トロント(カナダ)在住20年の筆者が、カナダ国内旅行やトロント市内を中心としたイベントで撮影した写真で綴るブログです。
自己紹介はこちら

2007年12月27日木曜日

帰りの新幹線は熟慮の末

焼き鯖寿司に決定。どんだけ食べるんだー。少しずつ顔の形が変わってくるのがわかるような気がします。。。

この焼き鯖寿司、作るのはわりと簡単なので家でよくやります。塩鯖をフライパンで焼いた後キッチンペーパーで余分な油を取り、あら熱を取ったら巻きすの上にラップかけ、皮の部分を下にして置きすし飯を上からのっけて巻くだけ。簡単でしょ。

三年坂と清水寺



平日の木曜日の午後にもかかわらず、大にぎわいの三年坂。両側は観光おみやげのお店で一杯で、八つ橋の香りがしているところが、京都だー、と思わせました。この先ちょっと上がった所に清水寺があるのですね。



清水寺は初めて。いがいとあっという間についてしまいました。ここまで来るとあまり人も多くなく、のんびりと見て回ることが出来ました。きれいな景色を堪能することができたのですが、高所恐怖症のため、清水の舞台はやはりちょっと怖かったです。。

京都のお豆腐屋さん

三年坂を上がってすぐの所にあるお豆腐屋さんにふらりと入りました。これは昔豆腐セットの一部。なにも決めずにやってきた京都。どこがどこやらわからずも、友人に案内してもらい、妻のおすすめの三年坂〜清水寺を散歩。新幹線車内でたらふく食べたのにも関わらず、おいしそうだ、という単なる思いつきで入ったお店がこのお豆腐のお店。あとで聞いたら随分有名なお店だったとのこと。なるほど店構えや入った感じはそれと思わせるようなフシが、、
知らないというのは恐ろしいものですね。それでも、そういった予備知識なしに店に入るというのも旅の楽しみ。お豆腐は結構ボリュームがありました。旅の思い出に。

21世紀出陣弁当

これは妻が選んだ弁当。こうみると、煮物何かも入っていて、旨そうですよね。ナントカコンテストで優勝したんですって。そいうので選ぶっていうやりかたもありますね。1個の弁当で済ませるか、アラカルトで色々選ぶか、それは個人の趣味でしょう。オニギリっていうのもいいなあ。

笹寿司

で、おかずの焼売に笹寿司を購入。駅弁はなかなか中身がわかりずらいので、さんざん迷った挙げ句の選択だったけど、まあまあでしたかね。ワサビがついていてくれたら、嬉しかったんですけど。天むすという選択肢もあったかなー。ちなみに子供はホームで買い求めた天むすでした。
でも私的にはやっぱり寿司でしょうね、ここは。おいしくいただきました。

崎陽軒の焼売

新幹線の車内の楽しみ、それは駅弁。。というわけで、まず購入したのが崎陽軒の焼売。東京駅では、必ずと言っていいほど買いますね。いつもは1000円のパックを買うんですが、今回は450円のものしかなかったのでそれを2こ購入。まずは幸先の良いスタートです。
それにしても東京駅の弁当コーナー、あちこちにあるんですね。あらためてびっくりしました。そしてどこもちっちゃい行列。。こういう光景はカナダには絶対無いです。日本人は民族として食べるの好きなんだなと、こんな所であらためて思います。

2007年12月25日火曜日

蟹づくし

蟹づくしコース料理の〆で出てきた蟹の握り。焼きもの、天ぷら等々全部で7-8品の最後は、お寿司でした。 やっぱり寿司だとテンション上がりますな、何でか分からないけど。もしかしたら前世は寿司だったかもしれない。。寿司は何でも旨いと思いますね。写真のにぎり、じーっと見ていたら、うにをちょこっと乗っけて、あぶったらどうだろうと思います。

炭焼きの蟹っていうのも、甘みがあって旨いもんだと感心しました。それにしても店内のお客さんが食事中に吸うタバコ、何とかならないかなぁ。反則だと思うんだけど。まあチェーン店的なレストランだったので、しょうがないか。

