に、ごま油の香りが立って、全体が水っぽくなく、しかししっとりとしている、そう言う時は、おいしく感じます。タネが水っぽくなってしまわないようにするには、タネを作ったらすぐに包み始める、ということでしょうか。そうそう、包んだそばから、今日食べない分は6個ひと組にして、サランラップで包み、すぐに冷凍しちゃいます。

我が家ではこうして、一度に大量に作って冷凍しておきます。ちょっと一品というとき、便利ですよね。

ちなみに、上の写真は肉の分量を倍量にして作る「パクチー餃子」です。キャベツの代わりに大量のパクチーを入れる、妻の大好物です。

2008年2月21日木曜日

フライパンで作る焼き鳥



焼き鳥はバルコニーのバーベキュー台で焼くのが一番美味しいのですが、面倒くさかったり、冬の寒い時に外に出るのが無理! という時にはフライパンでやってしまいます。下ごしらえは、食べやすい大きさに切った鶏のもも肉をボウル等にいれ、塩、ごま油、しょう油で軽くした味をつけておき、くしに刺します。それを強火であたためたフライパンにのせて焼いて行きます。



ある程度表面に焦げ目がついたら、大さじ2から3杯程度の水(あるいはお酒)を入れてすぐにふたをして蒸し焼きにします。1から2分程度でしょうか。少し水分が残る感じまで蒸して行きます。



仕上げは、少し水分が残っている状態でしょう油を少したらしてすぐに火からおろし、焼き鳥を皿に載せたら上からフライパンに残った水分をかけます。次を焼く場合はフライパンを奇麗にしてからやると焦げ付かずうまくいきます。まあコツっていうほどではないですが、下ごしらえの時にごま油をまぶしておく(このみでサラダ油でも良いですね)こと、終始フライパンは強火でやると、うまくいくようです。

2008年2月20日水曜日

晩ご飯のおかずはブロッコリー二


月食騒ぎでバタバタしましたが、晩ご飯はコスコで買ったブロッコリー二(ブロッコリーの茎がながーいバージョン)をさっと炒めて、あとは煮たまご。。。そういえば今日はT&Tで買った国宝米を鍋で炊きましたが、コスコで売っていた国宝米、あれはパサパサだったということが判明。まあ、マズくはなかったんですが。。。。

トロントで月食!

コメントは後ほど、、トロントで月食中です。。



月食だと家族が騒ぎだしたので、窓の外を見てみると、バルコニーからちょうどいい位置に月が上がっていたので、よっこらしょっと三脚を出してD40Xで撮り始めました。その最初の頃の一枚。まだまだ月は見えています。



これはだいぶ月食が進んで月のはじっこだけに光が当たっている状態。外はマイナス12度で、風も吹いていたので撮影条件としてはあんまり良くなかったですねー。予定していなかったので、リモコンどこにあるかわからず、2秒セルフタイマーで撮っています。絞りはF13くらいでシャッタースピードは4秒とか8秒とかをいろいろ撮り始めている頃です。自慢ですが、星座表で土星を探して10センチの反射望遠鏡で土星を肉眼で見たことがあります。ほんとに輪っかがあるんですよ。土星の輪は年によって角度が変わるので見え方が変わるのです。ちなみにその時はちょっと上方向から見下ろす感じの土星でした。



だぁいぶ月が暗くなってきたので、シャッタースピードを上げて実際に見えている感じで撮ってみた一枚。



暗くなってはいても、ほのかに光が当たっているので、クローズアップして見ると、こんな感じになります。うーん、中学生の頃、天体望遠鏡で月を覗いていたころを思い出しました。先の反射望遠鏡で月を見ると、かなり細かく見えてしまいます。実は「月刊天文ガイド」とか読んじゃう天文少年だったのです。。



今回のお気に入りの一枚。月がきれいです。近くの星は金星でしょうか。

2008年2月19日火曜日

今日の煮たまご。。


すっかり作るのにも慣れた煮たまご。茹で時間「きっちり」熱湯7分さえ守れば同じたまごが出来ます。今晩はそうめんとの組み合わせー。しばらく続きそうです。。

雪が降っているので家にいっぱなし。


朝はちょこっと晴れたのですが午後から雪がちらつき始めて、結局夕方にはどんよりとした「これぞトロントの冬!」というような寒空でした。なので一日中家で一歩も外に出ないという今日でした。さてこれから煮たまごでも作りますか。。

そうそう、またまたeBayでRollei 35の珍品を見つけたので、早速GET。うーん、今度のはフラッシュ関係のなかなかお目にかかれないもの。それにしては人気がなかったので値も上がらずラッキーでした。早く届かないかな。。。

2008年2月18日月曜日

煮たまごその後



できました、煮たまご。沸騰した鍋にたまごをきっちり6分半。冷水にひたすまで30秒のタイミングでとろとろの半熟たまごができました。数分冷水にひたしてあら熱を取り、プラスチックバッグにあらかじめ作っておいた、ちょっと濃いめのそばつゆの出汁の中にむいたたまご(かなり半熟なのでやさしくむきます)を入れ、輪ゴムで口を閉じて冷蔵庫で約3時間。イメージ通りの感じにできました。

妻はもうちょっと半熟が固い方がいいと言っていましたが、半分食べた残りにそばを入れてかきまぜて食べたら美味しかったので、これでちょうどいい感じです。あつあつご飯にのせて食べたら、うまいでしょう、これは。子供たちには内緒だ。

たまごと言えばセントローレンスマーケットの土曜日の朝市で出ている新鮮たまご屋さんのたまごでやったら、もっと美味しいかもね。。。

今日は休日「ファミリーデー」


今年新たに加わった「ファミリーデー」。選挙の公約だったんだそうで、それを最近知りました。息子達は金曜日も休みだったので、何と4連休! 最終日の今日は結局予想通り朝からだらだらと、昨晩の暴食のツケで温かい麦茶など飲みながら、晩ご飯は冷たいおそばと味玉にしようかしらということで、初めて味玉づくりに挑戦。7分きっちりに茹でた卵をちょっと濃いめのしょう油タレにつけ込んで、さてどうなりますか。。イメージとしてはトロトロの半熟の味付きたまごなんですが。。。