さあて、寝て起きたら駅弁大会だー。

2007年12月24日月曜日

レインボーブリッジも、夜景が綺麗です

リアルタイムではないですが、お台場が随分変わって近代的になっちゃってるんですね。レインボーブリッジの夜景がとても綺麗でした。一年も前の話で記憶もあいまいですが、フジテレビの近くの巨大なショッピングモールのテラスから撮影したんだと思います。

夜景の場合、どうしても露出時間を長くする必要があるので、手持ちの場合はISOを上げたりカメラを固定する方法を考えなければならないですね。これはISOをかなり上げて撮影したと思います。本当は三脚を立てるといいんですが、なかなか三脚までかついでというのは難しいですよね。

東京駅でオーストラリア人に遭遇する

路線図なんか見ていると頭痛くなってくるし。よくも まあ、これだけ地下を掘ったもんだと思います。改札で切符買うときなんか、よくわからない事がありまーす。トロントは、東西南北2系統、しかも一律料金なんで、それに 慣れきっているということもあるんでしょう。正直東京の鉄道網は複雑すぎます。

そういえば昨日東京駅のみどりの窓口で頑なに日本語で対応している駅員さんとオーストラリア人(英語のなまりでわかる)の青年と隣り合わせになりました。列に並んでいる時から何か挙動不振というか、オロオロしていたんですね、彼。途方に暮れた感じでした。いざ彼の順番が来たら、窓口で何か話が進んでいない感じなんですね。双方かなり困っていたようなので話を聞いたら、自由席と指定のどっちにするかってきいてたんですね、窓口の係のおじさん。妻も英語で言って上げなさいというのでちょっとお手伝いしたら、おじさんは私を意味なく拝むわ、この青年は汗だくで目はうつろのままに、この次どこへ行けばいいかわかんないみたいなことを英語で言うしで。。カナダだったらやっぱり同じで、窓口で英語でまくしたてる係員、英語がわかんない日本人がヘラヘラ、、世界中でこんなことが起きているんでしょうねー。

新幹線のホームが分からないというので、方向だけ教えたらふらふらと改札を抜けて行った彼は無事に長野についただろうか。グッドラック!

卵焼きと焼き鳥もいいですねー

まあ大変な行列でした、鳥近。ここの卵焼きは、ちょい甘めですが、出汁がきいていて旨い。日本に住んでいる時は、ことあるごとに食卓にありました。特に年末は、神茂の煮こごりと黒豆、この卵焼きは欠かせません。
近くを通ったんだから久しぶりにその卵焼きを買おうと店前に行くと行列なんで並んでいるうちに、ウインドーの中の焼き鳥に目を奪われてしまったという具合です。
つくね、ナンコツ、ぼんじり、どれも旨いです。ネックと焼き鳥は、売り切れ。奥では沢山焼いているんですが、ご予約様のため、なんだそうです。。この時期夕方じゃ、遅いんだな、ここは。今度は早く来てちゃんとやり直さなきゃだめだー。

やはりお蕎麦は大好物

今年の春に一時帰国した時に立ち寄った浜町の藪。昔はそうでもなかったのですが、この時は地元の人中心の店内の雰囲気が結構いい印象でした。落ち着いていて好きです。最近はガイドブックでおいしい店と紹介されると行列になっちゃうんですよね。なので老舗の中では、随分店の感じが変わった所も多いようです。
以前よく通っていた神田のあるそば屋に久しぶりに入ったら、店内すごい人で、楽しみにしていた卵焼きが予約が必要なんて言われて、がっかりしてしまいました。昔はうるさそうなおばちゃんがいて、店もほどほどに混んでいるという感じだったんですが。。
その意味ではここは大丈夫です。時間も昼時を過ぎていたので、お客は私たちだけという貸し切り状態でした。天ざるに、本当は親子丼もいこうかという感じだったんですが、とりあえず今日はざるだけで。

いきなり日本の写真が続きます

これは箱崎の近くから見た永代橋と佃の夜景です。偶然屋形船が通り過ぎました。風流なものです。これはD40で撮影したものです。

トロント市庁舎の花火でスタート

iPhoneから直接ブログを更新したくてこのブログを公開しました。それにしても便利ですねー。参りました。
この写真はトロントの市庁舎の冬のイベント「Cavalcade of Lights(光の祭典)」の毎週土曜日に行われている花火の様子です。

2007年10月29日月曜日

iPhoneとスピーカー


2つ前のエントリでiPhoneとスピーカーをつなぐということを書いたのですが、よくよく眺めていたら、なにもイヤホンジャックにつながなくてもクレードルにOutputのジャックがあることに気づきまして、ぐちゃぐちゃケーブルが見えるのもいやなので、見た目ケーブルを見えなくしたいと思いました。

余っていたステレオミニジャック付きの延長ケーブルをDIY。最短距離でiPhoneとスピーカーをつなげられるようにケーブルをカットしてつなぎ直し(今回もDIYは大成功!)、iPhoneとスピーカーを並べると見た目まったくケーブルが見えない(後ろ側を見てもほんのちょっとしか見えない)ステレオセットが誕生しました。接続ケーブルをうんと短くしたので、気のせいかスピーカーのボリュームが上がったような。もしかしたら消費電力も削減できるかもしれませんね。

iPhoneのバッテリについては今いろいろと使ってみた感じがわかってきたので、別な機会に書くことにします。

2007年10月27日土曜日

iPhoneのイヤホンジャックのこと


イヤホンが耳にあわない(どんなイヤホンでも)ので、できるだけスピーカーで聞きたいのですが、ちっちゃいもの好きのため、これも小さなものが好み。できればスタイルも良いもので、持ち運びが便利だと最高ですね。というわけで、今使っているのはJBLのトラベラーというタイプ。これは薄くてかさばらないので気に入っています。音もそれなりに良いと思います。

で、このスピーカーにiPhoneをつなげようとしたら、あれれ、入んないんですね。原因はスピーカーのジャックが本体よりちょっとひっこんだ所に埋め込む感じになっているため、ジャックの部分を保護するカバーが穴に入らないと。。。うーむ、これは困った。

そういえば昔Shuffleの防水型ケースに付属していた短い延長コードがあったことを思い出し、それをひっぱりだして入れてみましたが入らない。というわけで、3ミリほどカバーのさきっちょをカッターで切って入れてみた所、写真のようにばっちりでした。

これでスピーカー問題は解決。あとはどこかでEnelopeを探してきてこのJBLを携帯できるようにすれば完璧です。

2007年10月26日金曜日

iPhoneをさらにカスタマイズしてみる


今の日本の携帯では当たり前の機能だそうですが(私が携帯を使っていた時代はドコモで月10万くらいかかる時代でしたから。。)iPhoneにも着信音を選ぶ機能がついています。Ringtoneというのがそれですが、最近iTunesからRingtoneを購入するサービスが始まりました。私のiPhoneは自分で作ったものですが、必要ないデフォルトで入っているRingtoneを全部消して、お気に入りのものを入れてみました。Foxの24シリーズで有名なCTUの電話の音は、まるでジャック・バウアーになったみたいです。ここのところ子供に目覚まし時計をとられてしまったので、iPhoneを目覚ましがわりにしているため、Ringtoneを選べるのはありがたい限りです。

2007年10月24日水曜日

iPhoneをカスタマイズしてみる


まあ普通のiPhoneじゃないんで、どんどんカスタマイズしてしまおうと思い立ち、まずは見た目変更ということで、SummerBoardをインストール。Installerをマックから転送して起動して、必要なファイルを順番に入れて行っています。

この写真は、バックグラウンドをiPhone内にあるフォトストック(自分で撮影したGaspeの朝焼けを今は選んでみました)を表示させています。アイコンなどもいろいろ変更できるようですが、難しそうなので今はやめておきます。自分でいろいろ変えられる、というのがいいですね。Lights Onというゲームにはまっています。。。

iPhoneを日本語化してみる


iPhoneの日本語化は、1.0.2を1.1.1に上げる事で可能になると知り、思い切ってバージョンアップに挑戦。
SimFreeが1.1.1に対応しているので、えいやっと裏道アップデート。すると、ほんの30分ほどで1.1.1に。internationalが仕えるようにして、晴れてiPhoneは、日本語マシンとなったのでした。

Mailでもsafariでも、すぐに日英キーボードを切換えて使えて便利!この文章は、iPhoneで書いてます。時間かかるけど。。
(ここからはパソコンから)日本語キーボードは、予測変換というのでしょうか、ある程度キーを入れていくと候補がいくつも上がってきて、最後までタイプしなくても単語が出てくる仕様になっているので便利。その分、キーを押してから文字が表示されるまで微妙にタイムラグがあるのは、正規公開分ではないためでしょう。日本でiPhoneが発売されるのは来年以降となっていますから、それまでにはよりブラッシュアップされたものになると予想されます。しかしこの段階でマルチのキーボードが入っているのは、OSXがベースになっているからで、ますますiPhoneはパソコンではないかと思わされてきます。来年にはSDKが発表されるそうですから、豊富なアプリが出てくれば、電話機能のついたハンディなパソコンというあたらしいジャンルの製品というiPhoneの姿が見えてくるようです。最初にMacintosh SEを買ったときのような印象を持ちますねー。面白い機械です。

2007年10月20日土曜日

iPhone のバッテリーについて


iPhoneのバッテリー消費スピードが早いというコメントをネット上で見かけて気になっていたのですが、朝フル充電で夕方には確実になくなってしまいますね。この関連では、バッテリーの初期不良という例や、FM電波を飛ばして車内で音楽を聴いているうちにバッテリーが充電しなくなったという例もネット上に流れています。確かに今まで使っていたNokia製携帯と比較した場合、バッテリーの減りは速いですね。普通に使って長くて2〜3日は持つのが当たり前に慣れていましたが、iPhoneの場合は音楽を聴いたり、メールを出したり、ウエブをブラウズする関係でどうしても電力を大量に消費して、バッテリーに高い負荷がかかってしまうのでしょう。というわけで、いざという時のための外部バッテリーを持ち運ぶ必要が出てきました。そこで持ち出したのが写真のiPod用のソーラーパネル。以前から使っていたSolio製太陽電池は、ソーラー(あるいはコンセントから)の充電を内蔵バッテリーに蓄電するタイプですが、iPhoneに充電できました。もう一つBelkin製のiPod用外部バッテリーは電力の関係で「使えません」というボックスが出てきて、iPhoneは省電力モードに入ってしまいます。とりあえず使えるものが手元に一つあったので、長時間外出の場合はSolioを満タンにしてでかけると安心です。便利なのでついつい色々使ってしまいますが、長く使って行くためには酷使をしないという気遣いも必要のようです。

2007年10月19日金曜日

iPhoneをさらに使ってみる


iPhoneの話題が続いていますが、もう一つ。電話機能が使えることがわかり、あらためて持ち歩いて思ったこと。電話+メール+ウエブ+カメラが一つになっていることで、基本的なコミュニケーション・ツールとしての使い勝手はとても良いと思います。指先でナビゲーションするというスタイル、最初はちょっと戸惑いましたが、それも徐々に慣れることでさらに使い勝手は上がっていると感じます。ほんのちょっとしたことですが、時計機能があるのは便利。この、ちょっとしたこと、の積み重ねがiPhoneの魅力ではないのかなと思います。指先のちょっとした動きについてくるスクリーンの動きもそうです。ボタンを押している、というよりも、指先で意思を伝えているという感じですね。そうしたちょっとしたフィーリングが、この機械はちょっと特別かもしれないと思わせるところです。そうしたところに、長く使ってみようかなという愛着が湧くのかもしれません。

2007年10月18日木曜日

iPhoneをさらに使ってみる


電話として使えるiPhone(当然ですが。。)。SIMカードを差し込むと、ネットワークに接続して電話がかけられるようになります。当然iPhoneの中にはAT&Tの情報が入っているので、不都合なことがあるのは当たり前。電話をかけたり受けたりすることができることはできますが、留守番電話機能が使えません。3回コールして電話が切れてしまいます。この辺の解決方法はあると思いますが、私的にはカナダで正規版が販売されるタイミングでどうするかを考えれば良いかなと思います。iPod機能で音楽を聞いている時に電話がかかってくると、iPhoneの動作はちょっと感動的です
(その後、iPhoneの設定を色々調べていたら、3回コールして電話が切れてしまい、ボイスメッセージにならない問題は解決し、留守番電話機能も使えるようになりました)

2007年10月16日火曜日

iPhoneを使ってみる


iPhoneの仕組みが徐々にわかってみました。この電話機、まずアンロックという作業が必要になります。それは、iPhoneを最初に電源を入れると、ソフトウエアでロックがかかった状態になっているためです。どうやら、そのロックが解除されるためには、iTunesがインストールされたパソコンと通信しなければならない仕組みになっているようで、巷で言われているjailbreakは、このアンロックをiTunesではなく別なソフトで行うことを指しているようです。アンロックが成功すれば、あとはアクティベーションの作業だけです。これは電話機能をオンにするために使用するSIMカードを確認する(電話番号も)ことですね。こういう仕組みでこの電話機が使えるようになる、という仕組みです。通常の電話機は電話を買う時に係の人がやってくれるわけですが、iPhoneの場合は買ってきたiPhoneを自分でアクティベーションするため、こうした仕組みがわかるのですね。私のiPhoneは1.0.2のままが良いようです。じきに正規版が販売されるようになるでしょう。おかしなことに、すでにカナダではiPhoneという名前でインターネット電話を使うサービスを提供している会社があって、そことの話がついていないようです。やれやれ。

2007年10月15日月曜日

iPhoneである理由とは、、


今回iPhoneのカメラなしバージョンと巷で言われているiPod Touchを選ばなかった理由はいくつかあるのですが、決め手になったのはカメラ機能とスピーカーでした。普段からイヤホンはあまり使わないのと(どうしても耳がかゆくなる。。)、カメラを持ち歩いていたので、スナップ的な撮影をこのiPhoneでできてしまったら、これは便利と思ったのです。確かに内蔵カメラは画素数も機能もシンプルなものですが、これはこれでいいのだと割り切ってしまえば、こうしたホームページのアップデート用には逆に最適ですよね。画面上で見るのには十分です。特にこのモニターはとてもクリアできれいなのです。こうしている今も、クレードルに差し込み、充電しながらスピーカーから音楽を流し、お気に入りの写真をスライドショーさせている、という具合です。これははっきりいって「ちっちゃいもん好き」の私としては素晴らしいシステムです。iPod Touchにはスタンドがついている、と聞きましたが、iPhoneにも横置き用の簡単なスタンドがあったら欲しいところです。もう一つ、メール機能ですが、メインで使っているマックに登録しているメールアカウントがあっと言う間に同期されて、WiFiにつながっているとiPhoneにもメールが流れてくるので、まあ場合によっては便利かもしれません。例えば外出するとき等これを持って出れば良いというシチュエーションも出てくるかもしれないですね。それと、VGAのアウトプットができれば(どこかで見たような)工夫すればプレゼン等にも使えそうです。

iPhone が到着


Appleとのつきあいは、MacintoshSE(新宿にかつて01ゼロワンショップというお店があったのですが、そこで買った10MB!の外付けハードディスクとドットマトリクスプリンタ付きのもの)から始まって随分長くなります。いろいろと迷いましたが、結局コレのユーザーに。。実際手にもってみると、ずっしりと重い。確かに従来の携帯ではないですね。iPod、カメラ、携帯を別々に持たなくても良くなった、と言えるようになるのでしょうか。このページの写真は、主にSonyのコンパクトデジカメで撮ることが多かったのですが、これからはコレの内蔵カメラで十分かもしれません。使った感想は、また別の機会にでも。。